更新日: 2017年09月25日
1058 view

【食育】フランス生まれの味覚教育「味覚の一週間」とは? 著名シェフによる特別料理教室もご案内!

子どもを取り巻く食環境が大きく変化してきた近年、日本では「食育」が注目されています。日本全国およびフランスで毎年10月に、五感を使って味わうことの大切さや食の楽しみを体験できる様々な取り組みが実施(開催)されているのをご存知ですか? 今回は、その取り組み「味覚の一週間」®についてご紹介します。

【食育が必要な理由とは】子どもたちを取り巻く食文化の乱れ

この十数年、社会の変化に伴い食の簡便化が進み、家庭の食生活や食習慣が激変しました。それらは子どもを取り巻く食環境にも大きく影響を及ぼしています。

インスタント食品やコンビニ弁当が一般的になる中、生活力の不足も懸念されています。

「味覚の一週間」は、フランス生まれの味覚教育(食育)

Retina pixta 30627519 s
1990年当時フランスでも、子どもたちを取り巻く食文化の乱れが深刻な問題となっていました。

次世代を担う子どもたちに、「フランスの食文化をきちんと伝えよう」という料理評論家でジャーナリストのジャン=リュック・プティルノー氏の思いを原動力とし、パリのシェフたちが一緒になり、「味覚の一日」を1990年に開催。子どもたちが五感を使って味わうことの大切さや楽しさを体験できる様々な食育活動を開始しました。
Chef home page 出典:http://www.legout.com/
La Semaine du Goût 2017 ホームページより
Slide 2 出典:http://www.legout.com/
La Semaine du Goût 2017 ホームページより
その2年後には10月第3週が「味覚の一週間」に制定され、年々その活動をフランス全土へと広げていき25年以上。毎年16万人以上の子どもが参加しています。


日本でも2011年より日本版「味覚の一週間」スタート

Main 2016 001re 出典:http://www.legout.jp/
味覚の一週間ホームページより
Main 2016 005 出典:http://www.legout.jp/
味覚の一週間ホームページより
Main 2016 008 出典:http://www.legout.jp/
味覚の一週間ホームページより
日本では2011年より日本版「味覚の一週間」®が本格的にスタートしました。

フランス、日本の両国で、「味覚の授業」®・「味覚の食卓」・「味覚のアトリエ」の3つの中心的活動により、子どもたちが五感を使って味わうことの大切さや楽しさを体験できる様々な食育活動を行っています。

味覚レッスンと調理実習「味覚のアトリエ」

1992年から子どもたちの「五感の育成」と「環境に配慮した食の自立」を目標として食育活動を開始し、今年で25周年を迎えた東京ガスも、「味覚の一週間」®に協賛しています。

期間中、東京ガス主催で「味覚のアトリエ」と題し、著名なシェフによる特別料理教室などを開催しています。


子どもの感覚を目覚めさせる「味覚のレッスン」

Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 022
五感について確認しながら、味覚については4つの基本味(「塩味」、「酸味」、「苦味」、「甘味」)に、日本に根付き、第5の味と言われる「うまみ」を加えた5味についての知識や味わうことの楽しみに触れる体験型学習です。

五感を研ぎ澄ませて味わい、おいしさの多様性を知ります。


五感で感じ取りながらの「調理実習」

Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 023
調理実習では、加熱中の食材の色や香り、かたさの変化などを、五感で感じ取りながら作ります。
Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 028
講師サイン入りのディプロム(終了証)ももらえます。

「味覚のアトリエ」に参加した子どもの変化

Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 025
(2014年 東京ガス「食」情報センター調べ)
Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 024
(2014年 東京ガス「食」情報センター調べ)
「味覚の一週間」の「味覚のアトリエ」に参加した子どもと保護者にアンケートを実施した結果、子どもは「味覚のアトリエ」に参加したことで、参加前よりも調理に興味をもつようになることがわかっています。

「味覚のアトリエ2017」開催のご案内

プロの料理人の味覚のレッスンや特別メニューによるデモンストレーションは必見!お子様が食や料理に興味を持つようになったというお声を多数いただいている、大人気のコースです。

親子で一緒にプロから学べる1年に1度きりのこの機会をお見逃しなく!


帝国ホテル田中総料理長による「親子向け特別教室」

Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 018
※過去の開催例
帝国ホテル総料理長 田中健一郎氏を講師に迎えて「味覚のアトリエ」を開催します。
皆様の多数のご参加をお待ちしております。

■開催日時: 2017年10月28日(土)10:30~14:00

■対象: 小学校3~6年生 とその保護者(2人1組) ※申し込み抽選
■メニュー: 秋鮭のアクアパッツア・トマトに詰めた蟹とアヴォカドのサラダ

■開催場所: 東京ガス スタジオ プラスジー ギンザ
■申込締切日: 2017年9月29日(金)

申込方法・詳細については、下記ホームページをご確認ください。

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

Retina mikaku
※講師の方々の一例
Retina %e5%91%b3%e8%a6%9a1%e9%80%b1%e9%96%93%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95 029
※過去の開催例
著名シェフによる「味覚セミナー」と「調理実習」を開催します。

■開催日時: 2017年10月28日(土)、29日(日)10:30~13:00
■対象 : 小学校1~6年生とその保護者(2人1組)※申し込み抽選です

■開催場所:各東京ガスキッチンランド、ショールーム料理教室、ガスの科学館

実習メニューは、講師によって異なります。
申込方法・詳細については、下記ホームページをご確認ください。

おわりに

Retina logo
フランスで25年以上続く国民的食育活動である「味覚の一週間」®は、日本での開催は7年目を迎えます。

五感を使って味わうことの大切やさ食の楽しみを体験できる様々な取り組みが実施されていますので、ぜひ注目してみてください。


*「味覚の一週間」、「味覚の授業」およびそのロゴは「味覚の一週間」®実行委員会の登録商標です。
*出典記載のない画像に関しては、東京ガス「味覚のアトリエ」パンフレットより

定期的に開催しています!五感を育成する「子ども向けの料理教室」

Retina retina kids
東京ガスでは、1992年から子どもを対象とした料理教室「キッズ イン ザ キッチン」を定期的に開催しています。
親子クラス(4歳~小学2年生のお子様と保護者対象)と、子どもクラス(小学3~6年生対象)があります。


「キッズ イン ザ キッチン」には、保護者の方がお子さんと調理をする上で参考になるヒントがたくさん! 普段あまり料理をされないお父さんもしっかりサポートしてくれるので、親子の料理デビューにもぴったりの教室です。

あわせて読みたい

【人気の理由を探る!】年間8万人!「東京ガスの料理教室」が人気の理由

Retina retina 14068069 1744808222459053 5607021918048697275 n

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

99997view
2

「お湯出ない! どうして? 」お風呂に入りたいのにお湯が出ない時の対処法

44603view
3

「いつから一人でお風呂に入れる?」子どもが一人でお風呂に入り始める【年齢】と【準備方法】

10399view
4

誰でも簡単ピカピカに! お風呂のふたのつけ置き掃除とは?

30625view
5

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何?」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

43156view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード