更新日: 2018年04月11日
2264 view

ブラック=無糖ではない!?【コーヒー・コーヒー飲料】【無糖・微糖・低糖】の違いとは

飲料コーナー、自動販売機でいろいろな種類が販売されているコーヒー。実は同じように見えて「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」など、表示に違いがあるのをご存知ですか? ミルク入りのコーヒーだと思って、手に取ったら「乳飲料」と書いてあることも。似ているこれらの商品、実は明確な「基準」で区別されているんです。【コーヒーとコーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料などの違い】についてご紹介します。

コーヒー豆の含有量が鍵!? コーヒーとコーヒー飲料の違いは?

Retina pixta 20442926 s  1
PIXTA
スーパーの飲料コーナーや自動販売機で缶コーヒーを買おうと思って、裏の表示を見た時に、「コーヒー飲料」と「コーヒー」があって、「あれ? どう違うのかな」と戸惑ったことはありませんか?

実は、売り場などに並ぶコーヒー飲料には、「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」など大きく3つの種類があります。また、カフェオレなどは「乳飲料」という記載になることも。

一体、どんな違いがあるのでしょうか?

コーヒー飲料類の3つの分類とは?

Retina pixta 7322946
PIXTA
「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」に基づき、次の3つに大別されています。
(※コーヒー分:コーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分)


1. コーヒー

内容量100g中にコーヒーの生豆換算で5g以上のコーヒー分※が含まれるもの。一番コーヒー分が濃いタイプ。


2. コーヒー飲料

内容量100g中にコーヒーの生豆換算で2.5~5g未満のコーヒー分が含まれるもの。


3. コーヒー入り清涼飲料

内容量100g中にコーヒーの生豆換算で1~2.5g未満のコーヒー分が含まれるもの。


同じような容器に入っていても、コーヒーの含有量によって名称が異なるんですね。
ちなみに、カフェインを90%以上除去したコーヒー豆から抽出したコーヒー分が含まれるものは、「コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)」と表記されます。

また、コーヒー豆から抽出したコーヒー成分に二酸化炭素を加えたものは、「コーヒー入り炭酸飲料」と表記され、「開ける前に振らないでください」などの表示が義務付けられています。

カフェオレは乳飲料? それともコーヒー飲料類?

Retina retina pixta 7272464 s
乳成分を含むカフェオレなどは、どういった区分になるのでしょうか?

乳成分を含むコーヒー飲料類は、
●「乳飲料」表示と、
●「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」等の表示があります。

乳固形分3%以上含むものは、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」に基づき、「乳飲料」の表示とすることもできるそうです。
カフェオレなどの表示が「乳飲料」となっていた場合、乳製品の含有量が多い製品ということですね。

低糖・微糖どっちが甘い? コーヒーの無糖・低糖・微糖の違いは?

Retina pixta 33282404 s
PIXTA
いろいろなコーヒーの種類が出ていますが、甘さの種類もいろいろありますね。低糖・微糖どっちが甘いのでしょうか? また、コーヒー飲料類における無糖・低糖・微糖はどういった違いなのでしょうか?

コーヒーに限らず飲料に含まれる「糖類」は、「食品表示法」で定められており、100mlあたりの糖類の量で、無糖、微糖(低糖)に以下のように分類されます。

無糖

飲料の場合100ml当たりの糖類が0.5g未満の場合
また「糖類ゼロ」と表示されていても、糖類に分類されない糖アルコールの人工甘味料を含む場合があります。

低糖・微糖

主に内容量100ml当たりの糖類が2.5g未満の場合
低糖・微糖に関してはどちらを表記してもよいとされています。


無糖は糖分0ではなく、また、低糖と微糖に違いはないんですね。
糖類が気になる方は、糖類の量(数値)を確認してから購入するとよいかもしれませんね。

ちなみに「甘さひかえめ」といった表示は、栄養表示が目的の表示ではなく、あくまでも味覚に関する表示のため、特に法律で定められた基準はないそうです。

砂糖入りでも「ブラック」!? 正しい定義とは?

Retina pixta 29496075 s
PIXTA
実はコーヒー飲料類の「ブラック」という用語は、あくまで乳製品、乳化された食用油脂を使用していないものに対して使われるもので、砂糖の有無は関係ないんです。「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」により、コーヒー飲料類に対して定められています。

糖類を使用した場合は「加糖」の表記が義務付けられています。ただし低糖・微糖など「糖類の量」について表示している場合は「加糖」という表示は必要ありません。

つまり、「無糖&ブラック」の場合は、糖類が100ml当たり0.5g未満であり、乳製品、乳化された食用油脂を使用していないもの。

「加糖&ブラック」は、糖類を含み、乳製品、乳化された食用油脂を使用していないものを指します。

おわりに

コーヒーとコーヒー飲料の違いや、無糖・低糖・微糖の違い、ブラックの意味など、購入する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:一般社団法人 全国公正取引協議会連合会「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約・施行規則 」
参考:全国清涼飲料連合会「清涼飲料水Q&A」

あわせて読みたい

濃さの違いでない!?【ブレンドとアメリカンの違い】【インスタントとレギュラーコーヒーの違い】は?

Retina retina pixta 2816054 s
PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

126920view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

404806view
3

お風呂の浴槽や床にサビが!? お風呂場のサビの原因と解決法まとめ

52569view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

420243view
5

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

358761view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード