フライパン
「フライパン」に関連する記事をまとめています。料理に欠かせない道具といえばフライパンですよね。フランパンといっても、アルミ製(テフロン加工)やステンレス製、鉄製、銅製など種類は様々ですよね。それぞれのがどんな特徴を持っているか知っていますか?それぞれのフライパンの特徴やお手入れ方法などをご紹介します。
フライパンの記事一覧(28件)

【キッズレシピ】かわいい!美味しい!栄養満点!「ひまわりキーマカレー」

夏野菜がたっぷり入った栄養満点のキーマカレーで、かわいいひまわりを作ろう!【レシピ出典:東京ガス 食情報センター】

530 view

【サクサク復活?!】天ぷらの<オススメ温め直し方>4つ

晩ご飯の残りやお惣菜で買った天ぷら。揚げたてのように、サクサクに温めて食べられたら嬉しいですね。そこで今回は、家庭でできる<冷えた天ぷらのオススメ温め直し方>を4つご紹介します。

1704 view

塩には賞味期限がない?「その場所で大丈夫?」塩の保存、正しく知ってサラサラに!

塩は普段どこに保存していますか?あまり気を使わず保存している方も多いかもしれません。でも、塩の保存は注意しないと、固まりができたり、臭いが付いてしまうことも。特に、塩に固まりがあると、使いづらくて困りますよね。今回は<正しい塩の保存>についてご紹介します。

1773 view

焼き物、揚げ物にオーブン料理まで!?大人気の「スキレット」の使い方4選

普段の料理でも格段においしくなると言われる今話題のスキレット。そのまま食卓に出してもお洒落なフライパンとして人気のようです。実際にどんな特徴があり、どんな料理に向いているのでしょうか?スキレットの使い方についてご紹介します。

1467 view

洗剤使用はNG!?「スキレット」の正しいお手入れ方法

スキレットとは鉄製の厚手のフライパンです。これを使うだけでいつもの料理が格段においしくなる「魔法のフライパン」なんて呼ばれています。でもサビや焦げを防ぐための使い方には注意が必要だとか。今回はスキレットの特徴とお手入れの方法をご紹介します。

2070 view

調理後すぐに冷たい水はNG?テフロンのフライパンの正しい洗い方

買ったばかりのテフロンのフライパンは全然焦げつかなくて便利ですよね。でも、1年もたつと表面のテフロンコーティングが剥がれてしまい、すぐ焦げ付いてしまいませんか?でも、正しい洗い方をすれば長持ちさせることができます。今回はそんな洗い方のコツを3つご紹介します。

10415 view

【簡単レシピ】甘辛タレと鶏のうま味でご飯がススム!「鶏の照り焼き」

鶏肉をフライパンで手軽に焼き、ご飯がすすむ甘辛ダレを絡めて仕上げます。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

343 view

<まだ使える?>フライパンに錆が!落とし方はどうすればいいの?

鉄製のフライパンがうっかり錆びてしまった…という経験はありませんか?実は錆や汚れの落とし方は難しくありません。きちんとお手入れを続けることで、長く使うことができます。今回はフライパンの錆の落とし方についてご紹介します。

1289 view

「洗剤で洗うのはNG?」中華鍋の使い方&日々のお手入れのポイントは?

中華鍋は一つあると、揚げ物、炒め物、蒸し物とさまざまな調理法に使えて便利ですね。正しい使い方とお手入れをすれば一生ものと言われる調理器具ですが、使い方やお手入れが難しいイメージをお持ちの方も多いのでは?今回は、中華鍋の使い方とお手入れの方法をご紹介します。

3608 view

【簡単レシピ】大根を洋風にステーキで!「だいこんの赤ワインステーキ」

赤ワイン色に染まったダイコンの深い色合いと味わいを楽しみます。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

444 view

フライパンの記事ランキング

1

【お菓子作り以外にも!?】「クッキングシート」の意外な活用法

9954view
2

【簡単レシピ】甘辛タレと鶏のうま味でご飯がススム!「鶏の照り焼き」

343view
3

「洗剤で洗うのはNG?」中華鍋の使い方&日々のお手入れのポイントは?

3608view
4

調理後すぐに冷たい水はNG?テフロンのフライパンの正しい洗い方

10415view
5

【キッズレシピ】かわいい!美味しい!栄養満点!「ひまわりキーマカレー」

530view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所