更新日: 2016年05月30日
2943 view

毎日掃除、洗濯、炊事...大変ですよね。ちょっとした工夫で家事を効率化してみませんか?

毎日掃除、洗濯、炊事...とても大変ですよね。子育て中や仕事を持っている人なら、さらに大変かもしれません。そこで今回は、家事で疲れてしまっている人に、ちょっとした工夫でできる家事の効率化の方法をご紹介します。

「ついで掃除」で簡単効率化!

Retina pixta 21802213 m
掃除を時間をとってイチからやるのもよいですが、「ついで掃除」の方が効率的な場合があるんですよ。

風呂は、上がるときに洗ってしまえば、温かいので汚れも落ちやすく一石二鳥です。トイレは、入ったついでに使い捨てのウエットタオルで便器とその周りを拭くと、別の時間に拭きにこなくていいので楽ですよね。

ガスコンロの汚れは、熱が残っているほうが汚れが落ちるので、料理や食事の後にキッチンペーパー等で汚れをふき取ります。意外にも飛び散ったサラダオイルが、焦げ付きなどの汚れを落としてくれますよ。

料理は「まとめて」やる 

Retina pixta 18160491 m
料理をするときは、何かとまとめてしたほうが効率よく時短になります。

例えば、ジャガイモや玉ねぎの皮をむくときは、少し余計にむいておきます。そうして余った分を翌日のお弁当や食事に使えば、むく手間が一回はぶけます。玉ねぎはそのままで、じゃがいもはラップにくるんでおけば数日持ちます。

また、2~3日食べられる常備菜を作っておくのはひとつの手です。ひじきの煮物や、きんぴらごぼうといった料理は、栄養がありお弁当にも入れられるのでとても便利です。 

子どもやご主人に「手伝ってもらう」

Retina pixta 1436065 m
家事も一人でしようとするとどうしても時間がかかりますが、誰かに手伝ってもらえばその分はかどりますよね。

例えばゴミ出しはご主人に、洗濯物をたたんで仕分けたりするのは、お子さんでもできるのではないでしょうか。

最初は一緒にやって、ちゃんとできたら褒めてあげると、喜んでお手伝いをしてくれるようになりますよ。食器を下げたりベッドメイキングなどもみんなで分担すれば、すぐに終わらせることができます。家事の大変さもわかってくれるかもしれませんね。 

おわりに

いかがでしたか。少し面倒に感じるようでも、前もって下準備をしておけば、家事を効率化できます。時間にも心にも余裕ができ、その分家族と楽しく過ごす時間も増えるのではないでしょうか。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール

356998view
2

たった数分で!? 【ちょこちょこ掃除】が鍵! 洗面所の掃除を簡単にする方法

8319view
3

注意! 冬に増加する入浴中の「ヒートショック」の症状とその対策

34343view
4

「牛乳は何を基準に選べばいい? 」牛乳の違いと選び方3つ

22985view
5

高齢者以外も注意!ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」による予防とは?

23768view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード