お風呂
「お風呂」に関連する記事をまとめています。毎日の体の汚れを落としたり、疲れを癒したりしてくれるお風呂。年齢によってお風呂の入り方や楽しみ方は違いますよね。赤ちゃんのお風呂の入れ方や、よりお風呂を楽しむための、季節お風呂などをご紹介します。
お風呂の記事一覧(163件)

季節のお風呂:6月『どくだみ湯』 あせも・湿疹・水虫に効果的!お肌ツルツルに!

その特有の臭いから敬遠されがちなどくだみですが、実際は多くの効能をもつ薬草として知られています。今回はそんなどくだみを使用したこの季節にぴったりの薬湯をご紹介します。

5939 view

季節のお風呂:4月『桜湯』ー湿疹・炎症を抑え薄着にそなえる

四月といえば桜。桜は日本の国花であり、お花見など日本人の生活や文化に深い文化や関わりを持ってきました。季節のお風呂12ヶ月。4月は『桜湯』についてご紹介します。

3886 view

【寝る前スマホ、寝酒はNG!】夜眠れない<原因>と<対処法>

夜眠れないときどうしてますか?ついついスマホを触ってしまったり、寝酒してしまうことはありませんか?今回は夜眠れない原因と正しい対処法をご紹介します。

2639 view

季節のお風呂:8月『薄荷湯(はっかゆ)』でさらさら爽快!体感はひんやりするのに身体は温まる!

真夏のこの時期、入浴剤やシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーなどのバスアメニティでメントール・薄荷(ハッカ)を使った商品を多くみかけますよね。季節のお風呂12ヶ月。8月は『薄荷湯』についてご紹介します。

4766 view

「入浴」と「沐浴」はどう違うの?新生児の沐浴の<ポイント>と<注意点>

赤ちゃんをお風呂に入れる方法を調べていると「入浴」と「沐浴」が同時に出てきますね。今回は、入浴と沐浴の違いと、新生児の沐浴方法についてご紹介します。

73843 view

【準備が大切!】沐浴卒業のタイミングはいつ?<赤ちゃんとの入浴のコツ>

沐浴の仕方は母親学級や産院で教えてもらったけど…お風呂ってどうしたらいいの?赤ちゃんの入浴方法ってどのようにすればよいか分からなかったり、思ったより時間がかかってしまったりしますよね。そこで今回は、ママ一人でも赤ちゃんと一緒に上手に入浴するためのポイント・コツとともに沐浴の卒業タイミングなどをご紹介します。

2147 view

お風呂上りにかゆい…その原因はもしかしたら塩素かも!?お風呂の塩素を除去する方法

塩素除去ってご存知ですか?水道水から塩素除去ができるシャワーヘッドや浄水器も販売されています。でもそもそも塩素の何が問題なの?除去する必要はあるの?という疑問はありませんか?基本から解説します。

1338 view

女性は特に覚えておきたい!お風呂での立ちくらみの原因・対処法・予防法

湯船から出る時に急にクラッとしたことありませんか?「立ちくらみ」は急にくるので、本当にこわいものです。転倒し、怪我になることは避けたいですよね。今回は、お風呂での立ちくらみの原因と3つの対処法、3つの予防法をご紹介します。

2985 view

そのパックの使い方間違っているかも!?「お風呂でのパック」と「入浴後のパック」

入浴中にパックをするのはひんやりして気持ちがいいものですが、実はお風呂で使えないものもあるんです。ここではお風呂で行うと効果的なパックとそれ以外のパックについてご紹介します。

20342 view

女性の4人に1人が悩んでる?おすすめの夏冷え対策

冬の冷えは手足などの体の先端部分に表れることが多いのに比べて、夏の冷えはお腹や肩に表れる傾向があります。これは、冷房による冷えが体に蓄積されてしまうのが原因と言われています。そんな夏の冷えにおすすめの対策方法をご紹介します。

3364 view

お風呂の記事ランキング

1

【裏ワザ】お風呂の厄介な汚れ「水垢」をしっかり落とす4つの掃除方法

156239view
2

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

307930view
3

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

131108view
4

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

65036view
5

お風呂に入りながらできる! 「スキンケア入浴法」とは?

3514view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所