更新日: 2016年08月01日
2149 view

【細かく分けると5つの性質に?】衣類の種類別<洗濯洗剤>の使い分け方法

皆さんは洗濯石鹸や洗剤をどのように選んでいますか?価格やブランド、成分や香りなど、ご家庭によって様々かと思います。今回はそんな「洗濯洗剤」の種類に着目して、洗う衣類によって洗剤を上手に使い分ける方法をご紹介したいと思います。

洗剤の種類は主に2種類

Retina pixta 12804866 s
市販されている一般的な洗濯洗剤は、「弱アルカリ性」か「中性洗剤」のどちらかの場合が一般的。
なぜこの2種類が一般的なのかというと、日常的に衣類に付着する汚れは、ほとんどが「酸性」だからです。
「酸性」と反対の「アルカリ性」の洗剤を使うことで、汚れが落としやすくなるということですね。

細かく分けると実は5つの性質に!?

酸性とアルカリ性を更に細かい分類にすると以下の5つになります。

1,酸性
2,弱酸性
3,中性
4,弱アルカリ性
5,アルカリ性

アルカリ性が強いほど、皮脂汚れや泥汚れなどの一般的な汚れが落としやすくなります。
しかし、アルカリ性は、あまりお肌によくないと言われています。また、衣類の染色が負けてしまう場合も。
なので、取り扱いには充分な注意が必要です。衣類にある洗濯表示をしっかり確認するようにしましょう。

こういった理由から、中性洗剤や弱アルカリ性の洗剤が安心して使えるため、一般的に多く売られているのです。
当然、「中性」よりも「弱アルカリ性」の方がアルカリ性が強いので、汗などの汚れ落ちに関しては弱アルカリ性の洗剤の方が勝っていると言えます。


2016年12月より、衣類の取扱い「絵表示」が変更になっています。※詳しい情報はこちら

洗浄力が強い「弱アルカリ性洗剤」

Retina pixta 18013019 s
「弱アルカリ性洗剤」は基本的に洗浄力が高く、一般的な衣類を洗濯する洗剤の中で「主役的な存在」です。
綿、麻、合成繊維などの下着や、普段着の衣類を洗濯する時に適しています。

酵素などが配合されていて、より汚れを落としやすくする工夫がされているものが多いのも特徴です。「粉末洗剤」と「液体洗剤」が売られていて、石鹸も弱アルカリ性に分類されます。

注意しなければならないのが、衣類の色落ちです。
洗浄力が高いので、色落ちの起こりやすさは必然的に高まります。

デリケートな衣類には「中性洗剤」

Retina pixta 19607951 s
「中性洗剤」は洗浄力は弱アルカリ性洗剤より劣るのですが、「色柄物の衣類洗い」に適しています。
毛や絹などの、よりデリケートな衣類はこちらを利用するのがおすすめ。

一般衣類を洗う「中性洗剤」とウールなどを洗う「おしゃれ着洗剤」の2種類が売られています。
おしゃれ着用は、繊細な衣類を守るように工夫されていて、ドライマークの衣類でも洗うことができます。

お気に入りの白いシャツには「蛍光剤入り洗剤」

Retina pixta 1213765 s
蛍光剤というのは染料の一種で、繊維に付着させて白く見せる効果があります。
なので、白い肌着やTシャツなど、白いものを洗う場合に蛍光剤入り洗剤で洗濯するとより白く洗いあがります。

お気に入りの白いシャツをより白く見せたい場合は、洗濯洗剤の成分表のところに「蛍光増白剤」と記載されているものを使うと良いですね。

基本的には色柄ものも洗えますが、蛍光剤のムラ付きが原因で、色が変わったりシミがついたように見える場合があります。色柄ものの衣類には、蛍光剤が入っていない洗剤を使って洗うのが安心です。

おわりに

お使いの洗剤や、お気に入りの洗剤はどのタイプでしたか?
お洗濯する衣類によって、洗濯洗剤を上手に使い分けるようにできるといいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「困った! 瓶の蓋が開かない! 」女性でもできる「かたーい瓶の蓋」開け方のコツ3つ

484587view
2

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

134549view
3

カビ・水垢を撃退! お風呂の場所別の掃除方法を一挙公開!

37734view
4

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない・・・

699720view
5

もう失敗したくない! サンドイッチを「おいしく作るコツ5つ」&「お弁当用レシピ7選」

107430view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード