更新日: 2018年04月12日
46205 view

ひどい汚れに! 洗濯前のつけ置き洗いの正しい方法と注意点とは?

汚れた衣類を洗濯するときに、そのまま洗濯機に入れて洗濯してもキレイに汚れが落ちない場合があります。汚れがひどい場合には、つけ置き洗いをしてから洗濯機で洗濯するとキレイに汚れが落ちやすくなります。今回は、つけ置き洗いの正しい方法と注意点をご紹介します。

洗濯の前のつけ置き洗いが重要な理由とは?

Retina pixta 21410996 s
PIXTA
全体的に汚れが酷いものは、つけ置き洗いをして汚れを落としてから洗濯機に入れましょう。

つけ置き洗いをすることにより、汚れが他のものに移るのを防ぐことにもつながります。

【洗濯前のつけ置き洗い】用意するもの

水を張れるもの(洗濯桶、洗面器、バケツなど)に、衣類が浸かる量のお湯(30度~40度)を用意します。ここに、洗剤と酸素系漂白剤を入れます。酸素系漂白剤には、液体と粉末がありますが、液体は弱酸性で、粉末は弱アルカリ性。粉末はウールやシルクには使えないので注意が必要です。

【洗濯前のつけ置き洗い】酸素系漂白剤を入れる理由

Retina pixta 18649616 s
PIXTA
酸素系漂白剤を入れることによって、洗浄力が上がります。油汚れがひどい場合は、キッチン用洗剤を入れるのも効果的ですよ。

【洗濯前のつけ置き洗い】つけ置きの時間と方法

30分~1時間ほど、衣類をその中につけて放置します。色柄物は、長くつけ置きすると色落ちする場合があるので気をつけてください。

その後、洗浄液ごと洗濯機に入れて洗濯します。

※色柄物は、つけ置きする前に色落ちしないかのチェックをすることをおすすめします。

【洗濯前のつけ置き洗い】つけ置き洗いの注意点

つけ置き洗いをする際の注意点は3つあります。

・汚れやシミは時間が経つと取れにくくなるので、なるべく早く対処する
・洗浄液があまりにも汚れた時は、洗濯には使わずに捨てる
・粉末酸素系漂白剤を使った時は、洗濯には使わない

おわりに

Retina imasia 1627464 s
PIXTA
汚れがひどいものを洗濯するのは大変ですが、つけ置き洗いであれば、手でゴシゴシする必要はほとんどありません。一度試してみてはいかがでしょうか?

参考:ライオン株式会社「漂白剤 Q&A」
参考石鹸百科株式会社「漂白剤の種類と特徴」

あわせて読みたい

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

Retina pixta 1456410 s
PIXTA

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない...

Retina imasia 809130 s
PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

292157view
2

洗剤のつけおきでトイレの臭いも汚れもごっそり落ちる! プロが教える「正しい掃除方法」

141007view
3

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

150192view
4

【色が違うだけ? 】ピーマンとパプリカの違いについて

56339view
5

【教育研究家に聞く】「入浴」と「沐浴」はどう違うの? 新生児の沐浴の【ポイント】と【注意点】

124587view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード