更新日: 2016年12月20日
1853 view

【子育てママ必見】赤ちゃんの衣類の洗濯にも安心な洗剤の選び方は?

赤ちゃんの皮膚は大人に比べると薄いのだとか。赤ちゃんの衣類を洗濯するときは、刺激の少ないやさしい成分で作られた洗濯洗剤を使いたいですね。今回は、赤ちゃんの洗濯洗剤の選び方をご紹介します。

赤ちゃん用の洗濯洗剤で別洗いする必要がある!?

Retina imasia 4282357 s
赤ちゃんの肌が荒れてしまうと心配ですね。大人と違ってかくのを我慢できないので、悪化してしまうリスクもあります。赤ちゃん用の洗剤で大人の洗濯物とは別に洗ってあげる方がよいでしょう。小さな赤ちゃんだと皮膚科に連れていくのもひと苦労ですね。それに、赤ちゃんの皮膚は薄いので、刺激を受けやすいとも言われているようです。

赤ちゃんの皮膚は大人より薄いということがあります。場所によってさまざまですが、大人の約半分の厚さです。したがって、大切な角層も大人よりもっと薄いため、容易に皮膚トラブルを起こしやすいのです。

http://www.wakodo.co.jp/company/babyreport/028.html

よく汚れが落ちる合成洗剤はNG?

Retina retina           2015 11 02 21.18.21
洗浄力に優れている合成洗剤は、汚れをしっかりと落としてくれる反面、すすぎ残しには注意が必要です。

やっぱり赤ちゃんには無添加の洗濯洗剤がいいの?

無香料、無着色、無漂白剤、無蛍光剤など、できるだけ無添加な洗濯洗剤だとママも安心ですね。においに敏感な赤ちゃんの場合は、無香料か香りの優しいものを選んであげてください。

エコ洗剤は自然にも優しい?

Retina imasia 4944279 s
環境にやさしく、自然から生まれた植物由来のものや、水とほぼ同じ状態に還るものなど、安心で安全な国産のエコロジー洗剤は赤ちゃんにも優しい洗剤とされています。

おわりに

赤ちゃんの洗濯物を別洗いするのは少し手間ですね。でも赤ちゃんは大きくなるのもあっという間。振り返れば、昔、別洗いしていたなぁなんて記憶も懐かしいかもしれませんね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

107072view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

24621view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

48735view
4

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

19838view
5

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

37506view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード