更新日: 2017年01月05日
5554 view

<え?デメリットも!?>時短勤務のメリットとデメリットとは

産休や育休を終え職場復帰を考えている方にとって、時短勤務はとてもありがたい制度ですね。しかし時短勤務については、メリットだけでなく、デメリットも把握しておきたいものです。そこで今回は、時短勤務を検討されている方に、時短勤務のメリットとデメリットについてご紹介します。

時短勤務を取ることのデメリットとは?

Retina pixta 24332173 s

1. 収入が減る

労働時間が短くなるわけですから、その分減収になるのは否めません。

保育園などに預けて働く場合は、保育料が必要になるため、収入が減って支出が増える分、それまでに比べて経済的な負担が大きくなります。
また会社の制度にもよりますが、退職金がその分少なくなるというケースが多いようです。

2. 夫との分担が不公平になりがち

Retina pixta 24887741 s
妻が時短勤務を取得した場合、家庭と仕事との両立はしやすくなりますが、その分、家事・育児の負担が妻に偏りがちです。時短勤務の妻が平日の家事・育児を一手に引き受けることも多いよう。

結果として、夫が順調にキャリアアップしていく中、妻のキャリアアップは遅れてしまうことも。自分も仕事に注力したかったと後悔する人も少なくないようです。

3. 仕事へのモチベーションが下がることも

Retina pixta 25949815 s
時短勤務で、労働時間が短縮された分、仕事量や仕事内容が、以前とは変わってしまう場合も多いようです。仕事内容によっては物足りなさを感じ、仕事に対するモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれません。

4. 周囲との関係性が変わることも

時短勤務ということで、その分周りの人にしわ寄せが行ってしまうことも少なくありません。

子育てをしていると、子供の急病など突発的なことが起こりやすいもの。遅刻、早退、欠勤で他の人に迷惑をかけてしまうことも。

今まで以上に、普段から職場の人への情報共有をしっかりしておくこと、また、万が一の時に一時的にでも、自分がいなくても業務がまわる仕組みを作っておくなどの対策も必要になってきます。

■時短勤務のメリットについて

Retina retina imasia 14619865 s  1

1. 仕事と育児の両立がしやすい

労働時間が短縮された分、フルタイム勤務に比べて育児に時間をかけることができます。 実際、フルタイムで働きながら、育児と家事をこなすことは至難の業。肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。時短勤務によって、それらの負担を軽減し、柔軟な働き方ができるのはありがたいですね。

2. キャリアを継続できる

Retina pixta 25374785 s
出産・育児を理由に慣れ親しんだ職場や仕事を離れることなく、キャリアを継続できるのはありがたいですね。時短勤務だからこそ、効率を考え成果を出している方もいるようです。いずれはフルタイム勤務に戻ることを目標に、キャリアを継続できるといいですね。

3. 年金はそのまま

時短勤務になると、その分、給与が下がるために、社会保険料として支払う金額も下がります。しかし、時短勤務期間中も、時短勤務を利用する前に支払っていた社会保険料と同額を支払っているとみなす特例措置を受けることができるために、年金の受給額に影響はありません。

出典:厚生労働省「短時間勤務制度について」

おわりに

いかがでしたか?時短勤務は、育児をしながら働く場合には、うれしい制度ですね。デメリットはありますが、工夫次第で克服することができるかもしれません。小さい子どもの育児をしながら働く期間は、振り返ればあっという間です。これまでの働き方を見直す機会と前向きに捉え、ご自身にあった働き方が見つかるといいですね。

あわせて読みたい

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【網戸の汚れを楽して落とす!】網戸が汚れる原因と簡単な掃除方法4つ

115820view
2

正しく使えてない人が7割も!?「マスクの付け方」をしっかり確認&やりがちなNG行動とは?

41475view
3

【デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違い】知っておきたい製法や特徴

34194view
4

酒やみりんの順は? 意外と知らない! 料理の「さしすせそ」「入れる順番とその理由」

23147view
5

知らないと怖いブルーライトの影響! 実験でわかった、オススメの疲れ目解消法とは?

1170view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード