更新日: 2017年01月10日
1178 view

いつもと違った味わいに!知っておきたい砂糖の使い分け

砂糖にはさまざまな種類がありますね。砂糖を使い分けることによって、料理の味を格段に引き立たせてくれます。砂糖の使い分けは難しくなく、それぞれの砂糖の特徴を押さえておけばOKです。 そこで今回は、砂糖の主な種類と、それぞれの砂糖がどんな料理に適しているのかについてご紹介します。

<砂糖の使い分け1>白砂糖(上白糖)

Retina retina pixta 10437232 s
どんな料理にも使える、砂糖の中では万能といえる存在です。需要も多く、市場で最も多く流通しているのが白砂糖です。製造工程で糖液をまぶしているため、しっとりした風味が特徴です。

適度な甘味が、料理の素材をうまく引き出すことができ、煮物やすき焼きなどの和食を中心に、幅広い料理に使用できます。
砂糖の使い分けに迷ったら、上白糖を使えばまず大きな失敗はなさそうです。

<砂糖の使い分け2>グラニュー糖

Retina pixta 21689600 s
粒子が細かくサラッとしていて、あっさりした甘みが特徴です。コーヒーや紅茶など、飲み物の甘みを加えるためによく使用されます。

きめが細かいので、ムースやメレンゲを作るときにも重宝され、素材を生かしたケーキなどの洋菓子づくりに最適な砂糖です。

日本では砂糖というと上白糖を指しますが、海外ではグラニュー糖の方が消費量が多く、砂糖と言えばグラニュー糖を指すそうです。

<砂糖の使い分け3>三温糖

Retina pixta 14005889 s
三温糖は、さとうきびから砂糖を作る過程でつくられる「結晶」と「糖液」のうち、「糖液」を煮詰めて作られます。煮詰めて結晶を取り出す作業を繰り返すことで、三温糖特有のカラメル色がつくのだそう。

カラメル特有の風味があり、甘味が強く感じられます。佃煮やサバの味噌煮をはじめ、和食の煮物料理によく使われます。

<砂糖の使い分け4>黒糖

Retina retina pixta 19859460 s
原料は白砂糖と同じサトウキビですが、さとうきびを絞った汁を煮詰めて作ります。製造方法が白砂糖とは異なるため、各種ビタミン・ミネラル分が豊富です。 沖縄県や鹿児島県で作られています。

独特のコクと風味があるため、そのコクや風味を活かした料理によく使われます。素材の繊細な味を活かしたい料理は、黒糖のコクに負けやすいので不向きです。

豚肉の角煮、カレーの隠し味などによく使われています。かりんとうや駄菓子づくりにもよく使用されます。

<砂糖の使い分け5>てんさい糖

Retina pixta 24035739 s
北海道で生産される「てん菜(さとう大根)」が原料です。カブのような根っこ部分から糖分を抽出し、糖液を煮詰めてつくります。

オリゴ糖や各種ミネラルを含み、風味やコク、まろやかな甘さが特徴です。 白砂糖と同様に、幅広い料理に使用することができるそうです。

おわりに

いかがでしたか?普段何気なく使っている砂糖。ここではほんの一部をご紹介しましたが、さまざまな種類と特徴があります。砂糖の使い方次第で、いつもの料理の味とは一味違った、新しい味に出会えるかもしれませんね。

参考:農林水産省「食材まるかじり」
参考:独立行政法人 農畜産業復興機構「砂糖」

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

「残りご飯の冷蔵保存はNG?!」残りご飯の<NG保存方法>と<上手な保存方法>

158391view
2

余ったあんこの<正しい保存方法>&<ちょっとした使い道>

1035view
3

みんながハマる!?つけおきするだけでお風呂場を簡単にピッカピカにする方法

1106820view
4

【平均はいくら? いつから渡す?】子どもに「お小遣い」を渡す時のコツ9つ

2234view
5

【靴の臭いとさようなら】お手軽&効果的な<靴の消臭方法>5選

4769view

おすすめ記事

今晩のヒートショック予報 ~自分も離れて暮らす家族にも!今すぐできる「ヒートショック対策」~

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

おすすめキーワード