更新日: 2017年08月02日
632 view

手ぶらでキャンプ? ファミリーでも楽しめる【グランピング】の魅力とは?

「グランピング」ってご存知ですか? テントの組み立てなど面倒な準備が必要ないキャンプ、アウトドア体験として注目をあびています。 大自然の中で手軽に泊まることができる「グランピング」は、家族旅行でもオススメ。今回は、最近話題の【ファミリーグランピングの魅力】についてご紹介します。

ファミリーにおススメ!? グランピングとは何?

Retina pixta 31131704 s
グランピングとは「グラマラス(魅力的)」と「キャンピング」をかけ合わせた造語。ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中でキャンプができる体験型の旅行です。

テントの組み立てや食事の準備が必要なく初心者でも気軽に楽しめるので、近年注目を集めています。
Retina pixta 32024298 s
キャンプというと、事前に道具揃えの準備から、現地でのテント設営・食事の準備、そして後片付けから撤収と、慣れていないと大変なことも多いですよね。

そういった準備から片付けまでの手間がないのが「グランピング」。初心者の方やアウトドアが苦手な方でも、気軽に自然の中で楽しめることで人気を集めているようです。

グランピングの歴史

Retina pixta 28836716 s
「グランピング」という言葉はイギリス発祥であると言われています。グランピングは欧米で人気となり、日本にも急速に浸透してきているようです。

ファミリーグランピングの魅力1. 自然の中でのんびりする

Retina pixta 32507224 s
グランピングは宿泊施設や必要なものが既に準備されているため、テントの組み立てや食事の用意、後片付けは一切ありません。

キャンプなどに慣れていないパパやママでも、準備に追われることなく、到着後から子供と一緒にのんびり自然を満喫することができそうですね。

ファミリーグランピングの魅力2. 遊びながら自然を学ぶ

Retina pixta 7330335 s
グランピングは、安全な環境で自然を体験できるのも、家族で利用する方には魅力です。
Retina pixta 19179457 s
キャンプファイヤーや川下りなどに加えて、火起こし体験やDIY体験などを行っている施設もあるようです。楽しみながら親子で学ぶことができるのは魅力ですね。

ファミリーグランピングの魅力3. その土地の食材を味わう

Retina pixta 29395594 s
グランピングはその土地で採れた新鮮な食材を、その場で味わうことも。施設によっては、一流シェフが手がけたコース料理なども楽しむこともできるようです。また面倒な後片付けも必要ないので、心置きなく食事を楽しむことができそうですね。

おわりに

自然の中には 子どもたちにとって魅力的なものがいっぱいあります。
事前の準備や、グッズ購入などもあるキャンプ。初心者の方は、準備はおまかせで手軽に楽しめる「グランピング」を体験してみるのもいいかもしれませんね。

参考:一般社団法人 日本グランピング協会「グランピングについて知る」

あわせて読みたい

【子連れでキャンプ泊】「初心者」のための失敗しない<道具揃え>と<100均でも入手できるグッズ>

Retina retina pixta 21468727 s

「炭と薪では用途が違う?」<炭と薪の違い>と<火のつけ方>

Retina retina pixta 22994997 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

お風呂の「ピンク汚れ」はカビじゃなかった! ピンク汚れの原因・落とし方・予防法

107348view
2

【ランキング】お弁当に入っていると嬉しいもの!1位は定番のおかず! 3位に意外な◯◯が!?

1082view
3

体臭予防の鍵はシャワーの浴び方? 体臭が発生する原因&対策方法

85484view
4

【ほっとくだけ&洗い物も少ない】「グリル」で簡単【ホイル焼き】レシピ6選

18749view
5

実は見落としているかも? トイレ掃除のポイントは「壁」だった

22239view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード