東京ガス
暮らし情報メディア
ウチコト

ここから本文です。

【レシピ】フライパンで本格和菓子! 関東風「さくら餅」

ピンク色に焼いた皮にあんを包んで、塩漬けの桜の葉を巻けば本格的な和菓子の出来上がりです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

最終更新日:2023.3.11

  • 東京ガスの修理サービス 水まわりのトラブルも!
  • お見積りで500P(パッチョポイント)プレゼント

「さくら餅」の材料(8コ分)

白玉粉…10g
水…100g
砂糖…10g
薄力粉…60g
食紅…少々
こしあん…240g
桜の葉(塩漬け)…8枚
サラダ油…適量

【準備】

こしあんは8等分にして俵形にします。

桜の葉は水に浸けて塩抜きをし、水気を拭き取ります。

【作り方1】

ボウルに白玉粉と水を少量入れてよく溶かします。

砂糖、薄力粉、残りの水を入れて混ぜ、漉します。

少量の水(分量外)で溶いた食紅で薄く色をつけます。

【作り方2】

フライパンにサラダ油を薄くひき、温度調節機能を160℃に設定します。

1の1/8量を小判形に薄く流して焼きます。

表面が乾いたら裏返して焼きます(8枚焼きます)。

【作り方3】

こしあんを2ではさみ、桜の葉で包んで仕上げます。

「さくら餅」のコツ・ポイント

・1枚の生地量は約大さじ1杯が目安です。テーブルスプーンの背で生地を広げると、きれいに伸ばせます。

・桜の葉の塩漬けは、塩抜きしすぎないようにしてください。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

コンロもキッチン用品も! 東京ガス公式販売サイト【東京ガスWebショップ】

東京ガスWebショップバナー

キッチン周りの色々、使いにくくなっていませんか?
進化したコンロやレンジフードに取り替えるだけでも、ぐっと家事効率がアップするかもしれません。
 
東京ガスWebショップでは、ビルトインコンロやレンジフード、ビルトイン食洗機などの工事付き商品から、キッチン用品・お風呂グッズ・パッチョグッズまで幅広く取扱っています。
工事付き商品は、ネットで簡単に見積もりも可能です。
便利な機能付きのコンロやお気に入りの調理グッズで、料理時間を楽しみましょう!

SNSでこの記事をシェア
facebooktwitterlinenotepinterest

コピーされました

公開日:2017.2.1

最終更新日:2023.3.11

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリのレシピ

  • 東京ガスの太陽光発電・蓄電池
  • ウルトラ省エネブック 楽しく、お得で、快適に。

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。