更新日: 2018年04月10日
6039 view

焼き物、揚げ物にオーブン料理まで!? 大人気の「スキレット」の使い方4選

普段の料理でも格段においしくなると言われる今話題のスキレット。そのまま食卓に出してもお洒落なフライパンとして人気のようです。実際にどんな特徴があり、どんな料理に向いているのでしょうか? スキレットの使い方についてご紹介します。

【使い方の前に】そもそもスキレットって何?

Retina pixta 20239544 s
PIXTA
スキレットとは、鉄製の厚手のフライパンです。熱するとフライパン全体が均一の温度を保ってくれます。

普通のフライパンだと焼きムラができたり、全体に火を通している間に食材が固くなってしまうこともありますが、そうした失敗が起こりにくいと言われています。また重いふたを使うと食材の水分を逃さずに調理でき食材本来の旨みを引き出すことができるそうです。

ただ、鉄製でさびやすいため、油をなじませるシーズニングというお手入れが必要になります。お手入れの方法は以下の記事を参照してくださいね。

スキレットの使い方1【ハンバーグやステーキなどの焼き物】

Retina pixta 19854905 s
PIXTA
ハンバーグやステーキなど食材に厚みがあって均一に火を通すのが難しい料理は、スキレットの得意分野です。

熱したスキレットに食材を入れてふたをして弱火にすると、食材の水分やうまみを逃さずに調理できます。外はカリッとして中はジューシーな仕上がりに。同じ理由で大き目に切った野菜を使った野菜のグリルもおすすめです。

スキレットの使い方2【とんかつや天ぷらなどの揚げ物】

Retina shutterstock 199365557
スキレットは一定の温度を保つことができるので温度管理の難しい揚げ物にも向いています。油を入れ一旦適温まで温めたら弱火にするのがコツです。

スキレットの使い方3【蒸し鶏や蒸し野菜などの蒸し物】

Retina pixta 20780544 s
PIXTA
熱したスキレットに食材を入れてふたをすると圧力がかかり、無水鍋のように使うことができます。そのため少ない水分で蒸し物をすることができ、食材の旨みが凝縮した仕上がりになります。

スキレットの使い方4【ケーキやグラタンなどのオーブン料理】

Retina shutterstock 191050298
スキレットはそのままオーブンに入れることができるのでケーキやグラタンなどオーブン料理にも活躍します。

おわりに

どんな料理にも使えてそのまま食卓に出すこともできるスキレット。使いこなすほどにどんどん油がなじんで使いやすくなるそうです。育てる楽しみが味わえるのもいいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

126919view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

404805view
3

お風呂の浴槽や床にサビが!? お風呂場のサビの原因と解決法まとめ

52569view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

420243view
5

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

358761view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード