更新日: 2017年12月18日
1865 view

「○○は江戸時代からの薬用酒!」体に嬉しいメリット7つと豆知識2つ

毎年ご自身で漬けているという方もいらっしゃるのでは?実は梅のお酒は、江戸時代から薬用酒として飲まれており、体に嬉しいメリットがあるんです。

リラックス効果

Retina pixta 23197213 s
独特の芳醇でフレッシュな香りを好んで飲んでいる方も多いのでは?

このフレッシュな香りは「ベンズアルデヒド」という芳香成分によるもの。この成分にアロマテラピー効果があると言われており、リラックス効果が期待できるそうです。女性に好まれるのは、このためかもしれませんね。

食欲増進

Retina pixta 1133586 s
酸味には、唾液や胃液の分泌を促す作用があると言われています。唾液や胃液の分泌が増え、胃の働きが高まることで、食欲増進効果があるそうです。
会席料理などで食前酒として提供されるのも頷けますね。

疲労回復

Retina pixta 25074358 s
梅のお酒に含まれるクエン酸には、疲労回復効果を期待できます。
疲労の原因は、体内に溜まった乳酸。クエン酸は乳酸を分解する働きがあるそうです。

疲れたなと感じた日には、飲むと疲れを癒してくれそうですね。

便秘解消

Retina pixta 25595088 s
梅のお酒には「ピクリン酸」という成分が含まれています。ピクリン酸には、胃腸の働きを活発にする働きがあり、便秘解消効果が期待できるそうです。

適量のアルコールは身体を温める効果があります。冷えが便秘の原因の場合は、冷えを改善することで便秘解消効果も期待できそうですね。

美肌効果

Retina pixta 11856264 s
梅の持つクエン酸は、老廃物の排出を助ける働きがあるともいわれています。血液をサラサラにして血流を促す働きもあるため、代謝が上がり、老廃物の排出がスムーズになることで美肌につながるんだとか。

さらにクエン酸には、カルシウムや鉄分などの体に吸収されにくいミネラルを包み込んで、体に吸収されやすい形に変える働きがあります。これを「キレート作用」と呼びます。

キレート作用の働きにより、梅の中のカルシウム、マグネシウムの吸収がしやすくなり、肌の新陳代謝が良くなることで美肌に効果があるそうです。

二日酔いしづらい

Retina pixta 21694509 s
ピクリン酸には、肝臓機能を高める効果も期待できると言われています。肝臓機能を高めることで、アルコールの分解作用を高め、二日酔いになりにくいのだとか。

そうは言っても飲み過ぎれば二日酔いになることはあります。飲み過ぎには注意してくださいね。

カルシウム吸収促進

Retina pixta 10262404 s
梅のお酒自体にもカルシウムが含まれていますが、先にあげた「キレート作用」で、カルシウムの吸収を助ける作用があると言われています。

カルシウムを摂取しながら、さらにカルシウムの吸収を助けてくれる梅のお酒。おつまみにもカルシウムが豊富なものを選べば、カルシウム不足解消に一足買ってくれそうですね。

梅はそのまま食べられないから加工

Retina pixta 15763644 s
原料となる梅の実には、「青酸」という毒が含まれています。
これは、外敵から種を守る成分で、人間の体内に取り込んでしまうと、呼吸困難やめまいなどの症状を引き起こすことがあるそうです。

しかし、アルコール漬けにして加工することで、青酸が分解されなくなります。

1~2個食べて症状が出ることは少ないようですが、加工前の梅を子供が食べたりしないよう気をつけてくださいね。

江戸時代から薬用酒

Retina pixta 23197214 s
江戸時代になると、保存食や家庭薬として梅を利用するために、農家では梅が植えられたそうです。収穫した梅はそのまま食べることができないので、梅干しや梅のお酒に加工して保存されてきました。

数百年も前から庶民に親しまれてきたなんて驚きですよね。江戸時代の人と同じお酒を飲んでいると思うと、なんだかさらに味わい深く感じられませんか?

おわりに

美味しくて体に嬉しいメリットがあるなんて、なんだか得した気分になりますね。とはいえ、アルコール度数が低いお酒ではないので、飲み過ぎには注意してくださいね。

参考:日本洋酒酒造組合「梅酒とは」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール

356969view
2

たった数分で!? 【ちょこちょこ掃除】が鍵! 洗面所の掃除を簡単にする方法

8306view
3

注意! 冬に増加する入浴中の「ヒートショック」の症状とその対策

34331view
4

「牛乳は何を基準に選べばいい? 」牛乳の違いと選び方3つ

22977view
5

高齢者以外も注意!ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」による予防とは?

23767view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード