家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

4

みんなの洗濯頻度とは? 毎日派と2日に1回派のそれぞれのメリットは?

「洗濯は毎日? それとも2日に1回?」洗濯の頻度について悩むご家庭は意外と多いのでは? 洗濯物が少ないご家庭ならまとめて洗うと水や電気の節約になりますね。でも、洗濯物をそのまま置いておくと雑菌が繁殖し、臭いがついてしまうことも・・・。それぞれのご家庭の【洗濯頻度やその理由】、利用してみたい「洗濯関連サービス」について、東京ガス都市生活研究所の調査よりご紹介します。

5

【年間約8,000円もお得! 】お風呂の残り湯で上手に洗濯するコツ6つ

お風呂に入った後、残り湯がもったいないと思うこともありますよね。でも、再利用が面倒だったり、雑菌が気になってそのまま流している方も多いのではないでしょうか? 洗濯機用のお風呂ポンプを使ってその残り湯を洗濯に活用した場合、なんと年間約8,000円もお得になるのです。ここでは、お風呂の残り湯を洗濯に活用する方法と注意点について紹介します。

6

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

6月の梅雨や、9月の台風の時期などの雨の日が続く時期に困るのが洗濯物ですよね。外に干せる日も少ないし、部屋干しはなかなか乾きません。どこに干したらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。洗濯物の部屋干しは、干す場所や干し方を工夫することで、乾きやすさは全然違います。今回は、室内干しの実態とおすすめの干す場所をご紹介します。

7

クレヨンがついた! 汚れの落とし方【カーペット・床・服・フローリング・家具など】

子どもがクレヨンでお絵描きしてると思ったら、いつの間にか床にはみ出したり、壁に落書きしていたり、気づいたら服にもクレヨンが・・・。そんなとき、どうしていますか? 今回は、家にあるものでクレヨンの汚れを落とす、場所・素材・生地別の方法をご紹介します。

8

収納のプロに教わる【衣替えのやり方】衣類が長持ちするテクニックとは?

衣替えをしようと洋服を出したら、シワになっていたり、型くずれしていた経験はありませんか? お気に入りの洋服が、知らないうちにダメージを受けているのはショックですよね。そんな事態を防ぐには、収納前のひと手間が大切なんです。衣替えで衣服を長期保管する基本的なやり方について、整理収納サービスを提供する「おうちデトックス」代表で、収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんに教えていただきました。

9

【意外と知らない布団の寿命】買い替えの目安はどれくらい?

現在使っている布団や枕、いつ購入したか覚えていますか? 意外と意識していないかもしれませんが、寝具にも寿命があるんです。人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。長く使い込んだ寝具は、皮脂や汗で汚れていたり、中身がヘタっていることも。今回は、意外と知られていない「布団や枕の寿命」と「布団を長持ちさせるお手入れ方法」についてご紹介します。

10

何度洗濯してもタオルがなぜか臭う・・・。雑巾のような嫌なニオイは菌の仕業かも?

タオルから発する嫌なニオイ。特に部屋干しで発生しがちですね。その部屋干し時のニオイの原因の一つには雑菌から排出される代謝物が関係しています。この原因菌は乾燥や紫外線に強い特性を持っています。また水分や梅雨時期の温度を好み、栄養分となる汚れがあると活性化してしまうのだとか。そこで花王さんに嫌なニオイの原因や対処法について伺いました。

11

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない・・・

洗濯物は外で干すのが気持ちいいですよね、でも毎日そういうわけにはいきません。雨の日や、仕事や買い物で家を空ける日、夜しか洗濯できない日も多いはず。花粉が気になる季節も外で干すのは不安かもしれません。そんなとき、浴室暖房乾燥機があれば大活躍します! 洗濯物を干すのに最適で、思っているよりコストもかからないガス温水式浴室暖房乾燥機をご紹介します!

12

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

花粉の時期、そして毎年やってくる梅雨の時期、皆さん洗濯物干しはどうされていますか?部屋干しだとなかなか乾かなくて困りますよね。家事は手短に終えたいのに、干すのはめんどうだし、干す時間ってなかなか短縮できないですよね。そんな皆さんに、洗濯物を「早く」「上手に」乾かす方法をご紹介します!

13

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・ガラス・金属・プラスチックなど】

「油性ペン、マーカー、油性のボールペンなどを使っていて、うっかり机や服についてしまった! 」なんて経験はありませんか? 小さいお子さんがいるご家庭では、壁や床に落書きされてしまうことも・・・。なかなか消えない【油性ペン汚れの落とし方】をご紹介します。

14

洗濯物の嫌なニオイと汚れはカビが原因かも・・・。洗濯槽のカビを予防する月1の掃除法とは?

一見きれいな洗濯槽でも、裏側にはカビがついていることがあります。構造によっては、洗濯槽にカビが生えるのは仕方がないことですが、そのままではせっかく洗った衣類に汚れやニオイがついてしまいます。洗濯槽のカビを掃除し、発生を防ぐ方法を家事アドバイザーの毎田祥子さんに聞きました。

15

洗濯してもなかなか落ちない皮脂汚れ。簡単に落とす方法とは?

衣類の襟元や袖口などについた皮脂汚れ。「洗濯を繰り返しても落ちにくいし直接肌に触れる部分だから汚れても仕方ない」と諦めていませんか? 通常の洗濯では落ちない「黄ばみや黒ずみ」汚れを落とす方法をご紹介します。

16

衣類乾燥機のメリットとは? 種類別のメリット・デメリット、選び方とは?

洗濯物を干してる時間がない! 早く乾かしたい! という時に気になるのが「衣類乾燥機」。今や、ファミリー世代の約6割が、乾燥機能のある洗濯機や衣類乾燥機を所有しているという調査があります。でも、種類が色々あってどう選べばいいか分からない・・・。そんな方に、乾燥機の種類やタイプごとの特徴、選び方、メリット・デメリットをご紹介します。

17

知らないと損! 家電のプロが教える洗濯機のコースの使い分け方法とは?

洗濯機を使うとき、標準コースばかり使っていませんか? 標準、おしゃれ着洗い、厚物洗いなど、洗濯機にはさまざまなコースがあります。各コースはそれぞれ衣類に適した洗い方をしてくれるので、衣類を傷めず長持ちさせることができます。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんに、洗濯機のコースの使い分け法を聞きました。

18

雨の日の洗濯物どうしてる? エアコンのドライ機能で室内干し(部屋干し)時間を短縮!

梅雨時期や台風の季節など、雨の日に洗濯物を室内干し(部屋干し)するご家庭は多いですね。「なかなか乾かない」「生乾き臭がする・・・」とお悩みも聞きます。速く乾かす【室内干しのコツ】や、室内干し以外の効率的な洗濯物の乾かし方をご紹介します。

19

浴室乾燥機と衣類乾燥機ってどう違うの?? 図と数字でわかりやすく解説

最近の新築住宅には、浴室乾燥機が付いていることがよくあります。梅雨時期や花粉が飛んでいる時期、外に洗濯物を干せない住宅環境の場合などとても重宝します。また、洗濯物の乾燥といえば、ドラム式の衣類乾燥機もあります。浴室乾燥機とドラム式の衣類乾燥機はどんな違いがあるのでしょうか?

20

洗濯乾燥機で「乾燥機能」を使わないのは何割? 衣類乾燥機を使った感想は?【洗濯・乾燥の実態調査】【東京ガス都市生活研究所】

皆さんは普段洗濯物をどのように乾かしていますか? 屋外に干せる日は良いですが、天気が悪かったり干すスペースが狭かったりと、干しづらいこともありますよね。そんな時に活躍してくれるのが【衣類乾燥機】。実は、ファミリー世帯の64%が何かしらの衣類乾燥機を持っているそうです。今回は、ファミリー世帯の【洗濯事情】と【衣類乾燥機の感想】について、東京ガス都市生活研究所の調査をもとにご紹介します。

アクセスランキング

1

プロは網戸を外さず掃除!? 網戸を10分でピカピカにする方法とは!?

842445view
2

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

584588view
3

【コンロのプロが教える掃除術】キッチンコンロの五徳(ゴトク)の簡単なお手入れ方法

375010view
4

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

414864view
5

ピカピカに大変身!【キッチンシンク】の効果的な掃除方法とは?

91531view

おすすめ記事

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード