更新日: 2018年05月09日
14300 view

木の食器を長く清潔に使いたい! 木の食器の正しい洗い方

木の食器に料理を盛るとよりおいしそうに見えますよね。見た目もおしゃれで好んで使う人もいたり。しかし、お手入れ方法を間違えてしまうと、腐敗やカビの原因になってしまうこともあるんですよ。そこで今回は、木の食器を長く清潔に使うために、木の食器の正しいお手入れ方法をご紹介します。

木の食器のNGな使い方

Retina pixta 21123946 m
PIXTA
基本的に何を乗せてもいいのですが、木のお皿の利用方法には、熱いものを盛らないでくださいと記載のあることがあります。熱いものと言っても常識の範囲内のあたたかいものならOKです。

木のお皿は電子レンジで使うことはできません。
中身が熱くなる前に木のお皿の方が熱くなってしまいます。急激に冷えることにより木が割れることもありますので、気をつけてください。

また、カレーなどは色移りがすることがある場合があるようです。

木の食器の洗い方

木の食器の洗い方は難しいと思われがちですが、基本普通のお皿と一緒です。
中性洗剤をスポンジにつけて優しく洗います。木のお皿は水に弱く、長時間ぬれたたままにしておくとカビが生えやすく、腐敗もしやすくなってきます。

また、木のお皿は食器洗浄機には向かないので、使用しないでください。

決して、つけおきなどせず、洗った後は即座に水気を拭きとってください。そうすることによって長く使うことができるのです。

木のお皿をうまく使う

Retina pixta 19362625 m
PIXTA
プレート式の木の皿はとても便利で、いろいろな食べ物をいっぺんに乗せることができるのでおすすめです。

食べ物が残っていると、カビになりやすいので、洗い忘れのないようにしましょう。

また、つやを出すために、たまにオイルを塗るのもいいでしょう。オイルは家にあるオリーブオイルで大丈夫です。

おわりに

Retina pixta 17865061 m
PIXTA
木のお皿はあたたかみがあり、独特の風合いが食欲を誘います。
落としても割れることが少なく、プラスチックのお皿よりおしゃれですのでぜひ使ってみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

450028view
2

意外と知らない「そうめん・ひやむぎ」の違い&歴史と「色付き麺」の由来

183577view
3

体臭予防の鍵はシャワーの浴び方? 体臭が発生する原因&対策方法

126542view
4

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

538451view
5

「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の差は? 16種類の「日本酒の種類と違い」を解説

323153view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード