更新日: 2017年02月15日
1495 view

ランドセルっていつ買うの?【まだ早いorもう遅い?】気になる購入時期は?

保育園や幼稚園の最終学年になり、少しずつ入学準備をと考えているご家庭も多いですよね。小学校入学といえば、まずは「ランドセル」。ランドセルはいつ頃購入するのが良いのでしょうか。今回は<ランドセルの購入時期>についてご紹介します。

ランドセルはいつ買うべき?買うべきタイミングは4つ

Retina pixta 18217635 s
お子さんにとっても、パパママにとってもわくわくする入学準備の一つ、「ランドセル選び」。小学校入学はひとつの節目となる一大イベント。ランドセルを背負う姿は、お子さんの成長を感じますね。

みなさんは、一体どんなタイミングでランドセルを購入しているのでしょうか?
時期は大きく4つに分かれるようです。

1, 6月〜7月の新作発表時期
2, 10月〜早割等のキャンペーン時期
3, 年末、年始の帰省時に祖父母と
4, 2〜3月のセール時期にお値打価格で 

では、詳しくそれぞれの時期についてご紹介します。

<ランドセルをいつ買う1>6月〜7月の新作発表時期

Retina pixta 19983980 s
ランドセルの新製品が発表され、百貨店や量販店に特設の売り場が開設されるのがこの時期です。メーカーによっては生地見本のついたカタログを配布したり、展示会を行ったりと情報を得やすい時期です。

実際に触ったり重さを確かめることももできます。一度売り場や展示会には足を運んでみると、選び易いかもしれません。「これだ!」というランドセルに出会えたら、そこで予約購入も可能です。

オーダーメードのランドセルは、この時期ぐらいから準備を進める人が多いようです。オーダータイプのランドセルを検討している方は、早めに動きましょう。

お子さんの心変わりに注意

この時期にランドセルを購入したあと「やっぱり違う色が良いといわれた」なんてこともあるそう。お子さんの性格や周りのリサーチも重ね、万全にしておきたいですね。

<ランドセルをいつ買う2>10月〜本格的に購入者が増える

Retina pixta 19891586 s
一般的に一番購入者が多いのがこの時期だそう。

11月中の購入に「早期割引」を実施している店舗やメーカーも。お得なキャンペーンで購入するのもいいですね。

ただ、人気のモデルはこの時期には予約受付が終了している場合もあるんだとか。カタログで気に入ったものがあれば、この時期まで待たずに予約注文を済ませておくのが良いかもしれません。

年明けは卒園や入学準備で忙しくなることも多いもの。パパやママが忙しいご家庭は、この時期までに選んでおくと安心ですね。

<ランドセルをいつ買う3>年末年始の帰省時期に

Retina pixta 21017839 s
年末年始で帰省のタイミングで、おじいちゃんおばあちゃんにランドセルを購入してもらうご家庭も多いようです。この時期に初売り特売をするメーカーもあります。

この時期に買うメリットは、使用感や重さなどをイメージしやすいこと。育ち盛りのお子さんは、身長や体つきが変わるのが早いもの。この時期になると、入学時期の体型や身長に近くなり、実際に背負った感覚やイメージがしやすくなります。

帰省時に買う場合は、事前に帰省先のランドセル売り場の状況をリサーチしておくと安心です。お目当てのメーカーの取り扱いがなかった、という残念な結果は避けたいですね。

<ランドセルをいつ買う4>2月〜3月 セール時期

Retina pixta 13186077 s
この時期に購入するメリットは価格です。

各メーカーから在庫処分が行われている時期でもあるので、しっかりした作りで高めのお値段のランドセルが、定価より2割〜3割引きで販売されていることも。

ただ、好きな色、人気な色やデザインは既に完売している可能性が大いにあります。

せっかく長く使うランドセル、好みの色やデザインが選べないというのは残念ですよね。早めのリサーチ、準備をしておくほうが安心かもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?
最近はランドセルのデザインや色もさまざま。各メーカーが工夫を凝らしたランドセルを販売しています。長い年月をともに過ごすランドセル。お気に入りのランドセルが見つかると良いですね。

あわせて読みたい

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【午後早めの時間帯に要注意!】子どもと川遊びを安全に楽しむための<5つのルール>

1759view
2

掃除や芳香剤にも? <石鹸の意外な活用方法>暮らしの中で使える4つの方法とは?

1414view
3

使わない人が増えている? 三角コーナーを使わないメリット5つ

48714view
4

ちょっとしたコツで「アジサイ」の切り花を長持ちさせる水揚げの方法3つ

1610view
5

夏に食べたい涼菓子!「わらび餅」と「関東と関西の葛餅」の違い

1019view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード