更新日: 2018年02月06日
3554 view

梅雨の洗濯物を乾きやすく、臭いが気になりにくくする【8つの工夫】

梅雨時期に洗濯物を部屋干しすると、なかなか乾かなかったり嫌な臭いが衣類についてしまったりと、悩ましいことが多いですよね。しかし、ほんの少しの工夫で部屋干しの洗濯物は乾きやすく、臭いも気になりにくくなります。今回は、その工夫についてご紹介します。

洗濯前のひと工夫

Retina pixta 21534166 s
洗濯の段階から、部屋に干すことを意識して、洗濯物を仕分けしておきましょう。洗濯する衣類の量を必要最小限に抑えておくことが望ましいです。

下着や靴下など毎日取り換える必要のあるものを優先し、薄手で乾きやすい衣類を日ごろから着るようにするといいですよ。

乾燥機などをお持ちでない場合は、厚手で乾きにくい生地や大物など部屋干しに不向きなものは、どうしても乾かさなければならない事情がない限り、梅雨の晴れ間を利用して一気に洗濯するというのも一案です。

洗濯時のひと工夫

Retina pixta 15204562 s
使用する洗剤も、できれば部屋干しに適した洗濯洗剤を使うのがベストです。部屋干し専用と表示されている洗剤や抗菌防臭効果の高い洗剤を使用されるとよいでしょう。

すすぎに抗菌防臭効果のある柔軟剤をプラスすれば、部屋干し中の雑菌の繁殖がさらに抑えられ臭い防止効果もアップします。

可能であれば、脱水するときに乾いた大きめのタオルを追加すると、そのタオルが他の衣類の水分を吸い取ってくれて、衣類が乾きやすくなりますよ。

洗濯が終わったら洗濯槽からすばやく洗濯物を取り出し、なるべく早く干しましょう。

干し方の4つの工夫

Retina pixta 22529255 s

1.少しでも陽の当たる場所に干す

雨の日でも一瞬日が差すときもあるでしょう。その際の日光(紫外線)を有効活用すれば、洗濯物の消毒になります。部屋の中でもなるべく陽の当たる場所を選んで干すようにしてください。

ただし、カーテンレールにかけるのは、カーテンレールに負担がかかりますし、カーテンに水分が移りカビの原因にもなりやすいので避けましょう。

2.高い所に干す

湿った空気は重いので下にたまりやすくなります。なるべく高い場所に干すのがコツです。

日が当たるし、高い所にあるからといって、カーテンレールに直接干すのは、なるべくなら避けたほうが無難です。折りたたみ可能、移動可能な物干しスタンドがあると便利ですよ。

3.間隔を開けて干す

風通しをよくするために、外に干す時よりも、洗濯物と洗濯物の隔を広めに開けて干して下さい。そのためにも部屋干しの洗濯物は必要最小限が望ましいです。

4.広げて重なる部分をなくして干す

洗濯物は、広げて空気にあたりやすくします。肌にあたる部分を乾きやすくするため裏側にして干してください。洗濯の段階で裏返しておくと楽ですよ。

乾かし方の2つの工夫

部屋干しの際に、嫌な臭いを防ぐためには、なるべく速く乾かすことがポイントです。乾かす時間が短ければ短くなるほど、嫌な臭いの原因のひとつである雑菌の繁殖も防げます。

1.扇風機やエアコンのドライモードを上手く活用する

Retina pixta 15970355 s
特に梅雨時は、湿気が多く、部屋干しすると洗濯物の湿気で、さらに湿気が多くなります。このままでは、どうしても乾きにくいです。そういう時はエアコンのドライモードで湿気を下げ、扇風機を直接洗濯物にあたるようにすれば速く乾かせます。乾きにくそうな部分だけ、ドライヤーを当てて乾かすという方法もアリです。

2.浴室を利用して乾かす

Retina pixta 809130 s
リビングや居室に干すのは、湿気の問題以外にも、見た目も気になるし、来客時にも困るのでできれば干したくないという方も多いと思います。

そんな場合は、換気設備がついている「洗面所」や「浴室」に干すのがおすすめです。
リビングのように見た目を気にする必要もない上、他の部屋に比べると狭いので、突っ張り棒などを設置しやすかったり、除湿機等で湿度を下げる時も、狭いスペースのほうが速く湿度を下げやすいのです。

「浴室乾燥」「衣類乾燥機」なら更に乾きやすく&楽ちん!

梅雨時でも大量の洗濯物を毎日乾かしたい場合などに、とっておきの方法としては、「浴室乾燥機」や「衣類乾燥機」を使うということです。

梅雨時に限らず、花粉の多い時期や大気汚染が心配な場合、冬なかなか洗濯物が乾かない時期にも重宝します。実際に使っている方々にも大好評のようなので、ぜひチェックしてみてください。
Retina s zbd 4507
Retina retina 5kg img 01

おわりに

梅雨どきといっても部屋干しはなるべく避けたいものですよね。今回ご紹介した方法が少しでも参考になれば幸いです。部屋干しをする部屋をきれいに、お掃除しておくのもお忘れなく。

おすすめ関連記事

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【何が違う? 】カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違い

122429view
2

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない...

629129view
3

クエン酸、重曹を使った「やかん」の内側・外側の洗い方&頑固な汚れの落とし方

77628view
4

意外に簡単!「天ぷら」を【サクサクに揚げる4つのコツ】&【温めなおしのコツ】

50252view
5

「バチッ! 」と静電気が起きるわけ&すぐにできる! 手軽な【静電気防止対策】5つ

57887view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード