更新日: 2017年08月23日
8650 view

もしかして捨ててない? 野菜くず【驚きの再利用術】5選

料理で野菜の下処理をしていると、玉ねぎの皮や人参や大根の皮やへた、きのこのいしづきなど野菜くずがたくさん出ますよね。まさか捨ててしまっていませんか?実はこの野菜くず、栄養たっぷりでまだまだ活躍できるんです。

【野菜くずの活用術1】 スープの素「ベジブロス」に

Retina img
Retina pixta 4974733 s
捨ててしまいがちな野菜くず。「ファイトケミカル」という栄養成分が豊富なんだそうです。

これは皮には害虫や紫外線から守るための栄養が、種やヘタには新しい命を成長させるための栄養がたっぷりと詰まっているためです。

これらの野菜くずを活用してだしを取りましょう。

「だし」として煮物に使ってもおいしいですし、ポタージュなどのスープを作る際にも「味の決め手」となってくれます。

ベジブロスの作り方

鍋に1リットルの水を入れて、その中に野菜くずを100gから200gほど加えます。野菜くずの量の目安は両手にいっぱいすくえる程度。弱火でコトコトと20分ほど煮込めばできあがりです。
Retina pixta 19763129 s

ベジブロスに向く野菜

基本的にどんな野菜でも活用できるベジブロスですが、玉ねぎの皮は味も色も良くしてくれるのでぜひ入れたい素材です。セロリやパセリ、ネギなどの香味野菜も香りをアップしてくれます。できれば5種類以上の素材を使いましょう。

作るときの注意点

・皮は残留農薬が残る場合もあるのでよく洗いましょう。

・キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜は独特の風味があります。入れる量は控えめに。

・野菜くずは冷蔵庫で保管しておいて新鮮なうちに使いましょう。

【野菜くずの活用術2】 野菜くずをキッチン栽培

Retina suzuki asami 2 03
野菜くずを水につけておくと葉の部分などが伸びてきてまた食べることができます。キッチンで新鮮な葉物が手に入るなんて嬉しいですね。夏場は毎日、それ以外の季節は2〜3日に一度水を替えてあげてください。

・にんじんや大根のヘタを肩がつかるくらいの水を入れます。

・長ネギや万能ねぎ、小松菜などの葉物野菜は根本の部分を水にさしておきます。

ネギは根元を10cm以上残して収穫すると、うまくまたネギが育ちます。ネギはぐんぐん育つので、経済的です。

【野菜くずの活用術3】 野菜くずで肥料を作る

Retina pixta 663340 s
野菜くずから肥料を作ることもできますよ。米ぬかが発酵をうながしてくれます。

・雨の当たらない場所に植木鉢かプランターを置き、土を入れます。

・土に穴を掘ってそこに野菜くずを入れます。

・野菜くずの上から米ぬかかぶせ、上から土をかぶせます。

・1〜2週間ほど置いたらできあがりです。

【野菜くずの活用術4】 おいしい料理に活用

Retina pixta 7686765 s
種や皮の活用レシピって意外とたくさんあるんです。

・かぼちゃの種

かぼちゃの種はよく洗って白い殻を外して、オイルで炒めるとおいしいおつまみになります。殻は固いのでキッチンバサミで切り目を入れましょう。
Retina pixta 12625807 s
・にんじんや大根の皮

このまま炒めてきんぴらやお味噌汁の具にしても栄養たっぷりでおいしいですよ。

【野菜くずの活用術5】 ぬか床の捨て漬けに

Retina pixta 16790243 s
新しいぬか床で野菜を初めて漬けるとき、ぬか床の発酵が進んでいない状態で野菜を入れてもおいしくならないです。そこで大根の皮や白菜の外側の葉などの野菜くずを漬けます。野菜くずに付いている乳酸菌がぬか床をおいしくしてくれるそうです。

おわりに

野菜くずにはいろいろな活用法があるのでぜひ試してみてください。生ごみも減るのでエコですし、腐りやすい夏場は特に助かりますね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

98314view
2

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

29845view
3

秋を感じる「さつまいも」を使った【ほっくり甘いレシピ】5つ

2697view
4

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

43269view
5

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

137473view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード