更新日: 2016年08月19日
1347882 view

実は逆効果!?どんどん汚くなるトイレ掃除NG3つ

家族が毎日使うトイレは、常に清潔に保っておきたいですよね。でも、そのためにしている掃除が、逆にトイレを汚してしまっているかもしれません。ここでは、ついついやってしまいがちなトイレ掃除のNG行動3つをご紹介します。

汚れが落ちないからといって便器を擦り過ぎない!

Retina retina f9c1f6e376252e83e9e5b42df3138859 s
ブラシで擦っても、トイレの黄ばみが取れない……そんな時、力まかせにゴシゴシ擦っていませんか?

あまり強く擦り過ぎると便器に傷がつき、その部分に汚れが引っかかりやすくなってしまいます。

頑固な黄ばみは無理に擦らず、酸性洗剤などを使って上手に落としましょう。酸性洗剤がない場合は、お酢やクエン酸などを使うのも効果的ですよ。

カビによる汚れに水拭きは逆効果!

Retina retina pixta 17088872 s
トイレや浴室といった水気の多い場所には、カビが発生してしまいがち……。

でも、カビ汚れを水拭きするのはNGです。カビの栄養となる湿気を与えることで、カビがさらに繁殖してしまいます。

カビ汚れを綺麗にしたい時は水拭きはせず、カビ取りスプレーや消毒用アルコールを使いましょう。

トイレ用洗剤は用途に合ったものを使う!

Retina retina 78541d89ee036ee28b9cc5996ee171d8 s
トイレ用洗剤にはさまざまな種類のものがあり、特徴もそれぞれ違います。使用するトイレ洗剤は1つにせず、用途ごとにわけて使うようにしましょう。

例えば尿石のような、頑固な汚れを落とすのなら酸性の洗剤を使うのが最適です。また、トイレのにおいが気になる時は消臭効果のある塩素系の洗剤を使うとよいでしょう。
ただし、塩素系洗剤と酸性系の製品は混ざると塩素ガスが発生し危険ですので、絶対に混ぜて使わないようにしてください。

おわりに

自分もやっていた! というNG行動があった人は、ぜひ次回のトイレ掃除から気をつけてみてください。お掃除の効果がアップすること間違いなしです。

おすすめ関連記事

Retina pixta 1456410 s
東京ガスの電気料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

使いやすく疲れにくい! 正しい「泡立て器の選び方」

1288view
2

マフラーを洗濯・保管する際に知っておきたい3つのポイント

4625view
3

なかなか落ちない皮脂汚れ。簡単に落とす方法とは?

806view
4

【BBQに! キャンプに! 】クーラーボックスの使い方を正しく知って保冷上手に!

2614view
5

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

190842view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード