家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

4

こんなに簡単だったなんて・・・自宅で毛布を洗濯する超シンプルな方法

肌に触れる毛布はいつも清潔に保ちたいものですが、自宅で洗濯するのは大変・・・というイメージがありませんか? コツを押さえれば自宅でも簡単に毛布を洗うことができるんです。今回は、ライオン株式会社のお洗濯マイスター・大貫和泉さんに、自宅で毛布を洗濯する際の“ポイント”や“コツ”を教えていただきました。これさえ覚えておけば、安心して洗濯ができますよ。

5

販売から35年のガス衣類乾燥機・乾太くんが最近大ヒット!? 人気の秘密とは?

1984年の販売開始以来、進化を続ける長寿商品のガス式衣類乾燥機・乾太くん。2019年には過去最高の販売台数を記録しました。家事負担を軽減したいという理由だけではなく、気象状況やライフスタイルの変化もあるようです。ガス式の乾燥機の特徴は?設置できる条件とは? 製造元のリンナイ株式会社に乾太くんの魅力について伺いました!

6

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

6月の梅雨や、9月の台風の時期などの雨の日が続く時期に困るのが洗濯物ですよね。外に干せる日も少ないし、部屋干しはなかなか乾きません。どこに干したらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。洗濯物の部屋干しは、干す場所や干し方を工夫することで、乾きやすさは全然違います。今回は、室内干しの実態とおすすめの干す場所をご紹介します。

7

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない・・・

洗濯物は外で干すのが気持ちいいですよね、でも毎日そういうわけにはいきません。雨の日や、仕事や買い物で家を空ける日、夜しか洗濯できない日も多いはず。花粉が気になる季節も外で干すのは不安かもしれません。そんなとき、浴室暖房乾燥機があれば大活躍します! 洗濯物を干すのに最適で、思っているよりコストもかからないガス温水式浴室暖房乾燥機をご紹介します!

8

みんなの洗濯頻度とは? 毎日派と2日に1回派のそれぞれのメリットは?

「洗濯は毎日? それとも2日に1回?」洗濯の頻度について悩むご家庭は意外と多いのでは? 洗濯物が少ないご家庭ならまとめて洗うと水や電気の節約になりますね。でも、洗濯物をそのまま置いておくと雑菌が繁殖し、臭いがついてしまうことも・・・。それぞれのご家庭の【洗濯頻度やその理由】、利用してみたい「洗濯関連サービス」について、東京ガス都市生活研究所の調査よりご紹介します。

9

【年間約8,000円もお得! 】お風呂の残り湯で上手に洗濯するコツ6つ

お風呂に入った後、残り湯がもったいないと思うこともありますよね。でも、再利用が面倒だったり、雑菌が気になってそのまま流している方も多いのではないでしょうか? 洗濯機用のお風呂ポンプを使ってその残り湯を洗濯に活用した場合、なんと年間約8,000円もお得になるのです。ここでは、お風呂の残り湯を洗濯に活用する方法と注意点について紹介します。

10

クレヨンがついた! 汚れの落とし方【カーペット・床・服・フローリング・家具など】

子どもがクレヨンでお絵描きしてると思ったら、いつの間にか床にはみ出したり、壁に落書きしていたり、気づいたら服にもクレヨンが・・・。そんなとき、どうしていますか? 今回は、家にあるものでクレヨンの汚れを落とす、場所・素材・生地別の方法をご紹介します。

11

【そのまま洗濯機はNG!?】おもらし・嘔吐で汚れた子供服の正しい洗濯方法

嘔吐物や便、尿などで汚れてしまった衣類、どう洗濯するのが正解なのでしょうか? 乳幼児がいると頻繁に嘔吐をすることもありますし、トイレトレーニング中など尿や便で衣類が汚れる頻度は増えますね。どう洗濯するのが良いのでしょうか。詳しくご紹介します。

12

何度洗濯してもタオルがなぜか臭う・・・。雑巾のような嫌なニオイは菌の仕業かも?

タオルから発する嫌なニオイ。特に部屋干しで発生しがちですね。その部屋干し時のニオイの原因の一つには雑菌から排出される代謝物が関係しています。この原因菌は乾燥や紫外線に強い特性を持っています。また水分や梅雨時期の温度を好み、栄養分となる汚れがあると活性化してしまうのだとか。そこで花王さんに嫌なニオイの原因や対処法について伺いました。

13

毛布は敷く? 掛ける? 正しい毛布の使い方を快眠のプロに聞く

冬の寒さから体を守ってくれる毛布。快眠には欠かせない寝具ですが、正しい使い方をご存じでしょうか? 体の下に敷くのか、掛布団の内側に入れるのか、掛布団の外側から掛けるのか、どれが正解なのでしょうか。「毛布の掛け方や素材の使い分け方」を上級睡眠健康指導士の加賀照虎さんに聞きました。

14

衣類乾燥機のメリットとは? 種類別のメリット・デメリット、選び方とは?

洗濯物を干してる時間がない! 早く乾かしたい! という時に気になるのが「衣類乾燥機」。今や、ファミリー世代の約6割が、乾燥機能のある洗濯機や衣類乾燥機を所有しているという調査があります。でも、種類が色々あってどう選べばいいか分からない・・・。そんな方に、乾燥機の種類やタイプごとの特徴、選び方、メリット・デメリットをご紹介します。

15

洗濯しても落ちにくい! 服についたペンキの落とし方とは?

服についてしまったペンキ汚れ。落とし方が分からず、諦めて服を処分したことはありませんか? ペンキ汚れは、落ちにくくてやっかいですよね。もしもの時に備えて、服についたペンキ汚れの落とし方を覚えておきましょう!

16

【意外と知らない布団の寿命】買い替えの目安はどれくらい?

現在使っている布団や枕、いつ購入したか覚えていますか? 意外と意識していないかもしれませんが、寝具にも寿命があるんです。人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。長く使い込んだ寝具は、皮脂や汗で汚れていたり、中身がヘタっていることも。今回は、意外と知られていない「布団や枕の寿命」と「布団を長持ちさせるお手入れ方法」についてご紹介します。

17

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・ガラス・金属・プラスチックなど】

「油性ペン、マーカー、油性のボールペンなどを使っていて、うっかり机や服についてしまった! 」なんて経験はありませんか? 小さいお子さんがいるご家庭では、壁や床に落書きされてしまうことも・・・。なかなか消えない【油性ペン汚れの落とし方】をご紹介します。

18

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

学校の授業や書道教室の後、お子さんが墨汁を服に付けて帰って来たことはありませんか? 墨汁は落ちにくいシミの代表格。手洗いしても残りがちです。自宅で落とす方法は無いのでしょうか? シミ抜きのプロとして全国で講師も務める横倉 靖幸さんに墨汁の汚れを落とす方法について教えていただきました。

19

知らないと損! 家電のプロが教える洗濯機のコースの使い分け方法とは?

洗濯機を使うとき、標準コースばかり使っていませんか? 標準、おしゃれ着洗い、厚物洗いなど、洗濯機にはさまざまなコースがあります。各コースはそれぞれ衣類に適した洗い方をしてくれるので、衣類を傷めず長持ちさせることができます。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんに、洗濯機のコースの使い分け法を聞きました。

20

【実験結果】靴を短時間で乾燥させられる方法4選! 衣類乾燥機なら◯分で乾いた!

雨に濡れたり洗って濡れた靴・上履きを短時間で乾燥させたい! そんな時、皆さんはどんな方法で乾燥させていますか? 今回は外干しや新聞紙を中に詰める方法など4つの乾燥方法を実験してみました。乾くまでの時間が早い方法はどれか、詳しくご紹介します。

アクセスランキング

1

家族を守るために!【ポリ袋】で簡単にできる9つの防災ワザ

486829view
2

アルカリとマンガンどっち? ガスコンロに使う乾電池の種類や交換目安、交換方法

22659view
3

【キッチンシンク】をピカピカに!効果的な掃除方法と洗剤の使い分けのコツ

125605view
4

桃の節句・ひな祭りの「白酒(しろざけ)」とは? 甘酒や中国の白酒とどう違う?

5741view
5

おしゃれな木製食器、お手入れはどうすれば? お気に入りのアイテムを長持ちさせるコツ

51811view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード