更新日: 2018年03月05日
14411 view

【どう使い分けたらいいの?】「バター」と「マーガリン」の違い

バターとマーガリンの違いというと、なんとなくわかっていても詳しく知らないという方も実は多いのではないでしょうか? バターとマーガリンはどう使い分けたらいいのでしょうか? ここではバターとマーガリンの違いについてご紹介します。

バターとマーガリンの違いとは?【原料と製法】

Retina pixta 5709890 s
PIXTA
バターとマーガリンの違いは、原料と製法です。

○バター
原料:牛乳。

牛乳からクリームと脱脂乳に分離し、クリームを撹拌し振動を加えることで脂肪分を分離させ、バターにしていきます。
Retina pixta 3052939 s
PIXTA
○マーガリン
原料:主に植物性の油脂(なたね油、大豆油、コーン油、やし油など)

これらの油脂に水・食塩と乳化剤などを加えて乳化させ、マーガリンをつくります。

バターとマーガリンの違いとは?【風味と性質】

Retina pixta 6510917 s
PIXTA
この原料の違いによって、バターとマーガリンでは、風味や性質なども違ってくるようです。

○バターとマーガリンの風味の違い

バターは、コクがあって、バター特有の風味があります。料理やお菓子に使うと美味しくなりますね。

マーガリンは、元々バターの代替品として誕生したため、風味もどことなくバターに似ていますが、バターに比べるとあっさりめです。ただ、製品によっては風味をバターに限りなく近づけているものもあるようです。
Retina pixta 790404 s
PIXTA
○バターとマーガリンの性質の違い

バターは冷やすと固くなり、温めると軟らかくなるという性質があります。この性質のため、冷蔵庫から出した直後のバターは、固くてパンに塗りにくいですが、マーガリンはバターよりもなめらかでパンに塗りやすいのが特徴です。

バターに比べて値段が安い上に、パンへの塗りやすさでマーガリンを使っているご家庭も多いですよね。

マーガリンの中でもファットスプレッドと呼ばれる種類のものは、油脂分が通常のマーガリンよりも低いために、さらになめらかで、よりパンに塗りやすくなっているようです。

【バターとマーガリンの違い1】栄養価

Retina pixta 24490306 s
PIXTA
主原料が違うバターとマーガリンは栄養価も大きく違います。

○バターの栄養
バターは牛乳から作られるので、動物性油脂を含んでいます。バターに含まれる乳脂肪は、ビタミンAを多く含んでいるのが特徴的で、他にもビタミンE、Dなども含まれています。

○マーガリンの栄養
マーガリンは大豆油やコーン油などの植物性油脂から作られるので、その油脂の種類によって、リノール酸、リノレン酸など、体内で合成することができない必須脂肪酸(不飽和脂肪酸)が豊富に含まれているようです。

参考: 文部科学省:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

【バターとマーガリンの違い2】過剰摂取のリスク

Retina pixta 23365469 s
PIXTA
どんな食べ物でも過剰摂取にはリスクがつきものですが、バターとマーガリンはリスクの内容にも違いがあります。

○バターの健康リスク
バターに含まれている乳脂肪は、動物性の脂肪です。

脂肪分の多い食事をとると、コレステロール値が高くなり、動脈硬化の進行を早めます。具体的には、動物性脂肪である肉や卵などのとり過ぎに注意が必要です。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/dyslipidemia.php
○マーガリンの健康リスク
マーガリンには製造過程で使用される乳化剤やトランス脂肪酸が含まれています。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とはマーガリン特有のなめらかさを出すための、製造過程で発生する脂肪酸です。本来は体外に排出されてしまうようですが、過剰に摂取することは控えた方がよいと言われています。

2003年にWHOなどから心臓疾患のリスクが高まる可能性があると報告されたため、諸外国ではトランス脂肪酸の摂取量の制限がされている国もあります。また最近は、多くのマーガリン製造メーカーで、トランス脂肪酸の含有を極力抑える取り組みも行われているようです。

トランス脂肪酸というと、マーガリンに注目が集まりますが、ケーキなどに使われるショートニングなどにも含まれています。

バターの飽和脂肪酸にも注意

Retina shutterstock 377110435

日本人の場合、平均的な食生活を考えるとトランス脂肪酸の過剰摂取に気をつけるというより、むしろ食品からの脂肪全体の過剰摂取に注意する必要があり、総脂質や飽和脂肪酸の摂取量が目標量の範囲を超えないようにすることがまずは重要と考えられます。農林水産省が行った調査では、飽和脂肪酸の過剰摂取が懸念される結果が得られています。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_torikumi/red.html
トランス脂肪酸だけを減らして、飽和脂肪酸や総脂質を大きく増やすことは推奨されていないようです。
飽和脂肪酸はバターやラードなど、乳製品の脂肪や肉類の脂肪に多く含まれているので、やはり過剰に摂りすぎるのはバターも気を付けたほうがよいようです。

バター風味のマーガリンには、バターは含まれている?

Retina pixta 2726931 s
PIXTA
「バター風味」のマーガリンが多く販売されていますが、バターは入ってるのでしょうか。
多くは、バターが入っているわけではなく、別の原料でバターの味や風味を再現しているものだそうです。

おわりに

マーガリンとバターの違い、いかがでしたでしょうか? 風味などの特徴で使い分けをしつつ、どちらも過剰に摂りすぎていないかどうかは、チェックする必要がありそうですね。

あわせて読みたい

【塩分以外の違い知ってる?】無塩・有塩バターの違いとオススメの使い分け&保存方法

Retina pixta 6506882 s
PIXTA

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

Retina retina pixta 22412968 s
PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

洗剤のつけおきでトイレの臭いも汚れもごっそり落ちる! プロが教える「正しい掃除方法」

140179view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

290698view
3

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

149545view
4

【色が違うだけ? 】ピーマンとパプリカの違いについて

55762view
5

常備菜の作り置き、いつまで日持ちする? コツは? 正しい作り方と保存期間「人気の常備菜レシピ♪」

243417view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード