更新日: 2017年07月07日
6875 view

苦手な逆上がりをカンタン克服! 〜逆上がりのコツと教え方〜

幼稚園〜小学校までの体育の授業で行われる「鉄棒」。その中でも子どもが最初に難しいと感じる技の一つが「逆上がり」ですね。コツさえ掴めば簡単ですが、出来るようになるまで時間がかかってしまう子も多いようです。そこで今回は<逆上がりのコツと教え方>についてご紹介します。

逆上がりのコツと教え方1<鉄棒の持ち方>

Retina pixta 2939624 s
逆上がりをするときの鉄棒の持ち手には「順手」と「逆手」があります。
順手は手の甲を「上」にした握り方、逆手は手の甲を「下」にした握り方です。

持ち手はどちらでも、本人がやりやすい方法でOK。
逆手は順手以上に腕力を使い、落下の危険もあるので腕力に自信のない子には順手で練習するのが良いようです。

逆上がりのコツと教え方2<足を上に蹴り上げる>

Retina pixta 22371385 s
足は真上(頭上)に蹴り上げます。
逆上がりができない子の多くは、足を斜め前方に蹴り上げてしまい、身体が斜め上へ流れてしまうため回転することができません。まずは、足を真上に蹴り上げる感覚を覚えさせましょう。

逆上がりのコツと教え方3<腕を伸ばさない>

Retina pixta 959311 s
腕は伸ばさないようにしましょう。
腕が伸びると体が鉄棒から離れてしまいます。逆上がりは体を鉄棒に近づけなければ回転しづらくなるので、腕が伸びないように肘は曲げたままにします。

腕が伸びてしまう原因の一つとして筋力不足も考えられるのでその場合、鉄棒を使って斜め懸垂などを行って筋力アップを図るのも良いようです。

逆上がりのコツと教え方4<足を蹴り上げたら膝を曲げる>

Retina pixta 861017 s
足を蹴り上げた後は、膝を曲げて(抱え込むようにして)回転します。膝を曲げることで、重心が下がった頭の方にいくので回転がスムーズになります。
上手くできない場合は、蹴り出す瞬間に腰を持って回転の補助をしてあげると、感覚が掴めるかもしれません。

身体が反ってしまい回転するのが苦手な場合もあります。マット運動の「後転」は逆上がりにつながる動きになるので、後転で身体が後ろに回る感覚を練習するのも良いそうです。

逆上がりのコツと教え方5<起き上がる>

Retina pixta 20871780 s
身体が上がり、鉄棒に体重をあずけたら、起き上がって着地します。

写真のようにおへその下で身体を曲げてぶら下がり、逆さになった状態から起き上がります。このぶら下がった状態を「ふとん干し」と言い、起き上がるのが苦手な場合は、この状態から身体を起こす練習をするとよいようです。

おわりに

Retina pixta 2939606 s
今回は逆上がりのコツと教え方をご紹介しました。
出来るようになれば簡単な逆上がりも、最初はやっぱり難しいもの。焦らず、親子一緒にゆっくり練習していきましょう。

参照:文部科学省「技の指導の要点 鉄棒運動」

あわせて読みたい

【生きる力を育む!】子どもと一緒に料理するメリット7つ

Retina retina retina pixta 17253578 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

そんな使い方があるの? 万能な掃除アイテム「重曹」の使い方17選

25160view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

296263view
3

ゴシゴシこすらなくていい!? 上履きの正しい洗い方を知って驚きの白さに!

121265view
4

意外と知らない!? 地震の時に安全な【家の中の場所】はどこ?

38797view
5

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

151514view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード