更新日: 2016年12月02日
2478 view

「カシミヤ」のお手入れはどうすればいい?カシミヤの良さをキープするお手入れのコツ

暖かくて冬のおしゃれ着に最適なカシミヤ。肌触り、ツヤも良く着心地も抜群だけど、お手入れに迷ったことはありませんか?高価な素材なだけに、毛玉やシミ、虫食いなどは避けたいですよね。カシミヤはお手入れ次第でぐーんと長持ちするそう。今回は、カシミヤのお手入れについてご紹介します。

カシミヤのお手入れのコツ

Retina pixta 1889741 s
暖かく、肌触りも良いカシミヤ。デリケートな素材なので正しくお手入れを行わないと、傷みやすくなってしまいます。今回は、カシミヤのお手入れのコツ5つをご紹介します。

コツ1 : 汚れ、ホコリをつけたまま保管しない

41z2zo7ygnl 出典:https://www.amazon.com/
着脱時に発生する静電気などで、チリやホコリ、毛や他の繊維などの汚れが付着します。そのままにしておくと汚れや毛玉の原因に。

着用後は形を整えて、柔らかな天然繊維のブラシでブラッシングしましょう。合成繊維のブラシを使用すると、静電気が発生しやすく傷みの原因になってしまいます。カシミヤには、やわらかい馬毛のブラシが適しているそうですよ。

コツ2 : 撥水性の弱い素材なので水分がつかないようにする

カシミヤは撥水性(水を弾く力)が弱いため、水分が付着すると輪染みを起こす可能性があります。水分は早めに拭きとり、汗などが直接つかないように着用します。着用・お手入れ後は、よく乾かして収納しましょう。

コツ3 : シミができてしまったら

Retina pixta 21779331 s
万が一カシミヤにシミができてしまったら、すぐにカシミヤ用の染み抜きや部分洗いをしましょう。時間が経つと取れなくなる上に、シミの部分が虫食いの原因につながることが。

シーズンが終わったら、保管する前に必ず自宅で洗ったりクリーニングへ出して、きれいにした上で保管しましょう。またカシミヤは虫に食われやすいもの。「防虫剤」「防湿剤」を一緒に入れて、次のシーズンまで保管しましょう。

コツ4 : 洗うのは自宅?クリーニング?

Retina pixta 21527260 s
カシミヤは水に弱い素材なので、頻繁に手洗いしたり、クリーニングに出すのは風合いを損ねる恐れがあります。クリーニングが必要な場合は、カシミヤのクリーニングに実績のあるお店にお願いできると安心ですね。

クリーニングから戻って来たら、風通しの良い所で風に当ててから保管するようにしましょう。

コツ5 : 着用頻度を守る

カシミヤは一度着用したら1〜2日休めましょう。連続して頻繁に着用すると、毛玉や型くずれの原因になる可能性があります。

1〜2日休ませると、カシミヤの繊維は湿気の吸収や発散を繰り返し、元の状態に自然と戻ろうとする力が働きやすいようです。

着心地は最高だけどお手入れはまめに!?カシミヤのメリット・デメリット

Retina pixta 19959529 s
着心地は最高だけど気になるメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

<軽さと保温性、保湿性に優れた素材>
カシミヤの繊維は、外気を遮断し放熱を抑える特徴があります。繊維内に空気を含んで暖かい空気を内へと溜めこみ、温かさを保つことができるそうです。

<肌触りのよさ、弾力性に優れ型くずれしにくい>
カシミヤの繊維は、ウールなど他の獣毛繊維に比べて非常に細くしなやかで、皮膚刺激が少ないため、柔らかな肌触りが特徴です。
また伸縮性に優れ、そのしなやかさから型くずれしにくい特徴もあります。

デメリット

Retina pixta 26245018 s
<毛玉が発生しやすい>
カシミヤの繊維は摩擦により絡みやすく、毛玉を引き起こしやすい特徴があります。

<丁寧な扱いが必要>
デリケートで水に弱い素材のため、ウールのニットより丁寧に扱う必要があります。

ブラッシングすることで、着用後の繊維の毛羽立ちや絡まりを防いでくれ、繊維に付着した汚れを落としてくれます。毛玉や洗濯の手間を軽減するためにも、着用後のひと手間を習慣化できると良いですね。

おわりに

いかがでしたか?上質な素材と言われているカシミヤ。お手入れに戸惑うこともあったかもしれませんが、正しいお手入れをすることで長持ちするようです。お気に入りのカシミヤの製品を長く楽しめるとよいですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「残りご飯の冷蔵保存はNG?!」残りご飯の<NG保存方法>と<上手な保存方法>

158391view
2

余ったあんこの<正しい保存方法>&<ちょっとした使い道>

1034view
3

みんながハマる!?つけおきするだけでお風呂場を簡単にピッカピカにする方法

1106820view
4

【平均はいくら? いつから渡す?】子どもに「お小遣い」を渡す時のコツ9つ

2234view
5

【靴の臭いとさようなら】お手軽&効果的な<靴の消臭方法>5選

4769view

おすすめ記事

今晩のヒートショック予報 ~自分も離れて暮らす家族にも!今すぐできる「ヒートショック対策」~

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

おすすめキーワード