更新日: 2016年12月16日
1281 view

授乳中の喫煙、赤ちゃんや母乳に影響はあるの?どうすれば影響を減らせる?

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんにとって悪影響。産婦人科でも、やめるよう勧められます。妊娠中はたばこを我慢できても、出産後の育児ストレスから喫煙してしまったというママも少なくないようです。授乳中もたばこをやめたほうが良いのでしょうか?赤ちゃんへの影響は?今回は、授乳中の喫煙の影響についてご紹介します。

授乳中の喫煙の影響とは?

Retina retina pixta 15943579 s
喫煙で肺に入った煙は、血液によって体中に運ばれます。これは、呼吸で肺に入った酸素が、血液中の二酸化炭素などと交換されるのと同じ仕組みによるものです。

母乳は血液で作られています。授乳中に喫煙をすると、ニコチンなどの有害物質が混ざった血液で母乳が作られることになります。ニコチンが混ざった母乳を赤ちゃんが飲んでいることを想像してみてください。赤ちゃんがニコチン中毒になっては大変ですね。

授乳中の喫煙により、母乳が出なくなることも!

Retina pixta 16291904 s
たばこには、母乳の分泌を抑制させる働きがあるそうです。

たばこに含まれるニコチンは、血流を悪くする働きがあります。血流が悪くなることで、血液から作られる母乳の生産がうまくいかなくなり、母乳の分泌量が低下することもあるんだとか。

喫煙は、母乳の質だけでなく量にも影響するんですね。

赤ちゃんへの受動喫煙のリスクも!

Retina pixta 18298071 s
受動喫煙により、乳幼児突然死症候群(SIDS)、気管支喘息、呼吸器疾患、肺炎、アレルギーのリスクが高まると言われています。

また、ニコチンが混ざった母乳を赤ちゃんが飲むと、不機嫌になったり、不眠、嘔吐、下痢などの症状が出ることもあるそうです。

家族に喫煙者がいる場合は、赤ちゃんの傍では絶対に吸わない、喫煙後に赤ちゃんに触れる際は手を洗うなどを心掛けてくださいね。

おわりに

Retina retina pixta 9562742 s
授乳中のママの喫煙の影響は大きく、赤ちゃんにとって害があるものばかりです。赤ちゃんはたばこの影響から逃げる術がありません。育児中ストレスを感じてタバコを吸いたくなったら、他の方法で発散するよう心掛け、短い授乳期間を楽しんでくださいね。

参考:厚生労働省「たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

99652view
2

【油こし、水切り、◯◯に!?】コーヒーフィルターの活用法4選

21700view
3

【捨てられない&溜ってしまう】「紙袋」の活用術<整理整頓・インテリアなどに>

22684view
4

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

2695view
5

木、プラスチック、大理石、まな板の材質はどう選ぶ? 使い分けの方法とは?

1274view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード