更新日: 2017年06月19日
28993 view

自宅で洗いたい! ドライマークの洗濯表示がついている衣類を自宅で洗濯するポイント

ドライマークのある衣類の家での洗濯を避けている方もいると思います。ですが、方法を工夫したり、ドライマーク用の洗剤などを使用することで家でも洗濯できちゃうんです。今回は、ドライマークの衣類を洗うポイントをご紹介します。

ドライマークの洗濯表示について

2016年12月より、衣類の取扱い「絵表示」が変更になっています。※詳しい情報はこちら

<洗濯表示がドライマークの洗濯法>衣類を出来るだけ動かさずに洗濯しよう

Retina pixta 2328799 m
ウールなどの素材は、水に浸かっている状態で動かすと、ウールが絡み合って縮んでしまいます。ですので、手洗いの場合は衣類をできるだけ動かさないように洗濯しましょう。

<洗濯表示がドライマークの洗濯法>なるべく短時間で!

どんな衣類でもそうですが、基本的に水に浸かる時間が少ないほど縮みや型崩れ、色落ちなどが起こりにくくなります。短時間でサッと洗い、すすぎまで終わらせることがポイントです。

<洗濯表示がドライマークの洗濯法>ドライマーク専用洗剤で!

Retina imasia 8797168 m
縮みや色落ちを防ぐことができる中性のドライマーク専用洗剤を使用をおすすめします。

衣類を守る力が高いシリコンタイプの専用洗剤もありますよ。

<洗濯表示がドライマークの洗濯法>洗濯機のドライコースで!

Retina pixta 1456463 s
洗濯機を使用して洗う場合は、水流が弱い設定になっている「ドライコース」などの機能を使って、必ず洗濯ネットに入れて洗うのが基本です。
Retina pixta 19378985 s
ネットの中で衣類が動かないようにサイズの合ったネットを使用することも大事なポイントです。

ただし、色落ちする衣類はクリーニング店に任せる

Retina pixta 20794686 s
見た目で色落ちする、しないを判断するのは難しいので、必ず色落ちテストを行ってください。

洋服によっては、洋服の付属品や一部分から色が出る場合もあるので、注意が必要。もし、色落ちするようであれば、プロの手に任せたほうが無難です。

おわりに

洗濯機の「ドライコース」とは、ドライクリーニングではなく「水洗い」のことです。 洗濯槽の中で洗濯物をほとんど動かさずに、水流で洗濯溶液を移動させて、衣類を傷めないように洗います。

初めてドライマーク付きの衣類をお家で洗う場合は、 仕上げが簡単なセーターなどからチャレンジしてみるのがいいかもしれませんね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【何が違う? 】カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違い

115142view
2

意外に知らない!【都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い7つ】

110202view
3

その洗い方NG! 毛玉をふせぐ&長持ちさせる「タイツの洗い方」

15526view
4

「バチッ! 」と静電気が起きるわけ&すぐにできる! 手軽な【静電気防止対策】5つ

55214view
5

意外に簡単!「天ぷら」を【サクサクに揚げる4つのコツ】&【温めなおしのコツ】

47321view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード