更新日: 2016年06月15日
38400 view

少しの工夫で大きく変わる!毎日のお風呂掃除を効率よくする方法

カビ、水アカ、気になるニオイ…お風呂は放っておくと汚れがすぐに溜まってしまいます。毎日お風呂を掃除するのは大変ですが、ちょっと気をつけるだけで、お風呂をきれいに保てます。今回は、毎日できるお風呂掃除のチェックしておいた方がよいポイントや掃除術をご紹介します。

【お風呂掃除のポイント】入る前に…排水口チェック

Retina pixta 10866259 s
入浴する前に、まずは排水口をチェックしましょう。髪の毛や石けんカスが溜まっていませんか?入浴前なら乾いているので、さっと取り除けます。内部の汚れには市販のパイプ洗浄剤が便利です。

【お風呂掃除のポイント】入浴中に…水あかチェック!拭き掃除

61oapqkqojl. sl1500 出典:http://www.amazon.co.jp/
シャワーを浴びながら、浴室内を軽くチェック。うっすらピンクの水あかがあったら、スポンジで拭い落としてしまいましょう。スポンジは使用後、できるだけ絞って浴室の外で乾かしておくと、清潔に保てます。

【お風呂掃除のポイント】入浴後に…シャワーで浴室を

Retina pixta 14206500 s
浴室から出る前に、壁や床をシャワーでざっと洗い流しましょう。意外と石けんの泡や汚れがついています。ちょっとしたことですが、毎日やっていれば汚れがたまりにくくなりますよ。

鏡のウロコ汚れをとる技

Retina
浴室内の鏡にはウロコのような汚れがすぐに付きますよね?ウロコ落とし専用のスポンジ等が販売されていますが、水ヤスリもオススメです。ホームセンター等で扱っています。

それでも残った汚れには…

Retina pixta 14019885 s
日々しっかり掃除していても発生するカビ。これだけは本腰入れて対処しましょう。市販の漂白剤と粉石けんをつけたブラシでこするとよく落ちます。そのあとクエン酸を吹き付ければ、殺菌もバッチリです。

浴室をしっかり乾燥させることで、日々の掃除の手間を軽減!

Merit02 img heating 01 出典:http://home.tokyo-gas.co.jp/living/bathroom/hotdry/hotdry/merit04.html
掃除後や入浴後は浴室の換気をし、湿気が残らないようにするのも重要です。
浴室暖房乾燥機が付いているお宅は、「換気」より「乾燥」運転をおススメします。

「換気」は空気を入れ替えるだけですが、「乾燥」運転は換気をしつつ温風によって水分を払うので、浴室全体をより確実に、より早く乾燥させることができるのでオススメです。カビやぬめりの発生を抑えることができるので、お風呂掃除の手間をグーンと軽減します。
Retina g11605 03ol
上の図は浴室のカビの生え方を比較実験したものです。「何もしない」浴室にカビが生えるのは当然の事ですが、「換気だけ」していてもカビは生えてきます。それに比べて「浴室乾燥」をすると、すばやく湿気が取り除かれ、カビが生えにくくなることが分かります。

おわりに

お風呂は毎日はいるもの、どうせならキレイなお風呂に入りたいですよね。気になるところは毎日の入浴中にサッと掃除、そしてしっかり乾燥させましょう。掃除のときの手間がかなり減らせますよ。

おすすめ関連記事

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

みんながハマる!?つけおきするだけでお風呂場を簡単にピッカピカにする方法

1099877view
2

「残りご飯の冷蔵保存はNG?!」残りご飯の<NG保存方法>と<上手な保存方法>

151532view
3

【穴があいても捨てないで!】こんなに使える「靴下の再利用」おすすめ6選

2608view
4

【2/22】今晩のヒートショック予報 ~自分も離れて暮らす家族にも!今すぐできる「ヒートショック対策」~

2310view
5

賢く使い分け! 【鶏ムネvs鶏モモ】<栄養・味・食感・特徴>の違いまとめ

2224view

おすすめ記事

【2/22】今晩のヒートショック予報 ~自分も離れて暮らす家族にも!今すぐできる「ヒートショック対策」~

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

おすすめキーワード