更新日: 2018年03月07日
16020 view

梅雨時期や雨の日に洗濯物を速く乾かしたい!「前準備」と「干し方のコツ」が大事?

梅雨の時期や雨の日、洗濯物がなかなか乾かなくて困るのは悩みのひとつですね。そこで今回は、洗濯物が速く乾く「前準備」と「干し方のコツ」をご紹介します。

【梅雨や雨の日の洗濯物の干し方のコツ】前準備

Retina pixta 16132767 s

1. 洗濯物は溜めない!

梅雨時期や雨が続く時は外干しではなかなか乾かず、あまりスペースが広くない部屋での大量の室内干しはどんどん乾きにくくなります。

2. 便利な洗濯機の機能をフル活用する!

Retina pixta 1456463 s
ほとんどの方が全自動洗濯機で、「(標準)お任せコース」を使って終わったら、すぐに干してる方が多いでしょう。

衣類の素材によりますが、そこにもう少し脱水時間をプラスして水分を減らしましょう。乾きやすくなります。

さらに、「風乾燥機能」がある洗濯機ならこれを活用する手はないです。少しプラスして水分を減らしましょう。

「除菌機能」もあるようでしたら使ってみましょう。洗濯物のイヤな臭いの原因は雑菌なので、除菌できるならあわせて使うと、ニオイ対策にもなります。

お使いの洗濯機の機能を、この機会に一度チェックしてみましょう。

【梅雨や雨の日の洗濯物の干し方のコツ】干し方のコツ

Retina pixta 922817 s

1. 針金ハンガーより太いハンガー

Retina pixta 8118888 s
細い針金ハンガーよりも太めのハンガーを使うと、前身ごろと後身ごろがくっつきずらく、風通しがよくなり速く乾きます。

シャツを速く乾かすためには、ボタンは留めず全て開けて、襟を立てると布の重なる部分が減るので、乾きやすくなります。

2. 角ハンガーは干す並びがポイント

角ハンガーに洗濯物を干す際は、

●内側に「短い丈や乾きやすい素材(化繊など)」の洗濯物を干し、
●外側に「長い丈や厚手の乾きにくい素材(綿など)」の洗濯物を干すと、

外側の洗濯物は風が当たりやすく、かつ真ん中は空間ができ、風通しがよくなります。

3. 洗濯物を裏返しにして干す

Retina 20160604084617
裏に布の重なりやポケットが多いズボンやスカートなどは、裏返しにして干しましょう。重なりがある部分に風に当てることで、乾きやすくなります。また、スカートやズボンは筒状につるすことで風の道をつくりましょう。

4. タオルは片方だけ長くずらして干す

Retina 20160604084626
片方だけ長く垂らして干すと、半分にして干す時よりも風にあたる面積が多くなるので、乾きやすくなります。
大物シーツを干す時にも使えるコツです。

5. フード付きや長袖は逆さに干す

フードや長袖ら洋服に重なる部分が多いので、乾きにくいのが悩みですね。
逆さに干すことによって、重なる部分がなくなるので乾きやすくなりますよ!

フード付きの洋服を干しやすいハンガーなどもあるので試してみるのもいいですね。

6. 浴室乾燥を使う時の干し方のコツ

Retina s zbd 4507
雨の日のや乾ききっていない洗濯物の仕上げ乾燥にも便利な浴室乾燥機。生乾きのものもスッキリ乾かせます。

洗濯物と洗濯物の間は、5-10㎝ほどすき間をあけて、温風が行き渡るようにしましょう。
また、乾きにくいものは吹き出し口の近くに、薄手のものや乾きやすいものは端に干します。

途中で乾き具合をチェックしながら、洗濯物の位置を入れ替えたり、タオルやズボンなど縦に長いものは上下を逆にしてあげると、速く均等に乾かせます。

おわりに

いかがでしたか。

乾きにくい梅雨の憂鬱な洗濯物、少しでも速く乾かすための洗濯の干し方をご紹介しました。洗濯物の種類や量で乾きやすさの違いはありますが、参考にしてみてくださいね。

<おすすめ関連記事>

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

タケノコのあく抜きを簡単に! 上手な「タケノコのあく抜き方法」

114172view
2

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

406439view
3

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

326706view
4

【卵を切るだけじゃもったいない!? 】「エッグスライサー」の活用法4つ

1450340view
5

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

190694view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード