更新日: 2017年12月13日
15135 view

赤ちゃんはNGの「○○」、妊婦や胎児への影響

抵抗力が付いていない1歳未満の赤ちゃんには、強い菌が含まれている「はち蜜」を食べさせてはいけませんね。では、妊婦の場合はどうなのかでしょうか?もし食べた場合、胎児やお母さんにはどのような影響が出るのでしょうか?

赤ちゃんにNGの理由

Retina pixta 13046041 s
栄養価も高いといわれてますが、1歳未満の赤ちゃんには食べさせてはいけないことをご存じですか。

「1歳未満の赤ちゃん」は免疫力や抵抗力がとても弱いので、中に含まれている「ボツリヌス菌」に感染する可能性があるそうです。

胎児への影響

Retina pixta 19736009 s
1歳未満の赤ちゃんには危険だから、胎児も危ないのかな?と心配される方も多いのではないでしょうか?

しかし、妊婦が食べても、胎盤を通してボツリヌス菌が胎児に移行することはないようなので、胎児への影響は心配しなくても大丈夫のようです。

妊婦自身は?

Retina pixta 14886273 s
お腹の中の胎児同様、摂取しても妊婦への影響も心配しなくて大丈夫のようです。あくまで、危険性は赤ちゃんが摂取した時にとどまるようですね。

授乳中の摂取はどうなのか?

Retina pixta 15971540 s
では、ママが摂取した分が母乳の栄養素として赤ちゃんに伝わることはどうなの?と心配される方もいるのではないでしょうか?

ただ、この場合も心配の必要はないようで、母乳を通じて赤ちゃんにボツリヌス菌が移行することはないとのことです。

おわりに

妊婦が摂取しても胎児への影響はなく、妊婦自身にも全く問題はないとのことなので、安心ですね。摂取の際に注意するのは、あくまで1歳以下の赤ちゃんに食事として与える時に留まるようです。

参照 : 厚生労働省「乳児ボツリヌス症の予防対策について」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「加湿器の掃除ってしてる?」あなたの加湿器は大丈夫? 定期的なお掃除で水アカ知らずに!

22512view
2

注意! 冬に増加する入浴中の「ヒートショック」の症状とその対策

37665view
3

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール

361908view
4

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

252345view
5

部屋の寒さ対策は100均で!「100均でできる寒さ対策」

58633view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード