更新日: 2018年01月18日
6413 view

ベビーパウダーは効果がある? ない?「おしめによるかぶれ」の正しい対処法

赤ちゃんのおしりはとてもデリケートでかぶれやすいですよね。あっという間に赤くただれてひどくなってしまうことも。

原因は?

Retina pixta 792918 s
皮膚は薄くてまだバリア機能が未熟です。そのため汗やおしっこがおむつの中で蒸れて皮膚がふやけると、ダメージを受けやすくなってしまいます。

その状態で、おしっこやうんちのアルカリ性や細菌、おむつやおしりふきの繊維がこすれることが刺激になり、かぶれを引き起こすようです。

対処法

Retina pixta 20411592 s
・おしっこの度にオムツを替えてぬれたガーゼで優しく拭く

・うんちのときにはおしりふきだとついこすりすぎてしまい刺激になることがあるので、かぶれがひどいときには使わず、シャワーか霧吹きで汚れを流し、タオルやガーゼでそっと拭く。

・拭いたあとは馬油やワセリン、刺激の少ないクリームなどを塗って皮膚表面を保護します。かぶれがひどいときには皮膚科や小児科に相談して薬をもらいましょう。

かぶれには、季節のお湯「どくだみ湯」が効く!?

Retina retina
ブドウ球菌の変化 (東京ガス都市生活研究所調べ)
※「なし」の24時間後を1とする
上図は、どくだみの生葉茎の抽出液を添加した培地と、何も加えていない培地のブドウ球菌の増殖数の変化を測定したものです。どくだみの生葉茎を加えた培地は菌の増殖が抑えられていることが分かります。

参考:東京ガス都市生活研究所レポート「快適バスライフのすすめ」


どくだみ湯はどくだみ茶でも作れます。詳しい作り方や効果は以下の記事を参考にしてくださいね。

ベビーパウダーが刺激に!? お手入れの注意点

Retina pixta 1430904 s
・濡れたおしりのままおむつをしてしまう

せっかく刺激をしないようにシャワーなどできれいに洗っても、その湿気が残ったままおむつをしてしまってはさらに悪化させることになりかねません。

・ベビーパウダーをはたく

通常の状態の肌のときにかぶれを防ぐためにパウダーをはたくのは効果がありますが、かぶれた肌にはパウダーが固まって刺激になることもあるようです。

おわりに

なかなか治らないようであればカビなどが原因の場合もありますので、小児科や皮膚科にかかることをおすすめします。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

タケノコのあく抜きを簡単に! 上手な「タケノコのあく抜き方法」

147283view
2

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

415567view
3

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

331438view
4

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

192771view
5

買ったネギを倍に増やそう! 再生野菜「ネギ」の育て方【キッチン菜園(2)】

16819view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード