更新日: 2017年04月17日
21071 view

子ども名義の銀行口座を開く際に要注意! そのメリットとデメリット

子どものお年玉やお祝い金を管理したい、教育資金を貯めたい、将来子どもに渡せるように貯めておきたい・・・。きっかけはそれぞれですが、子どものために子ども名義の銀行口座に開設することは、さまざまなメリットがあります。しかし、デメリットについてもきちんと把握しておくことが大切です。そこで今回は、あらかじめ知っておきたい<子ども名義の銀行口座を開く際のメリットとデメリット>についてご紹介します。

まずは、子どもに銀行口座を作るメリットについて

Retina pixta 1766188 s

1. 子どものためのお金を管理しやすい

児童手当をはじめ、お年玉、入園祝いや入学祝いなど、子どものためのお金をもらう機会は、意外とたくさんあるものです。

これらを子どもの将来のための貯蓄に回そうとする際、子どもの名義で銀行口座を作っておくと、子どものためのお金として管理することができます。

子どもの将来のために貯蓄するつもりで、親名義の銀行口座に一緒に預けると「この分は子ども用」と分けて管理するのは難しいですよね。

同じ銀行口座で管理するとなると、いつの間にか親のお金との区別がつかなくなり、他の用途に使ってしまっていた!ということにも。
Retina pixta 29458446 s
子どものためにもらったお金は、子ども名義の銀行口座で分けて管理しておくと、「いつの間にか使ってしまう」といった事態を回避しやすいです。また、お金を工面しなければならない事態に遭遇した場合でも、「これだけは手をつけまい」という抑止力も働きやすくなりそうです。

子どものお金を引き出しにくくする方法として、あえてキャッシュカードを作らない方法もあります。キャッシュカードがなければ、子ども用の銀行口座からお金を引き出す場合は、窓口で手続きを踏む必要が生まれるので、子どもの口座に手を付けることもなくなりそうですね。


2. それ相応のまとまった金額を貯蓄できる

Retina pixta 8826734 s
毎月コツコツと子ども用の銀行口座に貯金しておくと、子どもが成人するときに、学費や結婚資金として、まとまった金額の貯蓄を作ることもできますね。ただし、贈与税の関係から、年間の貯蓄額を一定額以下に抑える必要があります。


3. 子どもへの金銭教育につながる

口座を開設し、一定の年齢になったら自分で貯金額や利用額を管理することは、子どもにとっても良い経験になります。自分のお金であることを自覚して、「自分で責任を持って管理する」とお金に対する意識を高めることに繋がると良いですね。


4. 資産運用でNISAの非課税枠を利用することも

未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)を使うことも可能です。年間投資額の上限は80万円で、非課税投資枠から得られた譲渡金や配当金に対して税金が非課税となります。ただし、原則18歳になるまでは、引き出すことができないなどの条件があります。

※利用額や利用期間は時期によって異なりますので、金融機関にご確認ください。


5. 贈与税の特例を活用

結婚や子育てにかかる資金であれば、1000万円までを子や孫(20歳以上50歳未満)にまとめて贈与しても贈与税はかからないという制度が平成27年4月1日に設立されています。1年間で110万円を超える金額を贈与すると、(使い途によっては)通常は贈与税がかかってしまいますが、この制度を利用すれば、1000万円を子に渡したとしても、贈与税がかかりません。

活用するためには、注意事項がいくつかありますが、子ども名義の口座を開設して預ける必要があります。


参考:内閣府「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置について」

参考:国税庁「贈与税がかかる場合」

子どもに銀行口座を作るデメリットについて

Retina pixta 16138544 s

1. 贈与税の支払い義務が生じる場合がある

子ども用に銀行口座を作って、将来子どもにその銀行口座を譲渡する際、一定以上の金額を貯金していた場合、贈与税の支払い義務が生じることがあります。通常は、1年間で110万円を超える金額を贈与すると、(使い途や過去の贈与額により)贈与税がかかることも。

2. 子どもの成人後は、親が管理できない場合も

子どもが未成年の間は、親が代理人となって、子ども名義の銀行口座を管理することができ、入金や出金なども自由にできます。
しかし子どもが成人してからは、親がお金を引き出すのに子供の委任状が必要になるなど、子どもの確認がなければ出金させてもらえない場合があるので注意が必要です。

子どもの銀行口座の開設方法

Retina pixta 19086620 s
銀行によって、年齢制限や必要な書類などが異なるため、詳細については、開設を希望する銀行に確認しましょう。ネットバンクの中には、18歳未満の子どもの銀行口座開設を受け付けていないところもあるようです。

またどの銀行も、印鑑や親と子ども双方の本人確認書類が必要になるので、口座開設の際は準備しておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?将来のために蓄えがあると、やはり安心ですね。子どものための銀行口座を作る場合は、メリットとデメリットをきちんと知って、上手に活用出来ると良いですね。

あわせて読みたい

【平均はいくら? いつから渡す?】子どもに「お小遣い」を渡す時のコツ9つ

Retina retina pixta 24439765 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107173view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24744view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48837view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19924view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37588view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード