更新日: 2018年03月13日
4346 view

【レシピ】お子さんでも楽しんで作れる?「わんぱくホットサンド」

グリルで出来るホットサンドです。お子さんが楽しんで作れるアイデアがいっぱい! 【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

Retina foodpic7487363

「わんぱくホットサンド」の材料(4人分 )

食パン(8枚切り)・・・8枚
アスパラガス・・・8本
スライスチーズ・・・8枚
ハム・・・2枚
プチトマト・・・8コ
溶き卵・・・適量

【工程1】

食パンは耳を切り落とします。

【工程2】

アスパラガスはかたい部分とはかまを取ります。
鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を加えてやわらかくなるまで茹で、ザルにあげます。
冷めたら縦半分にして、スライスチーズの長さに合わせて切ります。

【工程3】

1にスライスチーズ、2、スライスチーズの順でのせます。
同じ要領でスライスチーズ、ハム、スライスチーズの順にのせ、各2組作ります。

【工程4】

食パンのふちに溶き卵を塗り、食パンをかぶせてサンドします。
菜箸で四方をしっかり押さえて閉じます。

【工程5】

グリルで焼きます。

両面焼きグリル (グリルプレートを入れて) 予熱2分 上・下弱火 約3分

【工程6】

半分に切って皿に盛り、プチトマトを添えます。

「わんぱくホットサンド」のコツ・ポイント

・食パンはスライスチーズ、ハムをのせた時にバランス良く仕上がるので8枚切りを使用します。

・菜箸で四方を押さえる時に、勢いよく押し過ぎると、食パンが裂けてしまうことがあるので注意しましょう。又、両面を押さえると形良く仕上がり、やわらかい食パンだと更に綺麗に仕上がります。

・焼き時間は目安です。機種によっても火力が違いますので、こんがりと焼き色がつくまで様子を見ながら焼きましょう。

・両面焼きグリルは水を入れる必要がないので、食パンはカリッとした食感に焼き上がり、返す手間もいりません。

おわりに


今回ご紹介したレシピは「ガスコンロの便利機能」などを活用した、簡単レシピとなっています。

「ガスコンロ」には、自動でおまかせの便利な機能がいっぱいだから、「おいしい!」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えます!


“魚を焼く”イメージの強いグリルですが、実は“家庭の調理器具のなかで”もっとも短時間で高温になるのはご存知ですか?

ガスコンロのグリルは“直火”であること& オーブン等と比べ“庫内もコンパクト”なので、点火から2分と待たずに庫内温度を300℃以上の超高温に上げることができます。
そのため、一気に表面を焼き、食材の旨みをギュッと閉じ込めることができます。

高温でおいしく焼けるピザやトーストもおすすめです!


また、設定した時間になると自動で消火してくれる「調理時間設定(タイマー)」機能がついていますので、焼き過ぎの心配もなく安心です。

両面焼きグリルは、水入れ不要で&ガスの直火で両面同時に焼き上げるから、裏返す手間もなく、調理時間は片面焼きの約2/3に!


そのほかにも、設定した温度に火力を自動調節・キープしてくれる揚げ物や焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでご飯が炊ける「自動炊飯」機能まで調理をサポートする機能がいっぱい!いつもの料理がとってもラクラクに!

ガスコンロを使いこなせば、調理グッズをたくさん買い揃えるよりも、時短&上手に料理ができますよ!

(※各機能は搭載されていない機種も一部あります。各画像は調理イメージです。)

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

洗剤のつけおきでトイレの臭いも汚れもごっそり落ちる! プロが教える「正しい掃除方法」

139305view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

290282view
3

【知っておきたい】地震の時にエレベーターに乗っていたらどうすればいい?

6908view
4

【色が違うだけ? 】ピーマンとパプリカの違いについて

55561view
5

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

149200view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード