更新日: 2018年03月30日
26083 view

低年齢から「保育園」に子どもを預ける【メリットvsデメリット】

仕事をしたい、子どもにお友達を作ってあげたい。保育園に子どもを預ける理由はそれぞれだと思います。ただ、最初は保育園に預けるのを不安に感じることもあると思います。今回は、【保育園に子どもを預けるメリットとデメリット】をご紹介します。

【保育園のメリット1】低年齢から集団生活を経験できる

Retina pixta 1187889 s
PIXTA
家の環境と違う大きな点は、お友達がいることでしょう。お友達との遊びを通して協調性を学んだり、様々な刺激を受けたり、お話し上手になったりと良い影響も期待できます。

また保育園によっては、英語学習や音楽の時間など、色々な経験ができるようにカリキュラムを組んでいるところもあります。小さい頃から、自宅だけではできない多くの経験をさせてあげられるのは、メリットと言えそうですね。

【保育園のメリット2】仕事を続けられる

Retina pixta 23282113 s
PIXTA
子どもを保育園に預けることで、これまでの仕事を退職せずに続けることができます。また、結婚や出産を機に退職した人が、再就職して仕事を始められることも。

保育園では、求職活動中や自身の病気の治療中を「保育に欠ける状態」とみなして預かってくれることもあります。(待機児童の状況にもよります)

「育児も大事だけど、仕事を通して自分の成長を実感したり、社会と繋がっていることを実感することも大事」というママも少なくありません。子育てには親自身の様々な経験も役に立つもの。仕事を通じて得られた経験が、お子さんの成長に役立つ日が来るかもしれませんね。

【保育園のメリット3】園の先生に育児の悩みを相談できる

Retina pixta 21586945 s
PIXTA
子育てって分からないことだらけで、手探りで不安なことも多いもの。子供が成長するにつれ、イヤイヤ期や赤ちゃん返り、トイレトレーニングなど、うまくいかなくて思い悩むことも少なくありません。

保育園の先生は育児のプロ。自分の子どもを日々世話して、良く理解してくれています。身内ではなく、第三者の先生に日頃から相談しやすいというのも、保育園のメリットかもしれませんね。
Retina pixta 23361255 s
PIXTA
待機児童が多い地域では、0歳クラスで入園させることも一般的になってきているようです。

0歳から保育園に入園するメリットについてもみていきましょう。

【0歳から保育園のメリット1】入園の倍率が低い

Retina pixta 20042847 s
PIXTA
待機児童が多い地域では、1歳クラスの入園希望の倍率が一番高く、狭き門のようですね。0歳クラスの方が入園の倍率が低い傾向にあるようです。

これは、多くの保育園で1歳クラスの定員は0歳クラスからの繰り上がりで占められ、1歳、2歳に定員枠があまり増えないことが理由のようです。

また、育児休暇が約1年という企業も多く、1歳クラスでの復職を希望する方が多いため、1歳クラスの倍率が高くなるわけです。

一方、3歳~5歳クラスは、幼稚園へ転園する子がいたり、保育士1人あたりの乳幼児数も増えるため、クラスの定員自体も増える傾向に。少し入園しやすいようです。

寂しいと思っても、先々のことを考えて早い段階で保育園への入園を考えるのも、ひとつの手かもしれません。

ただし、1歳クラスの入園が困難な待機児童の多い地域では、やはり0歳クラスの入園希望が多くなっています。近年「保活」と呼ばれていますが、妊娠直後、妊娠前から行動に移しているご家庭も少なくありません。行政や地域保育園の情報収集は早めに実施されることをおススメします。

【0歳から保育園のメリット2】保育園生活の慣れが早い

Retina pixta 23723914 s
PIXTA
0歳から保育園に預けると、保育園が生活の一部となりやすいとか。大きくなってから預けるよりは、やはり保育園に慣れるのが早いようです。

子どもは成長と共に自我が芽生え、赤ちゃんの頃はわからなかったことも理解できるようになり、自分の気持ちを言葉や態度で主張するようになります。

ママと一緒の時間が長く、それが当たり前だった環境から、ある日突然ママと離れて保育園に行くことは、子供にとって大きな変化。「大好きなママと離れたくない! 」という気持ちが長引いて、慣れるまでに時間がかかる傾向があるようです。


続いて、保育園に預けるデメリットをみていきましょう。

【保育園のデメリット1】子どもの初めてを見逃す

Retina pixta 17927448 s
PIXTA
子どもの成長を見るのは、親にとっては大きな楽しみですよね。
お子さんを早く保育園に入れることで、子どもの「初めて」を見逃すことになる場合も。

初めてのタッチ、初めてのアンヨ、初めて発する言葉など、お子さんの「初めて」が保育園だった場合、お子さんの「初めて」を見ることができないのはちょっと淋しいですね。

【保育園のデメリット2】子どもが登園しぶりすることも

Retina pixta 19739161 s
PIXTA
せっかく保育園に慣れて元気に登園するようになってからでも、ある日突然「保育園行きたくない…」と登園拒否! なんてこともあります。寂しい思いをさせたくないけど、仕事は休めないし…と悩んだ経験がある方もいるのでは?

年末年始やお盆休みなど連休明けやちょっとした体調不良、保育園での出来事など、行きたくない理由は色々考えられますが、忙しい朝の登園しぶりは負担になることも。

【保育園のデメリット3】病気にかかる可能性が高まる

Retina pixta 24113958 s
PIXTA
保育園は多くの園児が集団生活する場所です。誰かが風邪を引けば、一斉に園全体に風邪が広がることも。
低年齢で預けている場合は、特に病気をもらいやすかったりします。

親なら誰もが、お子さんにはずっと健康であってほしいと願うもの。病気にかかりやすい環境に子どもを置きたくない、と考える方もいるかもしれませんね。

ただし、年齢とともに、免疫や体力もついて丈夫になっていきますよ。しっかりと各種予防接種は事前に受けておきましょう。

おわりに

保育園に子どもを預けることは、メリットとデメリットがあります。ご家族で考えながら、納得のいく選択ができると良いですね。

あわせて読みたい

【食育】子供だけじゃない!? 体や心に影響のある6つの『こ食』とは?

Retina retina pixta 20584405 s
PIXTA

【生きる力を育む! 】子どもと一緒に料理するメリット7つ

Retina retina pixta 17253578 s
PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

タケノコのあく抜きを簡単に! 上手な「タケノコのあく抜き方法」

106080view
2

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

403693view
3

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

325187view
4

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

319848view
5

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

190032view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード