更新日: 2017年05月12日
7962 view

【お風呂のはなし5話】爽快! 朝シャワー

眠い朝もシャワーがあればシャキッとスタート!朝シャワーの効果、浴び方のコツについてご紹介します。【監修:東京ガス都市生活研究所】

【5話】 目覚めには朝シャワー

Retina retina in ill 05
朝からシャキッと活動したい!でも朝が苦手で…。そんな裏腹さんは、一度朝シャワーをお試しください。朝シャワーは水流と温度の刺激で交感神経を活発にし、血圧を上昇させてくれます。

熱めで強めのシャワーは目覚め効果がバツグン。仕事の効率もグッとあがるかも!?

5話では朝のエンジンがかかりづらい人におすすめの「爽快!朝シャワー」についてお話します。

「爽快!朝シャワー」

Retina in graf 05 b
朝シャワーの爽快感は朝の定番・コーヒーよりも高く、疲労感もやわらげてくれるというデータが出ています。
Retina in graf 05 a
また、シャワーの目覚め効果は抜群で、半身浴や全身浴と比べても最高血圧の増加量が高いことがわかります。

【目覚めの朝シャワー】

朝が苦手という人はもちろん、午前中を効率的に過ごしたいという人にもおすすめの朝シャワー。浴び方のコツをご紹介しましょう。
Retina in ill 05

【目覚めの朝シャワー】

シャワーの温度を少し熱めの41℃程度に設定し、水流をできるだけ強くして、首、肩、背中にかけて3~5分浴びます。

【目覚めのツボ】

うなじの少し上から背中にかけて目覚めを促すツボがあります。ここに冷水を20~30秒当てると眠気がよりスッキリ。
目の疲れを感じる方は、まぶたにも冷水をやさしく当ててください。

※ 血圧が高めの方や心臓疾患のある方は医師にご相談ください

おわりに

朝の定番・コーヒーよりも効果が高い朝シャワー。ぜひお試しくださいね。

監修:東京ガス都市生活研究所

あわせて読みたい

Retina retina in ill 06
Retina retina idx bg

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

お風呂の「ピンク汚れ」はカビじゃなかった! ピンク汚れの原因・落とし方・予防法

113559view
2

実は見落としているかも? トイレ掃除のポイントは「壁」だった

23142view
3

知らないと損! 重曹よりも最強のお掃除洗剤と話題なのは●●だった

113400view
4

体臭予防の鍵はシャワーの浴び方? 体臭が発生する原因&対策方法

86280view
5

【何が違うの?】植物性と動物性の生クリーム・ホイップクリーム

55716view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード