更新日: 2017年10月05日
3751 view

【お手伝いは何歳からがベスト?】子どもにお手伝いを頼む【適齢期】と【ポイント】

しつけの一環として、子どもにお手伝いをしてもらうことは、非常に有意義で、オススメできる方法です。お手伝いを通して、子どもに日常生活や社会生活における基本的なルールを、無理なく学ばせることができます。それだけでなく、お手伝いは子どもにとって成長の糧でもあり、自立への足がかりともいえるでしょう。今回は、そんなお手伝いの極意をご紹介します。

子どものお手伝いをしている・させたい意向の割合

Retina pixta 11490794 s
東京ガス都市生活研究所の調査によると、小学生の子どもが週に1回以上、お手伝いをする割合は、料理が33%、掃除が31%、洗濯が28%となっており、約1/3の子どもが週に1回以上、お手伝いをしていることが分かります。

一方で、子どもにお手伝いをさせたい意向は、掃除が75.2%、料理が72.2%、洗濯が69.2%となっています。お手伝いをさせたい意向の高さが表れる結果ですね。同時に「子どもにお手伝いをさせるきっかけがほしい」と答えた人も71.2%と、子どもにお手伝いをさせたいと思いつつも、お手伝いをさせるきっかけが必要とされています。

子どものお手伝い、何歳くらいから始められるの?

Retina pixta 11611299 s
3歳からというのが一応の目安のようです。この年齢になると、心も身体も大きく成長して、手先も器用になり、言葉を理解する能力もぐんと高まります。また、この時期に身についたことは一生涯続くとも考えられています。何にでも興味を持つ時期でもあり、お手伝いを始めるのにも、最適な時期といえるでしょう。

ただ、年齢に関係なく、子どもが自分から「やらせて」と意思表示すれば、その気持ちを尊重し、やらせてあげるとよいですね。もっとも、特に3歳に満たない頃は、お手伝いの意味がまったくわかっていなくて、ただ単に親の真似をしたいだけ、という場合も。その場合も、お手伝いの意味にふれさせるよい機会ととらえ、進んでやってもらってよいと思われます。

どんなお手伝いが子どもの成長の糧になるの?

Retina pixta 17827746 s
どのお手伝いにも子どもを成長させるエッセンスがたくさんつまっているといえるでしょう。例えば、達成感であったり、責任感や、使命感、自立心、自己肯定感であったり。

例えば、「この事○○ちゃんが覚えておいて、ママが忘れていたら教えてくれる?」とお子さんに頼むだけでも、お子さんにとっては立派なお手伝いになります。お子さんは、ママに教えてあげようと一生懸命覚えようとするでしょう。

それだけのお手伝いでも、子どもに責任感や使命感が芽生えるかも。そして、きちんとできたときに、「スゴイ!よく覚えてくれていたわね。ありがとう!」とママが喜んで見せることで、子どもは、達成感や自己肯定感を味わえることでしょう。

子どものお手伝いで気をつけることって?

ではお手伝いを頼むことでどんなことに気をつければよいでしょうか?

【子どものお手伝いの注意点】子どもの自主性を尊重する

Retina pixta 17687638 s
本人がその気もないのに、お手伝いの無理強いはしないほうがよいでしょう。自発的にやってもらうのがベストですが、お手伝いをお願いしたときに、喜んで引き受けてもらえるかどうかが目安になりそうです。子どものできそうな範囲でいろいろと頼んでみて、まずは反応をみてみるのもよいかもしれませんね。

【子どものお手伝いの注意点】子どもをあてにしない

お手伝いは、あくまでも子どものしつけの一環として捉えてください。家事の手間を省きたいために、子どもをあてにする=子どもで間に合わせる、という感覚でお手伝いを頼むのは、本筋から外れてしまいます。

【子どものお手伝いの注意点】出来栄えを重視しない

Retina pixta 1317563 s
出来栄えがいまひとつでも、ダメ出しはしないということも大切です。子どものやることですから、最初から完璧にはできない場合も多いでしょう。かえって二度手間になることもあるかもしれません。重視すべきは、出来栄えではなく、お子さんに「よくやってくれた、助かった、ありがとう」という感謝の気持ちを伝えることでしょう。

おわりに

幼稚園や小学校は夏休みをきっかけに、子どもたちに家のお手伝いをさせてみてはいかがでしょうか。

例えば、洗濯物たたみ、食器を並べる、部屋の片付けなど。身の回りには、お子さんに手伝ってもらって一緒にできることがたくさんありますね。親子のコミュニケーションが図れる絶好の機会にもなりますよ。あまり難しく考えすぎずに、まずは、一緒に手伝ってもらうことから始めてみましょう。
Retina oyakochori
子どもに料理のお手伝いの何から教えたら良いのか、どうやって教えたら良いのか、不安な方は「親子料理教室」に参加してみるのもよいかも!

東京ガスでは、1992年から子どもを対象とした料理教室「キッズ イン ザ キッチン」を開催しております。親子クラス(4歳から小学2年生と保護者対象)は、親子で料理を作るクラスです。

保護者の方々には、お子さんと調理をする上で参考になるヒントがたくさん!
普段あまりお料理をされないお父さんも大歓迎!しっかりサポートいたします。親子の料理デビューにもぴったりの教室です。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

99998view
2

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

44603view
3

「いつから一人でお風呂に入れる?」子どもが一人でお風呂に入り始める【年齢】と【準備方法】

10399view
4

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

30625view
5

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何?」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

43157view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード