更新日: 2017年03月29日
5162 view

これだけでやる気アップ!? 片付けのモチベーションをあげる方法とは

部屋を片付けたいけど、モチベーションが上がらない・・・。なんてことはありませんか? やらなくてはいけないとわかっているけど、なかなか重い腰が上がらない。そう思っているうちに、どんどん散らかってしまうことも。実は片付けのモチベーションを上げるには工夫が必要です。今回は<片付けのモチベーションをあげる方法>をご紹介します。

片付けのモチベーションをあげるには

Retina pixta 22574136 s
やらなくてはと思っても、なかなか取り掛かれない片付け。
片付けのモチベーションをあげるには、

● 片付けに対する心構えを持つこと
● 具体的な片付け方法

について理解しておきましょう。

この2つには、誰でも実行できそうなヒントがたくさんあります。
早速それぞれを詳しく見ていきましょう。

片付けのモチベーションをあげる心構え

「片付けのモチベーションを上げる心構え」にはどんなことがあるのでしょうか。
2つのポイントをご紹介します。

1, 理想の部屋のイメージをしっかり持つ

Retina pixta 21903094 s
片付けのモチベーションをあげるには、理想の部屋のイメージを持つことが大切です。

まず、きれいな状態の部屋の写真を撮っておきましょう。きれいに片付いた後の部屋のイメージが持ちやすく、モチベーションアップにつながりそうですね。
また、インテリア雑誌から好みの写真を見つけて、こんな部屋にしたいというイメージを持っておくのも良いそうです。

部屋が散らかってきたらその写真を見て、きれいな部屋でくつろぐ様子をイメージしてみましょう。なんだかやる気が出そうですね。


2, 片付けできたらご褒美!

Retina pixta 26052302 s
「片付けが終わったら、きれいな部屋でゆっくりケーキを食べよう! 」「本棚のスペースが片付いたら、欲しかった本を一冊買おう」

このように、ちょっとしたご褒美を用意するのもモチベーションアップにつながります。

お子さんと一緒に片付ける場合は、お子さんの好きなおやつを用意して、終わったらそれを一緒に食べよう!と頑張るのも良いですね。
Retina pixta 28334411 s
2つのポイントに共通するのは、片付けに対して前向きなイメージを持つこと。

片付けというと、「面倒」「大変」などマイナスなイメージが先行してしまいがちではありませんか? こうなると、どうしても腰が重くなってしまいます。

片付け後のポジティブなイメージを持つことで、前向きに取り組めると良いですね。

片付けのモチベーションがあがる【具体的な方法】

片付け作業を進めるときに、片付けのモチベーションを上げる方法があります。具体的に見てみましょう。3つの方法をご紹介します。

1, 片付けの範囲を狭くする、狭いところから取りかかる

Retina pixta 25568836 s
「今日はここだけ片付けしよう! 」と狭い範囲に限定して片付けを始めてみましょう。目的とゴールが見えやすく、モチベーションが上がってスムーズに進みますよ。

「片付けするなら、あの部屋もこの部屋もついでに」と考える方も多いかもしれませんね。
しかし範囲が広すぎると、「あそこもここも掃除するのか…」「まだ半分も終わってない…」と気持ちが先に疲れてしまいます。

片付けの範囲を狭めて、予定していた時間より早めに終わるくらいがちょうど良いかもしれません。「よし!もう1か所片付けようかな」とさらに意欲が湧きますよ。


2, 音楽をかける

Retina pixta 20509922 s
軽快な楽曲をBGMとして流してみましょう。手を動かしていても、耳で楽しむことのできる音楽は、片付けしながらでも楽しめます。好きな歌を歌いながらなら、楽しく片付け出来そうですね。

音楽を流す場合は、テンポの良い音楽を流すこと。テンポに合わせてテキパキと手を動かせたら、片付けもはかどるかもしれませんよ。


3, まずは行動あるのみ! 頭で考え過ぎず手を動かしてみる

Retina pixta 23494232 s
片付けようと思っても、片付けプランを練ることに時間がかかり過ぎてしまい、結局行動に移せない、という方もいるのでは?

まずは手と体を動かして、とりあえず片付けに取り掛かってしまうのも手です。

特に寒い時期などは、片付けも億劫になりがちですね。一旦体を動かしてしまえば、身体も温まって行動力が上がり、モチベーションアップにもつながるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?片付けのモチベーションを上げるには、「心構え」と「具体的な方法」がありました。

「理想の部屋のイメージをしっかり持つ」
「ご褒美を用意する」
「片付けの範囲を狭める」
「音楽を流す」
「まず手を動かす」

始める前は億劫でも、動き出すと意外に進んだりするかもしれません。やっぱり片付いたお部屋で過ごすのは気持ち良いもの。気持ちや行動のハードルを下げて、楽しく片付けが進むと良いですね。

あわせて読みたい

【お手伝いは何歳からがベスト?】子供にお手伝いを頼む<適齢期>と<ポイント>

Retina pixta 17287987 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【網戸の汚れを楽して落とす!】網戸が汚れる原因と簡単な掃除方法4つ

116834view
2

正しく使えてない人が7割も!?「マスクの付け方」をしっかり確認&やりがちなNG行動とは?

42243view
3

【デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違い】知っておきたい製法や特徴

34615view
4

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因と対策「ヒートショック予報」の活用とは?

12793view
5

酒やみりんの順は? 意外と知らない! 料理の「さしすせそ」「入れる順番とその理由」

23353view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード