ガスコンロ
「ガスコンロ」に関連する記事をまとめています。火で調理したい人にとって欠かせないのがガスコンロ。最近では、調理タイマー機能がついていたり、自動で火加減してくれたり、高性能のグリルがついていたりと、日々より便利になっていますよね。
ガスコンロの記事一覧(192件)

【簡単レシピ】お酒にもピッタリ!とろける美味しさ「豚の角煮」

焼いて茹でてじっくり煮込んだ豚バラ肉は、口に入れるととろけるおいしさ。卵も固くならずにしっかり味がしみ込みます。寒い季節に心までじんわりあたたまるおいしい角煮をご家庭で。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

843 view

【ダッチオーブンレシピ】和洋中からアジアまで!火加減いらずで簡単!「ご飯ものレシピ」9選

いろいろ使えるダッチオーブンですが、なんとご飯も炊けるんです。白米ももちろん美味しいですが、たまには一味違ったアレンジを加えるのも良いですよね。今回は、ダッチオーブンで作れるご飯もののレシピをご紹介します。具材もやわらかく炊き上げりますよ。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

1102 view

【簡単レシピ】節分で残った豆を活用!煎り豆が香ばしい「煎り豆ご飯」

節分で残った豆もご飯に入れて炊いたら、煎り豆の香ばしさが食欲をそそる、手軽で美味しい炊き込みご飯の出来上がりです。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

698 view

【簡単レシピ】ピリっと美味しい!「韓国海苔巻き」

ガス火で炊いたご飯で、美味しく調理したいろいろな食材を巻き込む、彩り豊かな韓国の太巻きです。見た目は日本の巻き寿司と似ていますが、酢飯ではなくてご飯を使い、ゴマの風味が食欲をそそる、具だくさんで子どもも大好きなメニューです。お酢が苦手なお子さんにもよいかもしれませんね。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

451 view

【グリルレシピ】お弁当にも大活躍!「おあげの和風サンド」

油揚げでごはんをサンド。味噌や梅肉をはさんで和風のサンドイッチ風に。お弁当に入れてもよいですね。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

582 view

【ダッチオーブンレシピ】見た目よし!味よし!「鮭と鶏肉のきつね巻き」

油揚げにひき肉、インゲン、鮭を巻き込んでダッチオーブンで焼き上げます。表面はカリッと、中はしっとりと仕上がります。切り口も華やかでお弁当やお酒のおつまみにもぴったりです。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

387 view

【ダッチオーブンレシピ】放っておくだけで簡単!「洋風&中華風の煮込み料理」5選

一見手間がかかりそうな煮込み料理も、ダッチオーブンなら、材料を入れて放っておくだけ。火加減なしで手軽に作れちゃいます。素材にじっくり火が通るので、お肉はジューシーに、野菜は甘みが増します。今回は洋風・中華風の煮込み料理をご紹介します。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

564 view

【簡単レシピ】身近な食材でちょっと豪華に!甘じょっぱいタレが食欲をそそる「鰯の蒲焼き」

鰯を手開きし、香ばしく焼いてタレに絡めます。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

456 view

【簡単レシピ】大人も子供も大喜び!「牛肉と胡瓜の巻き寿司」

甘辛く煮つけた牛肉とキュウリの太巻きです。ボリュームがあり、大人から子供まで大好きな味です。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

742 view

【オーブンレシピ】バレンタインにピッタリ!ナッツが香る「ハートのダコワーズ」

ナッツ風味のダコワーズでガナッシュをサンド。ハート型に仕上げればバレンタインにもピッタリ。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

657 view

ガスコンロの記事ランキング

1

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

30401view
2

【簡単レシピ】濃厚ソースで食欲そそる!「鰆の唐揚げ 陳皮ソース」

695view
3

【簡単レシピ】青のりとコーンの香りがクセになる!「鰆の変わり衣揚げ」

392view
4

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

32662view
5

クエン酸、重曹を使った「やかん」の内側・外側の洗い方&頑固な汚れの落とし方

18319view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所