更新日: 2016年12月05日
47745 view

焦げた臭いに要注意!ドライヤーの<ほこり掃除方法>&保管する時のNGとは?

ドライヤーを使っていると、時々焦げたような臭いがすることはありませんか?そんな時は要注意。もしかするドライヤーの中でほこりが焦げているのかもしれません。発火などの恐れもありますので、ドライヤーのほこりは定期的に掃除しましょう。今回は、ドライヤーの<ほこりの掃除方法>と意外とやっている<NGな保管方法>をご紹介します。

ドライヤーのほこりの掃除方法

Retina pixta 20314757 s
ドライヤーのほこりを掃除する方法は、大きくわけると以下の3つです。

◯準備
◯ほこりの掃除方法3つ
  1. 掃除機を使用
  2. 綿棒を使用
  3. スクリューブラシ、古歯ブラシを使用

ドライヤーのほこりを放置したまま使用すると、発火したり火災の原因になってしまうこともあるようです。定期的なお掃除を心掛けてくださいね。

また、長くドライヤーを使うために、保管する際の注意点もご紹介します。

参照 : パナソニック「ドライヤーのお手入れ方法を教えてください。」

<ドライヤーのほこり掃除>掃除する準備

Retina pixta 10678227 s
使用直後はドライヤーが熱くなっていて、やけどの恐れがあり危険です。ドライヤーが完全に冷めてから掃除を始めましょう。掃除を始める前に、以下の準備をしておきましょう。

・フィルターや送風口カバーは外す。

・本体側面に貼られている警告や注意書きのシールがあれば、内容を確認しておく。

<ドライヤーのほこり掃除>掃除方法3つ

それではさっそく掃除をしていきましょう。

1. 掃除機を使用

掃除機を使用する場合は、ハンディタイプがあると軽くて便利かもしれません。掃除機の吸い取りノズル部分を細めのものに交換し、フィルターや送風口にたまったほこりを一気に吸い取ります。

この方法は、比較的ほこりの量が少ないときや、まだあまりこびりついていないような時に有効な方法です。

2. 綿棒で掃除する方法

Retina %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab 000
やや湿らせた綿棒を使用する方法です。

綿棒を湿らせ、ほこりなどが引っかかっているフィルターや、送風口の編み目の部分をくるくる回しながら撫でていきます。ほこりがよれて糸状になり、綿棒に付着してとれていきます。

最後に冷風の状態で一度ドライヤーのスイッチを入れると、とれかかっていたほこりなども飛ばせます。ほこりをご自身が吸い込まないよう、注意してくださいね。

3. スクリューブラシや使い古した歯ブラシを使用

Retina pixta 9504624 s
眉毛を整える時になどに使うスクリューブラシや、使い古した歯ブラシを使う方法です。
スクリューブラシは送付口のほこりに、歯ブラシは後部のフィルターのほこりの掃除におすすめです。

くるくる回しながら、ほこりをかき出すように動かします。力を入れず、軽くなでるように行いましょう。

ドライヤーを保管する時にやりがちなNG行動とは?

Retina pixta 20314758 s
続いて、ドライヤーを保管する時にやりがちなNG行動をご紹介します。

コードを本体に巻き付ける

ドライヤー本体とコードの接続部分で断線が起き、故障の原因になることがあります。接続部分に無理な力がかからないよう、コードを巻きつけて保管することは避けましょう。コード部分だけゆったりと束ねるなどし、保管するのが良いでしょう。

湿気の多い場所で保管しない

水分がつきやすい場所で保管し、中に水滴が残っている状態で起動した場合、故障や感電の恐れがあります。

コンセントを挿したまま保管

何かの拍子にスイッチが入り、そばに燃えやすいもの(ティッシュなど)が合った場合、大変危険です。使用後はコンセントを抜いて保管しましょう。

ドライヤーのほこりをつきにくくするには

Retina pixta 22177115 s
保管時に戸棚や引き出しなど、扉や蓋のある場所での保管がおすすめです。

また保管場所には、湿気のない場所を選びましょう。ドライヤーを普段使用する部屋も、湿気の少ない部屋で使う方が、ほこりが沈着しにくいようですよ。

まとめ

いかがでしたか?実は意外とたまりがちなドライヤーのほこり。ほこりが付着したまま使用すると、風量が落ちてしまい髪を乾かすのに時間がかかったり、ドライヤーが壊れやすくなってしまうそうです。掃除をする頻度は、月に1度ぐらいが良いようですよ。意識してみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

お風呂の「ピンク汚れ」はカビじゃなかった! ピンク汚れの原因・落とし方・予防法

104175view
2

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

18761view
3

知らないと損! 重曹よりも最強のお掃除洗剤と話題なのは●●だった

112251view
4

【検証】自宅で美味しいピザを焼くには「魚焼きグリル」が最適!?

904view
5

実は見落としているかも? トイレ掃除のポイントは「壁」だった

21788view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード