更新日: 2017年07月18日
2450 view

どのタイプの掃除機が人気? 【紙パック式とサイクロン式の違いとメリット、デメリット】

掃除機を選ぶ際に「紙パック式掃除機」か「サイクロン式掃除機」のどちらにしようか迷ったことはありませんか? どちらが良いか分からず、何となく選んでしまって後悔したり・・・。そこで今回は「紙パック式掃除機」と「サイクロン式掃除機」の違いとメリット、デメリットをご紹介します。

「紙パック式掃除機」のメリット・デメリット

Retina pixta 16058636 s

紙パック式掃除機のメリット

・紙パックを外したら、そのままゴミとして捨てることができるため衛生的。

・紙パックがいっぱいになるまで、ゴミを捨てる必要がないので手間がかからない。
 (紙パックの交換頻度は機種や使用頻度によって異なります)

・紙パックがフィルターの役割を果たしているので、フィルター掃除が不要。


紙パック式掃除機のデメリット

・紙パックにゴミが溜まると吸引力が低下する。

・吸った空気は紙パックの中を通って排気されるため、ニオイの原因になることがある。

・紙パックを購入する手間と、購入費用がかかる。

「サイクロン式掃除機」のメリット・デメリット

Retina pixta 21537662 s

サイクロン式掃除機のメリット

・掃除機内に溜まったゴミをこまめに捨てることができる。

・排気が吸ったゴミの中を通らないので、排気のニオイを抑えられる。

・紙パックを購入する必要がなく、交換の手間がかからない。

・ゴミを捨てる(ダストカップ・フィルターの掃除をする)度に吸引力が戻る。


サイクロン式掃除機のデメリット

・定期的なダストカップ、フィルターの掃除が必要。

・ゴミを捨てるときにホコリが舞いやすい。

「紙パック式掃除機」と「サイクロン式掃除機」を比較!

Retina pixta 8058210 s

「紙パック式掃除機」が向いている人とは?

・多少紙パックのコストがかかっても、掃除機内のゴミを捨てたりフィルター掃除の手間を少しでも省きたい方。


「サイクロン式掃除機」が向いている人とは?

・排気のニオイや、空気が汚れるのが気になる方。
・ペットを飼っていて、ペットの毛が大量に出るご家庭。
 (紙パック式では交換頻度が増えがちなので、交換の手間と費用がかかるため)
・紙パック購入の費用や手間を省きたい方。

掃除機を選ぶときのポイント

Retina pixta 28127738 s
紙パック式掃除機、サイクロン式掃除機に関わらず、掃除機を選ぶ際のポイントをおさえておきましょう。

1. 吸引力(吸込仕事率)

「吸引仕事率」はJIS規格により定められ、掃除機が空気を吸い込む力を表す指標のことを言い、「W(ワット)」で表します。吸引力の目安になるので、掃除機を選ぶ際は確認しましょう。

実際に掃除機をかける場所や掃除機のノズル、ゴミの溜まり具合などによって吸い取り具合が変わってくるので、目安として参考にするのもよいかもしれません。


2. 掃除機の重さ・サイズ

Retina pixta 9682967 s
日々のお掃除で使うものなので、持ち運びやすさや収納のしやすさなど、使い勝手を考慮して選びましょう。

戸建住宅にお住まいの方などは、階段の持ち運びなども考慮して、実際に持ってみて、重さやサイズ、動かしやすさを確認しておきましょう。


3. ノズルの種類

広い床面や家具と壁のすき間など、掃除機をかける場所によって掃除しやすいノズルが異なります。ご自身が掃除機をかける時に、使いやすいノズルが内蔵されいてる掃除機を選びましょう。

スティックタイプ、ロボットタイプなど人気の掃除機とは?

Retina pixta 25854693 s
掃除機にはさまざまな種類があります。
上の写真のようなスティックタイプも人気のようです。他にも、人気のロボットタイプやハンディータイプなどもありますね。

具体的にどのタイプの掃除機が人気があるのでしょうか?
GfK Japan調査の「2016年 家電・IT市場動向・掃除機の市場規模推移」によると、販売台数割合は以下のようになっています。

1位:シリンダ(キャニスター)タイプ (46%)
2位:スティックタイプ (33%)
3位:ハンディータイプ (15%)
4位:ロボットタイプ (5%)
5位:その他 (1%)

1位はシリンダ(キャニスター)タイプでしたが、スティックタイプは前年比19%増、ロボットタイプは前年比11%増と伸びてきているそうです。

出典:GfK Japan「2016年 家電・IT市場動向・掃除機の市場規模推移」

スティックタイプやロボットタイプの掃除機を使い分ける

Retina pixta 22775611 s
スティックタイプとロボットタイプの掃除機は、キャニスタータイプに比べコンパクトで収納スペースも取らないのが魅力です。

メインの掃除機とは別に、ちょっと気になる汚れをさっと掃除したい時にスティックタイプを使用したり、不在時の掃除はロボットタイプにお任せするなど、二台目(サブ)として使い分けしている方も増えてきているようです。

おわりに

Retina pixta 16058672 s
今回は「紙パック式掃除機」と「サイクロン式掃除機」の違いとメリット&デメリット、掃除機のタイプ人気順などについてご紹介しました。掃除機は生活空間をきれいにしてくれる欠かせない道具ですね。使い勝手やライフスタイルに合わせて、選ぶ際の参考にしてみて下さいね。

参考:パナソニック「掃除機 徹底比較」

あわせて読みたい

「その掃除機の使い方あってる?」節電もできる<掃除機の上手な使い方>7つ

Retina retina pixta 26040350 s

【いきなり掃除機はダメ!? 】効果的な「フローリング掃除」の<意外な手順>

Retina retina pixta 10542114 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

98312view
2

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

29845view
3

秋を感じる「さつまいも」を使った【ほっくり甘いレシピ】5つ

2697view
4

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

43268view
5

常温解凍はNG!? お肉を美味しく解凍するコツ

137473view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード