更新日: 2017年03月14日
2056 view

【オリーブレシピ】オリーブが効いてるおつまみからイタリアンまで「オリーブレシピ」6選

3月15日は、「オリーブの日」なんです。昭和天皇が1950年に小豆島で、オリーブの種を撒いたことが由来となっているそうです。今回は、そんな「オリーブの日」にちなんで美味しい「オリーブレシピ」をご紹介します。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

ふっくらもっちり!二種類のチーズの深み「アンチョビとオリーブのピザ」

Retina retina foodpic7489405
手ごね生地をふっくらもっちり香ばしく焼き上げます。アンチョビとブラックオリーブ。2種類のチーズがアクセントに。ビールにもぴったりです。

【ダッチオーブンレシピ】ダッチオーブンで簡単!ボリュームたっぷり「贅沢フォカッチャサンド」

Retina retina foodpic7489556
生地の間にチーズ、ソフトサラミ、オリーブをサンドしたボリュームのあるフォカッチャです。ダッチオーブンサイズに大きく仕上げます。

お酒の肴にもピッタリ!「イタリアンチップ」

Retina retina foodpic7489369
生ハム、ブラックオリーブなどを春巻きの皮に包んで揚げます。ビールにもワインにも合う一品です。

グリルで本格の味!「鶏肉のグリル タプナードソース添え」

Retina retina foodpic7489489
グリルで焼いた鶏肉にオリーブ、ニンニク、アンチョビを入れて作ったソースを添えます。手軽に出来ておもてなしにぴったりです。

アンチョビが香るトマトソース!「焼き舞茸のプッタネスカ」

Retina retina foodpic7489525
プッタネスカは「娼婦風」の意味があり、アンチョビやケイパーの味を効かせ、オリーブの実を使った代表的なトマトソースです。このトマトベースのソースに両面焼きグリルで焼いて旨みが凝縮した舞茸をたっぷり入れました。

ドライトマトとオリーブで大人の前菜!「ひよこ豆のペースト バゲット添え」

Retina retina mainimage de1001938
ひよこ豆のペーストにドライトマトとオリーブを加え、赤と緑のアクセントに…。トーストしたバゲットを添えて素敵な前菜に仕上げます。

おわりに

Gas stove img
今回ご紹介したレシピは「ピピッとコンロ」を活用した、簡単レシピとなっています。

「ピピッとコンロ」には、自動でおまかせの便利な機能がいっぱいだから、「おいしい!」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えます!
Gas stove img
「魚を焼く」イメージの強いグリルですが、肉や野菜料理、トースト、ケーキなど、つくれる料理は多種多様!揚げ物の温め直しまで幅広く活用できる、実はとっても万能な調理機器です。

ガスのパワーで短時間で焼き上げ、食材の旨みをギュッと閉じ込めることができるので、いつものお料理がもっと簡単&スピーディーになります。
Gas stove img
そのほかにも、設定した温度に火力を自動調節・キープしてくれる「温度調節」機能や、お湯が沸くと自動消火してくれる「沸騰自動消火」機能、設定時間で自動消火してくれる「調理タイマー」など、ピピッとコンロには賢い調節機能が満載。いつもの料理がとってもラクラクに!
Gas stove img
ガスコンロを使いこなせば、調理グッズをたくさん買い揃えるよりも、時短&上手に料理ができますよ!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107072view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24621view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48734view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19838view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37506view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード