更新日: 2018年05月21日
6312 view

洗濯絵表示の「手洗い」マークがあるおしゃれ着を、傷めずにキレイに洗濯する方法とは

普段、「手洗い」マークが付いた洋服の洗濯はどうしていますか? できるならクリーニングに出さずに、家で洗ってしまいたいですよね。今回は、「手洗い」マークが付いた洋服の洗い方をご紹介します。

2016年12月より、衣類の取扱い「絵表示」が変更になっています。※詳しい情報はこちら

【洗濯絵表示:手洗い】定番は「押し洗い」

Retina pixta 2328799 m
PIXTA
手洗いの方法の中でも押し洗いは定番です。

押し洗いの方法は、洋服をたたんで、洗剤を溶いた洗濯桶の水の中で、「上から手のひらで押して軽く押す→力を抜いて浮かせる」を繰り返すだけです。水が濁ってきたら汚れが取れている証拠です。

【洗濯絵表示:手洗い】袖口などは「つかみ洗い」で!

ニットの袖口などは、揉み洗いをすると傷んでしまうので、「手のひらで袖口をつかみ、握って離す握って離す」を洗剤液の中で繰り返します。洗剤の力で汚れを浮かしてとりましょう。

【洗濯絵表示:手洗い】ブラウスなどの薄い素材は「アコーディオン洗い」

Retina %e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%83%b3
PIXTA
フリルなどの装飾がついていたり、素材薄くて繊細なものは、洗剤液の中でアコーディオンを弾くように、両手を寄せたり広げたりしてやさしく手洗いする「アコーディオン洗い」がおすすめです。

【洗濯絵表示:手洗い】シミなどの部分的な汚れには「たたき洗い」

たたき洗いは、汚れた部分に洗剤液をつけて、指先や洗濯ブラシの背、スポンジなどでトントンとたたきます。ニットなど、擦ると傷んでしまう衣料の部分的な汚れは、この方法が効果的です。

洗濯絵表示「手洗い」の場合、脱水するときの方法は?

脱水を洗濯機でするなら30秒以内、手で行うなら、手のひらで優しく絞って水分を取るか、バスタオルなどにはさんで、水分を吸い取るタオルドライがおすすめです。固く絞りすぎることがないよう気を付けてください。

おわりに

Retina imasia 16755408 s
PIXTA
洗うときは、汚れが外側になるように四角くたたんで、洗剤液を衣類に染み込ませるイメージで沈めます。正しい手洗い方法で汚れを落として、大切なおしゃれ着を長持ちさせましょう。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

洗剤のつけおきでトイレの臭いも汚れもごっそり落ちる! プロが教える「正しい掃除方法」

137140view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

289544view
3

【知っておきたい】地震の時にエレベーターに乗っていたらどうすればいい?

6803view
4

【色が違うだけ? 】ピーマンとパプリカの違いについて

55208view
5

今さら聞けない【はんこの種類】三文判・シャチハタ・認印の違い

49572view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード