更新日: 2016年10月26日
504806 view

その柔軟剤の使い方NGかも?洗濯での柔軟剤の正しい使い方

全自動洗濯機は、洗剤や柔軟剤を予め投入してボタンを押せば、仕上げまで終わらせてくれます。でもちょっと待って!!あなたの柔軟剤の使い方は正しいですか?間違った柔軟剤の使い方をしていると、上手く効果を発揮せず、衣類を傷めることも。今回は、正しい柔軟剤の使い方についてご紹介します。

「柔軟剤」と「洗剤」を一緒の投入口に入れていませんか?

Retina imasia 9796646 s
「柔軟剤」と「洗剤」は、互いに界面活性剤が主成分ですが、洗剤は「陰イオン」、柔軟剤は「陽イオン」の電気を持っているので、両方一緒に洗濯槽へ投入したり、洗剤の投入口に柔軟剤も投入してしまうと、互いの効果を打ち消してしまいます。その為、柔軟剤の効果がなくなるだけでなく、汚れを落とす洗剤の効果も発揮されなくなります。

全自動洗濯機の場合、「洗剤投入口」と「柔軟剤投入口」が別々に設置されているはずですので、別々にしっかり投入口を守ることで、それぞれの機能が発揮されます。

柔軟剤は「すすぎ時の水がきれいになってから投入」することが最大のポイント。全自動洗濯機の場合、あらかじめ専用の投入口に入れておけば、最後のすすぎの時に自動で柔軟剤が投入されます。

4人に1人が「柔軟剤」を使い過ぎている!?

Retina pixta 5453608 s
「柔軟剤利用者の4人に1人が、適正量の2倍以上を使っている」という調査結果もあるようです。

柔軟剤を多く入れすぎてしまうと、香りは少し強まりますが、吸水性が低下したり、次に洗濯する時に、その余分な柔軟剤の成分を落とすのに洗剤成分が使われ、本来の汚れ落としが出来なくなります。
柔軟剤は、きちんと適正量を守って使いましょう。

柔軟剤のブレンドは避けましょう

柔軟剤は、ちょうど良い配合で調整されています。
そのため、他のものとブレンドすると、元々想定された機能が生かし切れなくなる可能性もあるので、ブレンドはしないようにしましょう。

洗濯物の量が多すぎませんか?

Retina retina pixta 18090187 s
洗濯機に対して洗濯物の量が多すぎると、汚れが落ちにくくなるだけでなく、柔軟剤の効果もうまく発揮しきれません。
洗濯物は、洗濯機の規定量の70〜80%ほど目安に留めるようにしましょう。

柔軟剤の正しく使うために抑えておきたいポイント

・「洗剤投入口」とは別の「柔軟剤専用の投入口」に入れましょう
・柔軟剤の使いすぎはNG。次回、洗濯する時に汚れが落ちにくくなるというデメリットも。
・違う柔軟剤同士を混ぜるのは避けましょう
・一度に洗濯機に入れる洗濯物の量は、規定量の70〜80%がおすすめ

おわりに

Retina 079              183
いい香りや、ふんわりした仕上がりを期待して柔軟剤を投入しても、正しく使わなければ、効果が半減するどころか上手く効果を発揮せず、衣類を傷めるということにも繋がります。柔軟剤の使い方を今一度確認して、正しく使うようにしましょう。

洗濯物をふんわりさせるなら「乾太くん」もおすすめ

Retina atogaki04 pc
ガス衣類乾燥機の「乾太くん」はパワフルな温風で繊維の根元から乾かすので、乾いたあとの洗濯物がとってもふんわり。

実は天日干しでは、布の繊維が寝たまま乾いていくので、実は取り込むとゴワゴワした感じが残りやすいんです。

ドラム型の衣類乾燥機は、布をバウンドさせながら、温風を繊維の底まで当てていくので、繊維が立ってふんわりと仕上がる傾向があります。特に、ガス式の乾燥機はパワーが強いため、電気式の洗濯乾燥機に較べ、短い時間でよりふんわり仕上げることが出来ますよ。

ぜひ、チェックしてみてください。

おすすめ関連記事

Retina pixta 1456410 s
Retina imasia 809130 s

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

使いやすく疲れにくい! 正しい「泡立て器の選び方」

1213view
2

【BBQに! キャンプに! 】クーラーボックスの使い方を正しく知って保冷上手に!

2574view
3

マフラーを洗濯・保管する際に知っておきたい3つのポイント

4558view
4

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

190740view
5

【開栓後は常温保存NG! 】知っておきたい<めんつゆ>の保存について

1344view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード