更新日: 2017年03月03日
4099 view

きのこの上手な保存方法と賞味期限、注意点など「きのこを水で濡らしてませんか? 」

旨味たっぷりで栄養価も高いきのこ。炒め物や煮物、鍋物などさまざまな調理方法で楽しめますよね。使いやすいからまとめ買いして、上手に保存したいもの。そこで今回は、<きのこの上手な保存方法と賞味期限、注意点>、<美味しいきのこの選び方>をご紹介します。

<きのこの保存方法の前に>水洗いには注意が必要

Retina pixta 9080601 s
きのこは、菌糸と菌糸が繊維のように組み合わさってできている植物です。きのこに水をかけると、その菌糸の間に水が入り込み、香りを飛ばし、食感がふやけたようになりやすいとか。そのため、美味しくきのこを食べるために、きのこは水で洗わないほうが良いと一般的に言われています。

ただし、きのこの食べる部分に泥や土などがついている場合は、洗い落としておきましょう。その場合、他の野菜を洗う際のように水をたくさん使って洗うのではなく、汚れている部分をさっと水で洗うに留めておきましょう。

また、洗った後は、キッチンペーパーなどで水分を拭き取るようにしてくださいね。

<きのこの上手な保存方法1,2>冷蔵保存(生・干し)

Retina pixta 13715985 s

生のきのこを冷蔵保存

生のきのこは、石づきをつけたまま、ジッパー付きのビニール袋に入れたり、ラップで包んだりして野菜室で保存します。湿気を吸ってくれるので、新聞紙に包んで冷蔵保存するのも良いようです。

3〜4日程度はもつようですが、早めに食べるようにしましょう。


干したきのこを冷蔵保存

きのこを干して保存する場合は、食べやすい大きさにカットした後、ザルに並べて天日干しします。暑い時期は約1日、寒い時期は3日程度干しましょう。

干しきのこの保存期間は、干した時間や乾燥具合によって異なります。干し椎茸の場合1年ほど保存できるようですが、やはり早めに使い切る方が風味は良いようです。

<きのこの上手な保存方法3>冷凍保存

Retina shutterstock 273104291
いろいろなきのこを食べやすい大きさにし、きのこミックスにして、冷凍保存するのもおススメです。保存期間は1ヶ月ほどで、使いたい時に使いたいだけ使えて便利です。

きのこの石づきを切り落とし、食べやすい大きさに切ったり手でほぐします。ジッパー付きのビニール袋に入れ、冷凍庫で保管すればOKです。

とっても簡単ですね。きのこをまとめ買いして冷凍しておけば、使いたい時にさっと使えて便利ですね。

解凍するとその間に旨味が水に溶け出してしまうので、調理する際には凍ったまま、スープや炒め物に入れるのがよいようです。

美味しいきのこの選び方

Retina pixta 26004838 s
美味しい椎茸・エリンギ・舞茸・しめじ・えのきの選び方をご紹介します。

○椎茸:かさの裏が白く、肉厚なもの、乾燥してないもの

○エリンギ:傘がしなびれてなく、ふちが内側に巻き込み、柄が白くて太く固いもの

○まいたけ:かさに部分が色が濃く、肉厚で、触るとパリッと折れそうなもの

○しめじ:かさに弾力があり肉厚で、かさと柄がしっかりしていているもの

○えのき:色が白く、傘と柄がしなびれてなく、シャキッとしてハリがあるもの

上記を参考に、新鮮なきのこを選んでみてくださいね。

おわりに

今回は、きのこの上手な保存方法と賞味期限、注意点、美味しいきのこの選び方をご紹介しました。栄養満点で美味しいきのこ。ぜひ上手に保存してくださいね。


参考: JA全農長野「きのこ一覧」
参考:農林水産省「野菜の選び方」

きのこを使ったレシピのご紹介

きのこは低カロリーで調理方法もバリエーション豊か。そんな<きのこの旨味を噛みしめる>レシピ7つご紹介します。

食べ方も栄養も豊富!メインから副菜まで<きのこの旨味を噛みしめる>レシピ7つ

Retina foodpic7286338

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

少しの工夫で大きく変わる! 毎日のお風呂掃除を効率よくする方法

58298view
2

【子供に教えられる?】空が青い理由と夕焼けが赤い理由

4503view
3

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

179157view
4

ほっこりした甘さに癒される! さつまいもの秋スイーツレシピ5選

2598view
5

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

114303view

おすすめ記事

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード