更新日: 2018年06月29日
6155 view

【パスタと言えばカルボナーラ?】カルボナーラをおいしく作るコツ3つ

濃厚なクリームに、カリッとしたベーコンがおいしい、カルボナーラ。パスタの中でも定番の人気パスタですよね。家でも美味しく作れたらいいのに! とは思うものの、作ってみると意外と難しいメニューだったりします。今回はおいしく作るためのコツをご紹介します。

【カルボナーラを美味しく作るコツ1】 パスタの選び方

Retina pixta 21417039 s
PIXTA
パスタの種類って、たくさんあって、どれを使えばいいのか迷う事はありませんか?
細いパスタにはあっさりとしたソースや、スープの具に合うと言われ、太めのパスタは濃厚なソースが合うと言われています。

カルボナーラには、しっかりとしたソースの味に負けない、太目のパスタを選びましょう。1.6㎜以上のスパゲティーニがおすすめです。

同じ1.6㎜のスパゲッティーにも、表面がつるっとしたものと、ザラっとしたものがあります。ザラっとしたものの方が、ソースが良く絡みます。あっさり食べたい時にはつるっとした表面のものがおすすめです。

【カルボナーラを美味しく作るコツ2】卵は常温にしておく

Retina pixta 22733839 s
PIXTA
冷蔵庫から出してそのまま使ってしまいがちですが、冷たい卵は茹でたての麺を冷やしてしまいます。卵は常温に戻してから使いましょう。

【カルボナーラを美味しく作るコツ3】卵を加熱しすぎない

Retina pixta 22677984 s
PIXTA
カルボナーラを作る時に重要なのは温度です。トロっとしたソースがおいしいカルボナーラですが、熱が入りすぎるとボソボソとした食感になってしまいます。
卵黄は、64度位から固まり始め、70度で完全に固まってしまうそうです。


【簡単にできる方法】

温度を図りながら作るのは難しいですね。通常は、ベーコンを炒めたフライパンに、茹でたパスタとソースを入れて絡ませますが、このときに温度が上がってしまいます。

そんな時は、火を止めてから入れるか、フライパンではなくボウルの中で混ぜ合わせる方法だとちょうど良い温度で作れます。
作業手順は以下のとおりです。

・ベーコンを焼いたフライパンに、茹でたパスタを加えて合わせます。
・あらかじめ、ボウルにソースを作っておき、そこへ、ベーコンと合わせたパスタを加えます。
・パスタを加えたら、手早く混ぜて下さい。パスタの余熱で充分に混ざり合います。

定番から和風まで!【カルボナーラ・レシピ】

Retina foodpic7247894
定番レシピからお子さまと一緒に作るレシピ、プロの監修レシピと、バリエーション豊かなカルボナーラのレシピをご紹介します。

おわりに

ちょっとしたひと手間ですが、コツをおさえると、簡単に失敗することなく作ることができます。
カルボナーラは、材料も少なくて作れるので嬉しいですよね。
是非、コツを覚えて、クリーミーでおいしいカルボナーラを作ってみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

103749view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

401358view
3

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

80198view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

418512view
5

【すぐ使えて便利! 】餃子の上手な「冷凍保存法」&「焼き方・使い方」

161653view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード