更新日: 2016年08月19日
50466 view

【かんしゃくが起きるのはどうして?】子供が「かんしゃく」を起こす<原因>と<対策>

感情が爆発してしまう子どものかんしゃく。時と場所を選ばずに突然始まるかんしゃくに手を焼いているパパやママも多いのではないでしょうか。ここでは子どものかんしゃくの原因とその対策をお伝えします。

かんしゃくとは?

Retina pixta 11752780 s
子どもが自分の主張を通そうとする手段のひとつです。大人のように自分の感情を上手に伝えることができない子どもはその欲求不満から周りに感情をぶつけます。泣いたりひっくり返ったりと暴れることも多いですね。

大抵は自我が芽生えてくる1歳くらいに始まり、2歳〜4歳がピーク。そのあとは徐々に落ち着いていくようです。ただし、年齢とは関係なく発生することもあります。赤ちゃん返りや進級前などで精神状態が不安定になる時期に起こりがちだそうです。

<原因1>空腹や疲れ、眠気

Retina pixta 8832678 s
空腹や疲れを感じていると子どもは感情をコントロールできず、かんしゃくを起こしてしまいがちです。大人であれば空腹や疲れを感じたら、間食したり休憩したりと自分で解決することができます。でも子どもは自分の意志で解決できないことからストレスを感じてしまうようです。

<原因2>思い通りにならないことによる欲求不満

Retina pixta 21593152 s
子どもが1歳を過ぎると脳が成長して、過去のことを大分記憶できるようになってきます。そうすると「○○がしたい」と思った時、そのために必要な手順も理解できるようになります。それなのに、思ったとおりに動けるほど身体が発達していないためにうまくいきません。「やりたいのにできない」というジレンマに陥ってしまうんですね。
Retina pixta 8832691 s
例えば、外に行きたくて靴を履こうとしたとき、自分ではうまく履けない。それでも人に履かせられるのは嫌で自分で履きたい。何度も失敗を繰り返すうちにストレスがたまって感情が爆発してしまうなどのケースです。

<原因3>子どもの個性

Retina pixta 18526906 s
子どもにもかんしゃくを起こしやすい子とそうでない子がいます。それはその子の個性。一般的には感受性が強く、行動的で思ったことをすぐに行動に移すタイプの子はかんしゃくを起こしやすい傾向にあるそうです。

<原因4>環境の変化への不安

Retina pixta 20552984 s
下に弟や妹が生まれたり、幼稚園に入園したり、新しい学年に進級したりと環境が変わる際に、不安から精神的に不安定になってしまい、かんしゃくを起こしてしまうこともあるそうです。

「赤ちゃん返り」については以下の記事を参考にしてください。

<対策1>子どもの感情を受け止める

Retina pixta 22975001 s
かんしゃくは成長のために必要なステップ。本人が一生懸命、感情を表現しているときにその感情を受け止めてあげるのが大切です。無視をするのはやめましょう。以下の方法も効果的です。

・側に行って落ち着くまで抱きしめたり、背中をさすってあげる。

・「本当は○○したかったんだよね」と子どもの気持ちを代弁してあげる。

・落ちついたら「なにが嫌だったのかな?」と聞いてあげる。

<対策2>ルールやマナーはしっかり教える

Retina pixta 23048914 s
公共の場などで他の人に迷惑がかかりそうな場合や危険な場合はまずはその場を離れます。そして落ち着いてからしっかりと言い聞かせましょう。

おわりに

子どもがかんしゃくを起こすと親は自分を責めてしまいがちですが、実際には親の責任というよりは、環境や子どもの個性によって起こることがほとんどのようです。

これから成長していく中で思い通りにならないことは山のように出てきます。かんしゃくの時期を上手に乗り越えることで、かんしゃく以外の方法で自分の気持ちを表現したり、自分の力で乗り越えることを学んでいけるといいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

部屋の寒さ対策は100均で!「100均でできる寒さ対策」

23962view
2

「洗剤で洗うのはNG?」中華鍋の使い方&日々のお手入れのポイントは?

726view
3

【風呂掃除の時短術】簡単にできる風呂掃除の<時短術5つ>

2806view
4

【簡単レシピ】野菜たっぷり!ベーコンのうまみの生きた「白菜スープ」

480view
5

混ぜて入れるだけ!ダッチオーブンで手軽に作れる「ケーキ」レシピ9選

377view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード