更新日: 2016年12月21日
781 view

「ひたひた」と「かぶるくらい」の違いって?味にも違いがでる?料理における水加減を正しく知ろう

料理本やレシピに良く登場する「ひたひた」「かぶるくらい」という水の分量の表現。違いを疑問に思ったことはありませんか?今回は「ひたひた」「かぶるくらい」の具体的な違いをご紹介します。

「ひたひた」と「かぶるくらい」の違い

Retina pixta 22750135 s
レシピを見ていると「ひたひたの水で…」「かぶるくらい水を注いで…」などという表記に出会うことがあります。

具体的に何ccと書かれている訳ではないので、何となく調理しながらも、この分量でいいのかな?と疑問が残りますよね。かといって何ccと書かれていても、お鍋の大きさや形が違うと水の分量が変わりそうで気になるところ。

今回はそんな疑問を解決すべく、「ひたひた」と「かぶるくらい」の違いについてご紹介します。

「ひたひた」とはどれくらい?

Retina pixta 22572912 s
ボウルや鍋に「材料を平らに」入れて、そこに水を注いだ際に「材料の頭が見えたりかくれたりする位の微妙な量」を示します。素材の表面ぎりぎりまで、水がある状態です。

「ひたひた」である意味は?

「煮崩れしにくい」こと。

水分が少ない分、鍋の中で対流が生まれず、食材同士のぶつかり合いも避けられるため、煮崩れしにくいというメリットがあります。
カボチャやじゃがいも、里芋の煮物など、煮崩れしやすい野菜の調理によく出てくる表記です。

「かぶるくらい」とはどれくらい?

Retina pixta 17253500 s
ボウルや鍋に材料を平らに並べ、水を注いだ時に「材料の頭が水から出ない」量を「かぶるくらい」と言います。並々と水が注がれている訳ではなく、材料全体が「ぎりぎり」水に浸かっている状態です。

「かぶるくらい」である意味は?

「全体にじわーっと味を染み込ませたい」ため。煮物をたっぷりの水加減で煮てしまうと、煮汁に旨味が逃げて味がぼやけてしまうそう。また、水加減が足りないと味が均一にならないことがあるそうです。

素材が水の表面から顔を出さず、全て浸かっている状態ですので、じっくり味を染み込ませたい時などは「かぶるくらい」で調理します。

おでんの大根などを調理する時などによく記載されていますね。

さらに「たっぷり」とはどれくらい?

Retina pixta 22578554 s
では、「たっぷりの湯を鍋で沸かし…」という表記に対してはどうでしょう?
具体的には、「材料全体がすっかり水の中に浸っていて、さらに十分な水があって材料が泳ぐ状態」です。

「たっぷり」である意味は?

「調理を手早く済ませ、食感を維持する」ため。

青菜などを下ゆでする際は、たっぷりの湯で調理しますよね。お湯を沸かすのに時間がかかるからと少ない湯でゆでようとすると、お湯の温度が下がりやすく調理に時間がかかります。時間をかけてゆでている間に、食感が落ちてしまうのです。

水の量はわかっても調理する時に気になるのが「吹きこぼれ」や「焦げ付き」

Retina delicia img 01
東京ガスの「ピピッとコンロ」には、自動でおまかせの便利な機能がいっぱいだから「おいしい!」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えます!
Retina merit img safe 04
「ひたひた」や「かぶるくらい」、「たっぷりの湯」で調理する時に気をつけたい「煮こぼれ」や「吹きこぼれ」。
万一炎が消えた時は「立ち消え安全装置」で自動的にガスを止めてくれます。

また、万が一鍋底が焦げはじめた場合は、センサーが検知して自動で消火。焦げ付きやすい煮込み料理も安心です。
Retina
煮物などを作る時は「調理タイマー」がおススメ。設定した時間になると音でお知らせして自動消火してくれるので、煮込み料理を焦げつかせるなどの心配もなく便利です。

お湯が沸くと自動消火してくれる「沸騰自動消火」機能もついていますので、いつもの料理がとってもラクラクに!

おわりに

いかがでしたか?これからレシピの表記に「ひたひた」「かぶるくらい」と表記が合っても迷わずに済みそうですね。違いを理解して、ますますおいしくお料理できると良いですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

部屋の寒さ対策は100均で!「100均でできる寒さ対策」

24050view
2

「洗剤で洗うのはNG?」中華鍋の使い方&日々のお手入れのポイントは?

1144view
3

何が違うの?「植物性と動物性の生クリームの違い、ホイップクリームとは?」

692view
4

【風呂掃除の時短術】簡単にできる風呂掃除の<時短術5つ>

2875view
5

【簡単レシピ】野菜たっぷり!ベーコンのうまみの生きた「白菜スープ」

518view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード