更新日: 2016年06月16日
2192 view

洗剤を使わない掃除!?ペットに優しい水槽の掃除方法

なかなか落ちない水槽の汚れに水槽掃除用の洗剤をつかうべきか悩みますよね。洗剤がもし残ってしまってお魚が全滅に・・なんてこと避けたい。今回は、お魚の安全を一番に考えた洗剤を使わない水槽の掃除方法をご紹介します。

水槽の材質によってスポンジをかえる

Retina pixta 20264024 m
洗剤を使わず水槽のコケおとしをする時に気をつけたいことは水槽をキズつけないことです。
ガラス水槽とアクリル水槽では使う掃除道具を変えるのが良いです。

水槽面についたコケ掃除は基本軽い汚れはスポンジで、ガンコな汚れはスクレーパー(へら)で汚れをそぎおとします。

キズがつきやすいアクリル水槽では、メラミンスポンジを使ってコケをとるほうが無難です。メラミンスポンジで落ちない汚れは、素材の柔らかいテレフォンカードでそぎ落とすことをおススメします。

アクセサリー類はブラシで

Retina pixta 12555068 m
みばえがよいレイアウトをつくるために水槽に入れている石や飾りものは、ブラシをつかってコケなどの汚れをこすり落とします。そして、水道水でしっかり洗い流します。

塗装がほどこされているアクセサリーは、強くこすりすぎると色がはげてしまうので注意して掃除してください。

水草を流木につけたアクセサリーを使っている場合はブラシでこすらないようにしましょう。

砂利掃除には、ホース型の砂利掃除用品を使う

41a9yfdw7sl 出典:https://www.amazon.co.jp
砂利を掃除するときは、ホース型の砂利掃除用品を使うと便利です。

水槽の水を排出するときに砂利も一緒に吸い込むことで、砂利の内部に入りこんだエサの食べ残しやフンをついでに掃除することができます。

バクテリアが死んでしまうのを避けるために水道水ですすがないように注意しましょう。

おわりに

Retina pixta 20279546 m
洗剤をつかわない水槽掃除は、普段の掃除でつかうスポンジやブラシなどで物理的に汚れを落とす方法で十分対応できます。

ホース型の砂利掃除用品も1,000円くらいなので、あればより楽に掃除ができて便利です。ない場合、砂利をといで落とす方法でも問題はありません。

ぜひ参考にしてみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

放っておくと後で困る・・・お風呂場のドアの掃除方法

461567view
2

意外と知らない「そうめん・ひやむぎ」の違い&歴史と「色付き麺」の由来

185553view
3

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

451079view
4

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

540041view
5

「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の差は? 16種類の「日本酒の種類と違い」を解説

324385view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード