更新日: 2016年11月01日
11170 view

「子供の歯が抜ける時期はいつ?気をつけることは?」歯が生え変わる時期のトラブル・注意点・対処法

4,5歳ぐらいのお子さんをお持ちの方は「子供の歯がいつ抜けるのか」ということが気になり始める時期ですよね。また、既に生え変わりが始まったお子さんをお持ちの方も、あれ?これは大丈夫かな?と思うことも多々あるかと思います。今回は子供の歯が抜けるということについてご紹介します。

子供の歯が抜ける時期って何かと気になる!

Retina pixta 6408557 s
子供の歯の抜ける時期、生え変わりの時期は何かと気になることも多いのではないでしょうか。歯並びはどうなるのか、痛みは?歯科医に抜いてもらった方がいいのかなど心配は尽きませんね。

今回は「子供の歯が抜ける」ことについて「時期」や「こんな時はどうすれば」などをご紹介します。

子供の歯が最初に抜けるのはいつごろ?いつぐらいまでに生え変わりが完了するの?

Basic13 3 出典:https://www.lion-dent-health.or.jp/basic/basic13.htm
公益財団法人 ライオン歯科衛生研究所
個人差はありますが、「6歳前後から12歳ぐらいまで」に乳歯から永久歯へ生え変わります。永久歯が揃えば、噛む力がしっかりして、色んな食べ物を上手に食べれるようになってきます。


生え変わる順番の目安


○6歳ぐらいで下の前歯が抜けて大人の歯が生える。同じ位の時期に一番奥歯の6歳臼歯が生える。

○7~8歳になると上の前歯が抜ける。

○8~9歳頃にはそのまま前から後ろに向かって順に歯が生え変わる。

○10~11歳頃上下の奥歯の乳歯が抜ける。

○12~14歳頃奥歯が生え揃い、大人の歯列が完成。

生え変わるのは合計20本です。新たに8本が加わるとということになりますね。

この生え変わりの時期はかなり個人差があると言われています。赤ちゃんの時期の乳歯の生え始めにも差があるように、生え変わりにもその差がでることが。あまり気にし過ぎないようにすると良いでしょう。

歯が抜ける時期におきるトラブルとは?

Retina pixta 19540123 s

乳歯が完全に抜けていないのに永久歯が顔を出している

乳歯がぐらついているようであればそのまま経過をみます。乳歯が抜ければ、正しい位置に永久歯が移動していくと考えられます。
ただ、乳歯の抜ける気配がまだない、痛みがあり食事にも影響がある場合などはすぐに歯科を受診しましょう。乳歯の抜歯などの対処をすることがあります。

乳歯は抜けたけど永久歯の気配がない

乳歯が抜けると、次の永久歯が生えてくるまで3ヶ月〜6ヶ月ぐらいの差があるそうです。ただ、3ヶ月以上経っても永久歯の生えてくる気配がないと、もともと永久歯が無い(先天性欠如)、ということも考えられます。
歯医者さんでレントゲン撮影などをし、永久歯が育っているかの確認を取る必要が。

乳歯の抜ける気配がない

上記の目安の時期を大幅に過ぎても乳歯の抜ける気配、歯のグラつきなどがない場合も、永久歯が無いことが考えられます。こちらもレントゲンで確認してもらいましょう。

※先天性欠如の場合は歯医者さんとの長期的な治療計画を立てて、治療を進めていきます。

子供の歯が抜ける時期に注意するべき点

Retina pixta 18928170 s

この時期、歯磨きは特に念入りに

生え変わった新しい歯は虫歯になりやすいといわれています。
これは、歯の表面が粗いため汚れが付着しやすく、虫歯の原因になる酸に対しても十分な抵抗力が無いからだそう。早い時期から虫歯予防が必須ですね。
また、この時期は歯並びもでこぼこし、歯を磨きにくいのも難点です。歯ブラシの当て方、角度に工夫し磨き残しのないように注意しましょう。

参照 : 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所「歯と口腔内の基礎知識」

指しゃぶり

子供の歯が抜ける時期の指しゃぶりも、その後の歯並びに影響が懸念されています。4〜5歳を過ぎた指しゃぶりの習慣は指導したほうが、という小児歯科の意見もあるよう。指しゃぶりの影響として懸念されているのは以下の通りです。

○上顎前突:上の前歯が前へでてしまう。
○開咬:上下の前歯に隙間があく
○片側性交叉咬合:上下の奥歯が横にずれて中心があわない

上記のような状態になると舌の使い方にクセが出て、発音に影響が出たり、口呼吸になったりする場合もあるそうです。

出典 : おしゃぶりについての考え方|日本小児歯科学会

実際にグラグラしている!どうすればいい?

Retina pixta 17186841 s

グラグラしていて、もう歯が抜けそう

実際に乳歯がグラグラとしていて、今にも抜けそうな場合はそのまま抜けるまで待つか、抜いてしまっても良いようです。

ただ、少しグラグラしているぐらいだと、乳歯の根は丈夫なので簡単には抜けないそう。無理やり力をかけたりせず、自然に抜けそうになるまで待ちましょう。

グラついているけどなかなか抜けない、痛みがある

なかなか抜けない場合は、歯科を受診し、指示や処置をしてもらいましょう。

もしも、抜くときは

今にも抜けそうで、そのままにしておくのが心配な場合、の対処法です。

1,グラついている歯を清潔なガーゼでつかむ
2,乳歯をしっかり掴み、真上(真下)も引っ張る
3,出血が止まるまでガーゼで10分ほどおさえる。
4,うがいをし口をゆすぐ

子供の歯が抜け、永久歯に生え変わったら気をつけたいこと

Retina pixta 21168281 s

歯が生え変わったら歯ブラシの大きさをチェック

生え変わった歯の大きさにあわせて、磨きやすい歯ブラシのサイズを選びましょう。
目安は、乳臼歯2本分以内(18~20 mm)で、毛足は8~10 mm 程度のものが使いやすいと言われています。

自立した歯磨き習慣を

4〜5歳ぐらいから自分で磨く練習をしながら、少しづつ自立した歯磨き習慣が身につくと良いようです。ただ仕上げ磨きに関しては10歳ぐらいまで、続けて行うのが良いという意見も。

自分で磨きつつ、一日に一度は親が歯をチェックする、という方法もおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?今まででお子さんの乳歯の健康に気を使ってきたパパ、ママですと、歯が抜けるということに不安を感じる方も多いかもしれません。
時期や、気をつけることをしっかり知り、適切な対応を取れると良いですね。

参考:日本小児歯科学会「子どもの歯みがき」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

191759view
2

なかなか落ちない皮脂汚れ。簡単に落とす方法とは?

3269view
3

「お湯が出ない!どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

15168view
4

もう失敗したくない! サンドイッチをおいしく作るコツ5つ

8153view
5

握り方? 塩加減?「おいしいおにぎりの握り方」コツ4つ&やりがちなNG行動

6339view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード