更新日: 2016年11月28日
1099 view

我が子の園でも始まる!?知っておきたいなかよし給食とは?

なかよし給食とは、アレルゲンを取り除いた給食を全員に提供し、アレルギーのある子もない子も、みんな同じ給食を食べるというもの。大阪の保育園で導入され、全国で取り入れる保育園が増えています。一体どのような給食なのでしょうか。詳しくご紹介します。

なかよし給食の始まりとは?

Retina pixta 15108945 s
アレルギーのある子の食事は、原因となるアレルゲンを除いた食事になりますよね。

数年前、ある大阪の保育園で、いつも一人だけお弁当を持参していたアレルギーのある園児が、「みんなと同じ給食が食べたい」と言ったそうです。
その一言から、先生たちは奮闘し、園児全員の給食をアレルギー対応食に切り替えました。

みんなで同じ給食を食べられることから「なかよし給食」と名付けられたのだそうです。

普通の給食の問題点とは?

Retina pixta 8229180 s
アレルギー対応の給食を提供する保育園や学校では、通常の給食もアレルゲン除去の給食も、できるだけ同じような見た目になるように作られています。つまり、パッと見の外観では区別がつかないのです。

調理員が誤ってアレルゲンの除去を忘れてしまった場合、見た目が変わらないので保育士が気付くことができません。また、配膳時にミスをしてしまう可能性もあります。

アレルギーのある子供が、アレルゲンが含まれた普通の給食を誤食してしまうリスクもあり、問題視されることも。

なかよし給食、どのように作られている?

Retina pixta 11220405 s
なかよし給食は、どのように作られているのでしょうか。

例えばシチューなら、牛乳の代わりに豆乳を、小麦粉の代わりに米粉を使います。パンは小麦粉の代わりに米粉を使うことで、安心して食べられます。牛乳を使わないのでカルシウム不足が心配ですが、じゃこなど他の食材で補っているんだとか。

アレルゲンを取り除いて他のものに替えるだけでなく、栄養バランスもきちんと考えてメニューを考えているんですね。

メリットの多いなかよし給食

Retina pixta 15108879 s
厚生労働省・調査研究班の調査※によると、1年間で約3割の保育園で、食物アレルギーの誤食事故を経験をしているそうです。
園児みんなに同じ給食を出せるようになると、先生や調理師たちの心理的負担も減りますね。

アレルギーのある子どもたちは、自分だけが他の子と違うものを食べていることから辛い思いをしたり、他の子を羨ましく思うこともあるようです。

なかよし給食では、数が少ない除去食ではできなかった「おかわり」も自由にできるようになり、みんな同じものを食べられる喜びを味わうことができます。給食の時間をみんなが笑顔で過ごすことができそうですね。

※参考:厚生労働省・調査研究班「21年度 保育所におけるアレルギー対応についての調査結果」

おわりに

最近全国に広がってきている「なかよし給食」いかがでしたでしょうか。
誤食を防ぐだけでなく、みんなで同じ料理を食べられる喜びを味わうというメリットもあるんですね。みんなが笑顔になれるなかよし給食、広まっていくと良いですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

ちょっとしたコツで「アジサイ」の切り花を長持ちさせる水揚げの方法3つ

1174view
2

完璧じゃなくても大丈夫! 子育てと仕事を両立するコツ

3820view
3

夏に食べたい涼菓子!「わらび餅」と「関東と関西の葛餅」の違い

720view
4

常温保存はNG!?「麦茶」を作る時の注意点と<保存>について

5293view
5

使わない人が増えている? 三角コーナーを使わないメリット5つ

48247view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード