更新日: 2017年06月05日
3510 view

キチンと知ってる? 「こんにゃく」の適切な保存方法とは

煮物や鍋でよく使う「こんにゃく」。ヘルシーで家計にもやさしい「こんにゃく」は嬉しい材料ですよね。料理にちょっとだけ使いたくても、開封後の正しい保存方法が分からず無駄にしてしまった経験はありませんか?今回は<余ったこんにゃくの保存方法>についてご紹介します。

<保存方法の前に>そもそもこんにゃくの材料って何?

Retina pixta 9344057 s
こんにゃくの原材料は、「こんにゃく芋」というサトイモ科の球茎です。

こんにゃく芋はデリケートな作物で、こんにゃくの材料となるまでに2〜3年かかるそうです。収穫後も腐りやすく保存が難しいため、昔はこんにゃくはこんにゃく芋が採れる秋限定の食品だったそうです。

1700年代に、こんにゃく芋を乾燥させて粉にした「精粉(せいこ)」からこんにゃくを作る製法が発見され、精粉は保存が可能なことから一年を通してこんにゃくが食べられるようになったと言われています。

現在は、精粉に石灰水を加えて固める製法が一般的ですが、この製法が発見されるまでは、生もしくは茹でたこんにゃく芋をすりおろして作られていたようです。

<こんにゃくの保存方法>こんにゃくを開封する前

Retina pixta 27638409 s
「直射日光、高温多湿を避けて保存」と書いている商品は、直射日光が当たらなければ、冷蔵庫で保存しなくても、常温で保存することが可能です。

ただし、メーカーや製品によって適切な保存方法が異なるので、表示をしっかり確認しましょう。

<こんにゃくの保存方法>こんにゃくを開封した後

Retina pixta 1570643 s
こんにゃくが余ってしまったら、袋に入っていた「封入水」とこんにゃくを容器に入れて、表面が乾かないようにラップして、冷蔵庫で保存しましょう。封入水を捨ててしまった場合は水でも代用できるようです。

保存したこんにゃくは使う前に傷んでいないか確認し、2〜3日のうちに使い切るようにしましょう。

<こんにゃくの保存方法>こんにゃくを茹でた後

Retina pixta 27131321 s
茹でたこんにゃくは、茹で汁と一緒に冷蔵庫に保存することができるそうです。
保存後は、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

<こんにゃくの保存方法>こんにゃくは冷凍できるの?

Retina img
こんにゃくは、冷凍保存が可能。ただし、解凍すると冷凍前の弾力ある食感には戻らず、スポンジのようになります。

スポンジ状になることから煮汁が染み込みやすく、生のこんにゃくとは違う、お肉のような食感が楽しめます。あえてこんにゃくを凍らせる「凍りこんにゃく」という料理もあります。余ったこんにゃくを冷凍保存し、別の料理に使用するのも良いかもしれません。


冷凍こんにゃくの作り方

1. こんにゃくを好みの大きさに切って冷凍する
2. 自然解凍するか、流水で解凍する
3. キッチンペーパーで水気を切って、料理に入れる

おわりに

独特な食感のこんにゃくは、料理に少し入れるだけでもアクセントになります。ちょっとだけ使いたい時に、開封後の正しい保存方法を知っていると便利です。開封したこんにゃくを保存するときは、早めに使い切るように心がけてくださいね。

参考:日本こんにゃく協会「こんにゃくができるまで」

あわせて読みたい

ヘルシーで常備菜にもぴったり! 「こんにゃくレシピ」5選

Retina retina retina foodpic7550948
低カロリーでヘルシーな、こんにゃくを使ったレシピをご紹介します。常備菜にもぴったり、ピリ辛でお酒に合うレシピも。ぜひお試しくださいね!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【柔軟剤の使いすぎ注意! 】バスタオルの毛羽落ちの原因&対策とは

1631view
2

実は具材の違いじゃない?「つくね」と「つみれ」の違いについて

1189view
3

使わない人が増えている? 三角コーナーを使わないメリット5つ

53014view
4

【湯船 VS シャワー】どっちがお風呂のガス代はお得なの?

4818view
5

「衣類の黄ばみ」の原因と対処法&意外とやりがちな<NG保管法>

1635view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード