更新日: 2018年06月22日
27695 view

簡単なのに効果大!【和食の盛り付けのコツ5選】

気合を入れて和食を作ったのに、盛りつけて見たらなんだか彩りも悪いし、地味な感じが・・・。なんて経験はありませんか? ちょっとしたコツを押さえれば、和食も上手に盛り付けることができます。【和食の盛り付けのコツ】をご紹介します。

【和食の盛り付けのコツ1】和食の盛り付けの基本は「3」

Retina pixta 21532962 s
PIXTA
和食は「三角形」に盛り付けましょう。美味しく見せるには、立体感を出し、お皿に余白を残すのがコツ。三角形や山型を意識するとバランスが取りやすいです。

天ぷらなどを盛りつける時は、食材を三角形になるように立たせて盛り付けることで、立体感が出て見栄えも良くなります。

お刺身などを盛りつける時も「三種盛り」がおすすめ。三角形に配置すると、バランス良く見えますよ。

【和食の盛り付けのコツ2】高さを意識する

Retina pixta 15771740 s
PIXTA
和食を盛り付ける時は、高さを出して、立体的に盛りつけることを意識しましょう。立体的に盛り付けることで、見栄えが良くなり、上品さが出ます。

ほうれん草のお浸しなどは、切り口をそろえて盛り付けると、美しい仕上がりになります。この時も高さを出すように意識しましょう。

【和食の盛り付けのコツ3】「天盛り」でワンランクアップ

Retina pixta 20688948 s
PIXTA
和食には、「天盛り」という盛り付けの方法があります。

天盛りとは、煮物や酢のもの、和え物などを盛り付ける際、その上に香物や薬味をのせることを言います。彩りや香りを添えたり、旬の薬味をのせることで季節感を出すことができるんです。サバの味噌煮の細切り生姜や、お浸しの上に盛り付ける削りカツオなどがこれにあたります。

天盛りには、お客さんや食べる人に対して「まだだれもこの料理に手を付けていません」というおもてなしの意味もあるそうです。

【和食の盛り付けのコツ4】焼き魚の盛り付け方

Retina pixta 8116122 s
PIXTA
シンプルな焼き魚ですが、ポイントを押さえると美しく盛り付けることができます。

焼き魚を盛り付ける時は「頭は左で腹が手前」に置くのがルールです。また、お皿に対して斜めに盛り付けることによって、お皿の空白部分が広くなり、キレイに見えるそうです。

【和食の盛り付けのコツ5】「掻敷(かいしき)」

Retina pixta 23914743 s
PIXTA
「掻敷(かいしき)」とは、紙や植物の葉、草花など使った添え物のこと。料理の下に敷いたり横に添えて、季節感や清潔感を表現します。紙のものを「紙掻敷」、植物のものを「青掻敷」と呼びます。

焼き魚の下に笹の葉を、天ぷらを盛り付ける際に和紙を料理の下に敷くだけで、ぐっと見栄えが良くなります。ご家庭でも簡単にできそうですね。

【和食の盛り付けのコツ6】器の選び方

Retina pixta 27475559 s
PIXTA
料理をキレイに盛り付ける際、どんな皿を使用するかも大切なポイントです。

冬は暖かみがあるもの、夏は涼しげなものなど、季節に合わせて選ぶのがおすすめです。冬は厚手の器や少しボコボコした手触りの器、夏は薄手の磁器や錫、白い陶器やガラスの器などが良いですね。

おわりに

見た目が地味になりがちな和食も、盛り付け方のポイントを意識することで、より美味しく見せることができます。普段の家庭料理にも活かせたら、食卓が華やかになりそうですね。ぜひ試してみてくださいね。

毎日の献立に役に立つ! ご飯のおともにもピッタリな定番の和食のおかずレシピを9つ紹介します。ぜひ作ってくださいね。

毎日のおかずや常備菜に最適! 定番和食レシピまとめ9選

Retina mainimage de1001473

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

541976view
2

放っておくと後で困る・・・お風呂場のドアの掃除方法

465851view
3

【いきなり焼くのはNG!? 】食パンの焼き方をマスターして朝食がひと味変わる!

452127view
4

意外と知らない「そうめん・ひやむぎ」の違い&歴史と「色付き麺」の由来

187125view
5

「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の差は? 16種類の「日本酒の種類と違い」を解説

325848view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード